仮想通貨(ビットコイン/イーサリアム等)はクレジットカード現金化に利用できる?日本円に交換して出金するまでのプロセスを解説

仮想通貨(ビットコインイーサリアム等)はクレジットカード現金化に利用できる?日本円に交換して出金するまでのプロセスを解説 現金化の方法

日本円やドルに変わるあらたな通貨として注目されている「仮想通貨」。この仮想通貨を使ってクレジットカード現金化ができるということをご存知でしたか?

仮想通貨を資産運用に利用するとなれば、価格が高騰したり、下落したりと値動きが激しいためリスクを考慮する必要がありますが、現金化に利用するだけなら安全に取引ができます。

今回は初めて仮想通貨を購入する方に向けて、仮想通貨の基礎知識やクレジットカードで購入するまでのプロセス、メリット・デメリットを解説します。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、特定の国による価値の保証を持たない暗号化された通貨のことです。

日本円やドルなどはそれぞれの国の中央銀行が価値を保証、貨幣として発行する「法定通貨」ですが、仮想通貨には価値を保証する特定の国や金融機関がありません。

また、仮想通貨は硬貨や紙幣といった実態を持たず、デジタルデータとしてだけ存在しています。

しかし、仮想通貨は法定通貨と同じように決済や送金、融資などができ、なおかつ法定通貨と交換できることが、その経済的価値を保証していると考えられます。

日本で流通している仮想通貨には、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などがあります。

仮想通貨と言えば、過去にメディアで報道されているような詐欺事件や、グレーゾーンな印象を持つ人も少なくないでしょう。しかし、市場にほとんど流通していない無名の仮想通貨はいざ知らず、ビットコインやイーサリアムといった世界中で取引されている仮想通貨であれば、問題なく日本円と交換ができます。

仮想通貨をクレジットカードで購入する方法

仮想通貨を使ってクレジットカード現金化をするには、そもそも仮想通貨がクレジットカードで購入できなければ成り立ちません。

結論から言うと、仮想通貨は原則としてVISAカードとMasterCardでのみ購入できます。

ただし、それまでには仮想通貨の口座の開設や本人確認など、いくつかの手順を踏む必要があります。

日本国内の仮想通貨取引所に口座を作る

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所に自分の口座を作る必要があります。

日本国内の主要な仮想通貨取引所は

などがあり、取引所ごとに取り扱っている仮想通貨や手数料、セキュリティが大きく異なります。

口座開設の申し込みには、基本的に住所や氏名、電話番号、メールアドレスの登録、身分証明書による本人確認が必要です。それらの情報をもとに審査が行われ、申し込みから1~2週間前後に結果が通知されます。

Changelly(チェンジリー)に口座を作る

国内の仮想通貨取引所では、銀行振込でしか仮想通貨が購入できません。

現在のところ、クレジットカード決済ができる日本語対応の仮想取引所は、チェコ共和国の「マイナーゲート」という会社が運営する「Changelly(チェンジリー)」のみです。

Changellyは売買手数料が額面の0.5%なので、お得に取引ができます。

Changelly(チェンジリー)で仮想通貨を購入する

Changellyで仮想通貨を購入する際は、国内の取引所でも取り扱いがあるビットコインやイーサリアムなどを選びましょう。

また、Changellyは日本円での決済に対応していないため、決済に使用する法定通貨をドルかユーロにしたうえで仮想通貨を購入、国内の仮想通貨取引所にChangellyで購入した仮想通貨を送金して日本円に交換します。取引所間の交換には、1回あたり数百円程度の送金手数料がかかります。

資産運用として仮想通貨を購入する場合は、仮想通貨の価格が下落して損失を被った場合のリスクをも考慮して、どの仮想通貨をどれだけの金額で購入する必要があります。

しかし、カード現金化の場合は購入した仮想通貨をただちに換金するため、仮想通貨を選択する基準は「国内の取引所でも取り扱いがあるかどうか」程度です。

仮想通貨を現金化する方法

仮想通貨を日本円に換金、現金化する方法は以下の3通りです。

  • 仮想通貨取引所で現金化
  • ビットコインATMで現金化
  • 仮想通貨両替商で現金化

それぞれの現金化の方法について詳しく見ていきましょう。

仮想通貨取引所で現金化

このうち最も簡単な方法は、仮想通貨取引所での現金化です。保有する仮想通貨を売却すると、指定の口座へ1~2営業日以内に振り込まれます。

銀行口座に出金するには、あらかじめ仮想通貨取引所に銀行口座を登録しておく必要があります。また、出金1回ごとに500円程度の出金手数料がかかります。

ビットコインATMで現金化

ビットコインを専門に扱う「ビットコインATM」を使えば、簡単に現金を引き出すことができます。日本国内では東京や大阪、福岡といった主要都市に設置されていましたが、2019年11月現在は福岡県に2ヶ所設置されているのみです。

仮想通貨両替商で現金化

仮想通貨両替商を利用することで、仮想通貨と現金を直接交換ができます。

ビットコインの購入と両替がどちらもできるため、主に海外からの観光客がビットコインを日本円に交換し、帰国する際に余った日本円をふたたびビットコインに交換するという使い方がされています。

日本には「SAMURAI Bitcoin」という両替商がありますが、2019年11月現在は仮想通貨取引業者登録の申請作業中につき、取引を一時停止しているようです。

仮想通貨でカード現金化するメリット

仮想通貨でカード現金化をするメリットは以下のとおりです。

換金率をほぼ100%にすることもできる

仮想通貨は交換や出金の際に手数料がかかるものの、100%に近い換金率で現金化できます。

さらに、仮想通貨取引所を「DMM Bitcoin」にすると、交換や出金にかかる手数料がすべて無料です。

ほぼ100%の換金率で仮想通貨を現金化するなら、口座を開設する取引所はDMM Bitcoinを選択しましょう。

いつでも出金依頼ができる

仮想通貨取引所は24時間365日、仮想通貨の交換・出金に対応しています。今すぐ現金が必要なときに仮想通貨がストックされていれば、すぐに日本円に交換して出金依頼ができます。

少額~高額の出金が可能

仮想通貨の交換や出金に上限額を設けている仮想通貨取引所はほとんどありません。下限は3,000円から、上限は1億円まで、いつでも交換・出金が可能です。

仮想通貨でカード現金化するデメリット

仮想通貨でカード現金化をする最大のデメリットは、手間と時間がかかることです。

国内の仮想通貨取引所の口座開設、Changellyの口座開設、身分証による本人確認、クレジットカードと振込口座の登録などなど、クレジットカードで仮想通貨を購入するまでにさまざまな手続きが必要となります。

一度すべての手続きを完了させておけばいつでも交換・出金ができるようになりますが、いざ現金が必要というときに一から口座を開設してカード現金化を行うのは非効率です。

また、仮想通貨取引所から銀行口座へ日本円を振り込むには、早くても1~2営業日かかります。当日中に現金が必要になってしまったケースでは、効率の良い現金化の方法とは言えません。

急ぎのカード現金化なら優良な現金化業者がおすすめ

仮想通貨を使えばほぼ100%の換金率でクレジットカード現金化はできるものの、効率が良いのはすでに仮想通貨取引所の口座を持っており、ビットコインなどの仮想通貨を補完しているケースに限ります。

普段から仮想通貨で取引を行っていない人にとっては、現金化ができるまでに手間と時間がかかるため、カード現金化を目的に仮想通貨を購入することはあまりおすすめできません。

今すぐ現金が必要なケースであれば、クレジットカード現金化を専門に取り扱う優良業者に依頼しましょう。

換金率は75~85%と仮想通貨のカード現金化より低めですが、申し込みをしたその日のうちに現金を受け取ることが可能です。

高い換金率で安全に取引するためには、実績が豊富で口コミの評価も高く、利用者に寄り添った現金化業者を選ぶ必要があります。

口コミサイトの評価や現金化業者のサイトのチェックポイントを参考にすることはもちろん、複数の業者に見積もりを依頼するなどして、もっとも好条件でスタッフの対応も良好な現金化業者を選びましょう。