日曜日にお金を受け取れる給料ファクタリング|週末営業はに七福神だけ?

「急に法事が入ったけど、香典がない」
「友達全員で日曜日に遊びに行くのにお金がない」

日曜日に急にお金が必要になった時に金欠という経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか?

このような時に、即日融資のカードローンの審査に通過できなければ大切な義理を欠いてしまうことになります。

消費者金融カードローン以外にも即日現金化できる方法として、給料ファクタリングがありますが、給料ファクタリングは日曜日に現金化することができるのでしょうか?

結論的に言えば、ほとんどの給料ファクタリング会社が日曜日は営業していません。

しかし、七福神だけは日曜日も営業しています。

七福神から日曜日に即日現金調達する方法と、日曜日の審査をスムーズに通過する方法について詳しく解説していきます。

即日融資のカードローンを借りることができない場合も、給料ファクタリングで日曜日の金欠をしのげるようにしておきましょう。

七福神なら日曜日に現金化できる

有名な給料ファクタリング会社の中では、唯一、七福神だけが日曜日に即日で現金調達することができます。

七福神は2019年から日曜日も営業するようになりましたし、営業時間を過ぎても振込をしてくれる場合もあります。

まずは七福神の営業時間などについて詳しく解説していきます。

七福神は2019年8月から日曜も営業へ

七福神は2019年8月以前までは、日曜定休で日曜日に審査は行っていませんでした。

しかし、2019年8月からは日曜日も営業するようになり、日曜日も審査を行っています。

以前から、土曜日にも営業はしていたので、これによって七福神は原則365日営業へと変わっています。

七福神であれば、土日にお金が急に必要な時でも給料ファクタリングで必要な現金を調達することができます。

七福神の営業時間

七福神の営業時間は以下のようになっています。

平日9:00~19:00
土曜10:00~18:00
日曜10:00~18:00

平日は9時から19時までという長い時間帯営業しています。

他の給料ファクタリング会社は18時まで営業というところが多い中で、七福神は平日も営業時間が長い会社です。

また、再契約の際には20時までの受付で当日の振込にも対応しているので、顧客が急いでお金が必要になった時にも迅速に対応することが可能になっています。

さらに、土曜や日曜も18時まで受付を行っているので、曜日に関わらず急いでお金が必要になった人にとって、七福神は強い味方ということができるでしょう。

七福神は18時以降も振込に対応

上記営業時間はあくまでも受付時間で、審査はその後の時間も行っていますし、振込手続も18時以降も行います。

そのため、口コミの中には「24時ギリギリにお金が振り込まれた」というものもあり、深夜になっても振込に対応してくれるケースもあるようです。

最近は給料ファクタリング会社も混雑していることが多いので、当日に振り込まれないことも珍しくありません。

しかし、七福神であれば深夜になってまで振込に対応する姿勢があるので、顧客の「急いでお金が必要」という要望にしっかりと答えてくれます。

七福神は祝日も対応

七福神は曜日に関わらず祝日も営業しています。

日曜日以外の祝日でも「急にお金が必要」ということは珍しくありません。

そのような時でも、七福神は曜日通りの営業時間で営業しているので、祝日でも最短即日で現金調達をすることができます。

日曜日でも審査は最短30分

七福神は日曜日でも平日と同じように最短30分で審査を行ってくれます。

日曜日は審査体制が充実していないのでは?と心配になりますが、七福神は「日曜日でもすぐに振り込んでくれた」などの書き込みが多数存在します。

曜日に関わらず七福神は最短30分で審査を行うので、混雑していない場合には、日曜日の10時まで申込をしておけば当日の昼くらいまでには着金します。

日曜日でも急ぎの現金ニーズにしっかりと対応してくれるのが七福神です。

七福神が日曜に審査の回答ができる3つの理由

七福神が日曜日の買取に対応することができるのには以下の3つの理由があります。

  • 七福神は従業員数が多いから
  • 七福神は電話での在籍確認をしないから
  • 24時間365日振込ができるようになったら

単に「日曜営業」とするだけでは、日曜日の即日審査回答を実現することはできません。

審査体制や人員が整い、さらに銀行口座を巡るインフラが整っているからこそ、七福神は日曜日でも現金化することができます。

七福神が日曜日も買取ができる理由について詳しく見ていきましょう。

七福神は従業員数が多いから

七福神は従業員数が給料ファクタリング会社の中では多いので、日曜日も平常体制で営業することができます。

七福神ホームページによると、七福神の従業員数は40名となっています。

他の給料ファクタリング会社が数名程度で営業されており

  • 繁忙期に電話をかけても誰も電話に出ない
  • 固定電話にかけているのに携帯電話へ転送される

などの、明らかに人手が足りない口コミが多い中、七福神には十分な従業員が確保されているので、日曜日も営業することができるのです。

七福神は電話での在籍確認をしないから

七福神は電話での在籍確認をしていません。

ここが、日曜日に審査を完結できる大きなポイントです。

七福神ホームページには以下のような記載があります。

2020年 2月1日よりお客様が勤めている勤務先への電話連絡は一切しないことに決定致しました。

参考:七福神|Q&Aよくある質問

休日の審査で最も困難になるのが、電話での在籍確認です。

電話での在籍確認は、審査担当者が勤務先に個人名で電話をかけて、「〇〇様(申込人名)いらっしゃいますか?」と尋ねる審査です。

本人に繋がるか、会社の人が「不在」「お休み」などの本人が会社に在籍している言葉を言えば確認は完了します。

平日であれば、この方法が最も早く在籍の確認が取れる方法ですが、日曜日の場合には会社が休みになっているのでこの方法で在籍確認することができません。

七福神は電話での在籍確認をしていないので、日曜日でもスムーズに審査を完結させることができるようになっています。

24時間365日振込ができるようになったら

2018年10月から金融機関の振込が365日24時間可能になりました。

これも日曜日に即日現金化ができるようになった大きな理由の1つです。

2018年10月以前は、即時に振込ができるのは平日の15時までだったので、仮に日曜日に審査に通過できたとしても、着金するのは月曜日の朝になります。

しかし、2018年10月から主要金融機関で365日振込ができるようになったため、インフラ面で日曜日の即日現金化が可能になりました。

七福神が日曜日も営業している背景には全銀システムが24時間365日振込に変わったという点が非常に大きく関係しています。

七福神以外のファクターは日曜休み

主要な給料ファクタリング会社の中で、日曜日も営業しているのは七福神だけです。

主な給料ファクタリング会社の営業時間は以下のようになっています。

Wallet Link9:30~18:00(平日)
Get給9:30~18:00(平日)
ビアペイ10:00~18:00(平日)
ファクタル9:00~17:00(平日)
ミナミ実業9:00~17:00(平日)
JMマーケティング9:00~19:00(平日)
バイゼル10:00~17:00(平日)
千羽鶴9:00~18:00(平日)
先給9:00~19:00(平日)
D-ライン9:00~19:00(平日)

このように、他の給料ファクタリング会社は日曜はおろか土曜日さえ営業していません。

さらに他の給料ファクタリング会社は平日でも

  • 誰も電話に出ない
  • メールやラインの返信が何時間もない

などの口コミが多数ありますので、明らかに人手が足りていないことが分かります。

人員的にも七福神が最も充実していると思われ、有名どころで日曜日だけでなく土曜日も営業しているのは七福神だけになります。

土曜日、日曜日に「今日お金が必要」と考えたら、七福神一択になります。

ファクタリング会社の口コミ
ページが見つかりません。 - ファクタリング会社の口コミ
https://fackomi.com/column/exclude-seven-lucky-gods/

七福神で日曜日に現金化する方法

七福神で日曜日に現金化する方法は振込だけではありません。

東京近郊に居住しているのであれば窓口でもお金を受け取ることができます。

七福神で日曜日に現金化する2つの方法を詳しく紹介していきます。

銀行口座に振込を受ける

給料ファクタリングの基本的な受取方法が銀行振込です。

前述したように2018年10月から、銀行振込時間が24時間365日に変更になったため、2018年10月以降は日曜日でも銀行振込を受けることができます。

そして、七福神の場合には深夜も振込をしてくれることがあるようですので、日曜の夜も振込を受けることができる場合もあります。

18時の受付時間終了間際に申し込んでも、日曜日の夜にお金を受け取ることができる可能性はゼロではないでしょう。

自分の持っている銀行口座が24時間365日振込のモアタイムに該当しているかどうか分からないという人は、全国銀行現金決済ネットワークのホームページから、自分の銀行口座が加盟しているかどうか確認するようにしましょう。

窓口で手渡しでお金を受け取る

七福神は窓口で手渡しでファクタリング現金を渡してくれます。

七福神住所:東京都新宿区新宿1-34-8近代BLD.15 7階

上記の七福神の所在地に日曜の10時〜18時の間にお金を取りに行くことができる人だけが、七福神の窓口で現金を受け取ることができます。

東京近郊の人であれば、窓口での現金即日渡しも十分に可能です。

  • 通帳に記録を残したくない
  • 自分の持っている銀行口座が日曜日の振込に対応していない

このような人は、七福神の窓口に行って現金を受け取るようにしましょう。

七福神で日曜日に現金化する注意点

七福神は日曜でも審査を行っています。

しかし、日曜日に営業しているのは七福神だけですので、七福神に申込が殺到する可能性もあります。

そこで、日曜日の申込の際には以下の3点に注意するようにしてください。

  • できる限り早い時間に申し込む
  • 申込内容に不備がないようにする
  • 必要最低限の金額に申し込む

日曜日に七福神に申込をする際の3つの注意点についてしっかりと理解しておきましょう。

できる限り早い時間に申し込む

日曜日に給料ファクタタリングを申し込みたい場合には、できる限り早い時間に申込を完了させるようにしてください。

有名どころの給料ファクタリング会社で、日曜日に営業しているのは七福神だけです。

そのため、土曜日や日曜日は日本全国の給料ファクタリング希望者が七福神に集中する可能性があります。

いくら最短30分の七福神だとしても、申し込みが殺到しているタイミングでは、短時間の審査に対応できるとは限りません。

できる限り早い時間に申し込みを完了させて、早い時間に審査に通過できるようにしておきましょう。

七福神の申し込みはネットから行うことが可能ですので、10時の営業開始前に申込をしておき、10時の営業開始時間になったら「急いでお金が必要なんです」と電話をかければ審査を早めてくれる可能性があります。

できる限り早い時間に申込を完了さえ、返信がないようであれば電話連絡を入れておくと、より日曜日に即日現金調達することができる可能性は高くなるでしょう。

申込内容に不備がないようにする

申込内容に不備がないことも日曜日に確実に現金調達するためには重要な方法です。

申込内容に不備があると、七福神から申込内容について確認の電話があったり、場合によっては「最初から申込手続をやり直して欲しい」と言われてしまう可能性があり、審査に余計な時間がかかってしまうことが多いからです。

また、月収や勤務先などの大切な情報に間違いがあると「虚偽申込」と判断されて審査に落とされてしまう可能性もあります。

「すぐにお金が欲しい」という時には慌ててしまう気持ちは分かりますが、慌てずに正確な内容で申込手続を行うようにしてください。

申込内容に間違いがあると、審査に時間がかかり、繁忙日の日曜日に現金化することが間に合わない可能性が高くなってしまいます。

必要最低限の金額に申し込む

給料ファクタリングに申し込む際には必要最低限の金額に申込をするようにしてください。

多くの給料ファクタリング会社では、まだ信用のない初回の申込では3万円〜5万円程度の少額までしか買取に応じてもらうことはできません。

最初から10万円以上の高額申込になると、審査落ちになってしまうか審査に時間がかかってしまうので、できる限り必要最小限の金額に申込をするようにしましょう。

1万円程度の金額であれば審査に通過できる可能性が高まります。

ファクタリング会社の口コミ
ページが見つかりません。 - ファクタリング会社の口コミ
https://fackomi.com/column/holiday-salary-factoring/

日曜日の給料ファクタリングについてよくある質問

日曜日に会社が休みでも審査可能ですか?
電話で在籍確認を行う場合に会社に日曜日に人がいない場合には日曜日に在籍確認ができないので審査は完了できません。しかし、七福神のようにそもそも電話での在籍確認をしていない場合には日曜日に会社が休みでも審査を終えることができます。また、給料ファクタリング会社は審査に融通をきかせてくれることが多いので「どうしても電話での在籍確認は避けて欲しい」「今日は会社がやっていない」と交渉すれば、電話ではなく書類での在籍確認へ変更してくれることもあります。
自分の口座が休日の振込に対応していません。どうすればよいですか?
もしも休日の振込に対応していない銀行口座を持っていなかった場合に日曜日に即日現金調達したい場合には窓口に行くしかありません。ただし、この場合には窓口に日曜日に行くことができる人だけが即日現金調達することが可能で、東京近郊に居住していない人は日曜日の現金調達は不可能だと考えた方がよいでしょう。
日曜日に家族に秘密でファクタリングするためにはどうすればよいでしょう?
ネットで申し込む際に家族に見られないようにする、七福神から電話がかかってきた時に電話の内容を家族に聞かれないようにするなどの方法が考えられます。
最も注意すべきなのは電話がかかってきたタイミングですので、あらかじめマナーモードやサイレントにしておくようにして下さい。
日曜日の申込は混み合いますか?
七福神しか日曜日は営業していないので申込が殺到する可能性があります。より確実に日曜日に現金調達したいのであれば、前日土曜の夜か日曜日の朝までには申し込みを完了させておくようにしましょう。
日曜日には手数料が上がることはないのでしょうか?
何曜日に申し込もうが、申し込むタイミングによって手数料が変わることはあり得ません。ファクタリングの手数料は債権の回収リスクに対するリスクプレミアムとして設定されるものです。月曜日に申し込みをした人がリスクが低く、日曜日の申し込みはリスクが低いなどということはあり得ないため、日曜日に申し込んでも他の曜日に申し込んでも手数料には変わりはありません。

まとめ

日曜日には多くの給料ファクタリング会社が営業をしていません。

日曜日に営業している給料ファクタリング会社は有名どころでは七福神だけになります。

ただし、日曜には七福神しか営業していないので、日曜日には七福神への申し込みが日本全国から殺到する可能性もあります。

より確実に給料ファクタリングで日曜日に現金化するために、できる限り早い時間に正確な内容で申込を行い、必要最小限の金額に留めるようにしましょう。