バンドルカード現金化ってどうやるの?後払いOKのチャージを活用して現金を調達する方法

バンドルカード現金化ってどうやるの?後払いOKのチャージを活用して現金を調達する方法 現金化の方法

「今すぐ現金が必要だけどクレジットカードのショッピング枠に残高がない!」

クレジットカード現金化が利用できないときに、代替となる方法に「バンドルカード現金化」があります。

バンドルカードとは、2016年9月からサービスが開始されたVISA対応のチャージ型プリペイドカードで、だれでも審査不要・最短5分で発行できるカードです。

チャージ型プリペイドカードと言えば、その多くが「現金でのみチャージ可能」ですが、実はバンドルカードには他のチャージ型プリペイドカードにはない後払いが可能なチャージ方法があります。

手元に現金がなくても一定の金額がチャージできて、しかも支払いは翌月の末日なので、「現金が必要なのに他に打てる手がない」というときにバンドルカード現金化は活用できます。

今回はバンドルカードの基礎知識と、バンドルカード現金化について解説します。

バンドルカードとは

バンドルカード(VANDLE CARD)とは、「誰にでもすぐ使えるVisaカードアプリ」というキャッチコピーで2016年9月よりサービスが開始されたVISA対応のチャージ型プリペイド(前払い)カードです。最短5分、審査不要、年齢制限無しでだれでも気軽に発行できます。

お店で使えるカードタイプの「リアルカード」の他、スマホで発行できる「バーチャルカード」があり、バンドルカードをあらかじめチャージしておくことで、VISA加盟店で現金やクレジットカードの代わりに支払いが可能です。

さらに、すぐにチャージできる現金がなくても、「ポチっとチャージ」という機能を使えば、一回あたり3,000〜50,000円のアプリに表示されている上限金額まで即チャージできます。ポチっとチャージの利用金額は、月末に一括で支払えばOKという非常に便利な機能です。

バンドルカードの作成については公式サイトをご参考になさってください。

バンドルカードにチャージする方法

バンドルカードに残高がなければ現金化もできません。

先ほど触れた「ポチっとチャージ」を含め、バンドルカードにチャージする方法は以下のとおりです。

  • ポチっとチャージ
  • コンビニチャージ
  • ドコモ払い
  • ビットコイン
  • 銀行ATM
  • ネット銀行

注目すべきは「ポチっとチャージ」と「ドコモ払い」です。

ドコモ払いはdocomoのキャリア決済(ケータイ払い)サービスで、現金の代わりにスマホでさまざまな決済ができ、使った分を月々の携帯料金と一緒に払うことができます。

つまり、ポチっとチャージかドコモ払いのいずれでかバンドルカードにチャージして現金化を行えば、クレジットカード現金化と同じような方法で現金が手に入れられるということです。

バンドルカードを現金化する方法

現金がなくても3,000~50,000円のチャージができる「ポチっとチャージ」、ドコモのスマホ契約者なら最大100,000円がチャージできる「ドコモ払い」を利用すれば、バンドルカード現金化で現金を手にすることができます。

バンドルカードのチャージから現金を受け取るまでの流れを見ていきましょう。

バンドルカードにチャージする|STEP1

まずはバンドルカードに現金化したいぶんの残高をチャージします。ポチっとチャージは最大で50,000円まで、ドコモ払いは最大で100,000円までチャージできます。

「ポチっとチャージ」でチャージする

ポチっとチャージの申請方法は次のとおりです。

  1. チャージ方法で「ポチっとチャージ」を選択
  2. 「ポチっとの申込みへ」を選択
  3. 必要な情報を入力し、利用規約に同意
  4. SMS認証を行い、認証番号を入力
  5. チャージしたい金額を入力し、確認して確定
  6. 申請が完了し、残高に反映される

参考:現金無しでコンビニ!バンドルカードをドコモ払いでチャージしよう!

申請が通ればバンドルカードに指定した金額がチャージされます。

「ドコモ払い」でチャージする

ドコモ払いでチャージする方法は次のとおりです。

  1. チャージメニューからドコモ払いを選択
  2. チャージ金額の入力
  3. dアカウントの入力
  4. 決済内容確認
  5. 決済完了~チャージ完了

参考:バンドルカードのチャージ方法 ドコモ払い編

ドコモ払いの利用限度額等については以下の記事をご参考になさってください。

>>「スマホ決済を現金化する方法」について詳しく見る

Amazonギフト券をAmazon公式サイトで購入|STEP2

バンドルカードにチャージができたら、次にAmazon公式サイトでAmazonギフト券の「Eメールタイプ」を購入します。

購入手続きでバンドルカードの表面・裏面に記載されているカード情報を、Amazonマイページの「お支払い方法の変更」の「クレジットカード」の欄に入力します。

購入が完了したらAmazonからのメールでギフト券コードが送られてきます。

Amazonギフト券をギフト券買取業者に売却する|STEP3

Amazonギフト券付きのメールを受信したら、ギフト券買取業者にアクセスして買取申込をします。

一般的に実店舗型の金券ショップはAmazonギフト券の買い取りに対応していないところが多いため、オンライン完結型のギフト券買取業者に買い取ってもらいます。

ギフト券買取業者の申し込みフォームに必要事項を入力、本人確認と口座登録ができたらギフト券番号を入力フォームに入力して買い取りとなります。

業者の方で買取作業が終了次第、指定の口座に買取代金が振り込みされます。買取から振込までの時間は業者によって異なりますが、おおよそ5~90分程度です。

Amazonギフト券は他のギフト券と比べて換金率が高く、その相場は90%前後です。

どのギフト券買取業者がより良い条件で買い取ってくれるか、以下の記事をご参考になさってください。

>>「Amazonギフト券でクレジットカード現金化を行う方法」について詳しく見る

バンドルカード現金化の注意点

バンドルカードを現金化する場合は、以下に挙げる注意点をよく確認してから行うようにしましょう。

換金目的でのカード利用は規約違反

バンドルカードの利用規約第21条(必要措置)には、以下のような記載があります。

当社は以下の各号に揚げる事由に利用者が該当したと判断した場合、利用者に対して事前の通知もしくは催告なしに、本サービス及び本カードの利用資格を喪失する措置(以下「利用資格停止及び取消し」といいます。)、および本人確認等を含む必要措置をとることができるものとします。

(中略)

本サービスの利用状況に照らし、換金目的、マネーローンダリング目的での利用等、利用者として不適当であると判断した場合

参考:バンドルカード利用規約

クレジットカードが換金目的のカード利用を禁止しているように、バンドルカードも換金目的の利用が発覚すれば利用資格停止の措置が取られる可能性があります。

信用情報に事故情報として記載されてしまうクレジットカードの利用停止、強制解約ほど厳しい措置ではないものの、現金化の際には充分に注意を払いましょう。

高額の現金化には向かない

バンドルカードにチャージできる残高は最大でドコモ払いの100,000円です。今すぐ数十万円の現金が必要といったケースでは、バンドルカード現金化はあまり適した方法とは言えません。

チャージに手数料がかかる

ポチッとチャージ、ドコモ払いチャージのいずれもチャージ手数料がかかります。

ポチッとチャージの手数料

3,000〜10,000円510円
11,000〜20,000円815円
21,000〜30,000円1,170円
31,000〜40,000円1,525円
41,000〜50,000円1,830円

ドコモ払いチャージの手数料

チャージ金額が4,000円以下1回につき300円
チャージ金額が5,000円以上1回につきチャージ金額の6.15%

チャージした翌月末の支払日には、チャージした金額+手数料を支払うことになります。

さらに、現金化の際にかかる換金手数料も10%ほどかかるので(Amazonギフト券の場合)、バンドルカード現金化は決してお得な方法ではないことを理解しておきましょう。

まとまった現金が必要ならクレジットカード現金化がおすすめ

バンドルカードを利用した現金化の方法をご紹介しました。

バンドルカードの残高はクレジットカード経由でチャージできない代わりに、現金がなくてもポチッとチャージやドコモ払いチャージを使って現金化が可能です。

しかし、一からバンドルカードに新規登録、チャージして現金化という手順は非常に煩わしく、「今すぐ現金が必要」という状況では活用しやすい方法とは言えません。

今すぐにまとまった現金が必要なら、ショッピング枠を現金化する「クレジットカード現金化」がおすすめです。

優良現金化業者に依頼すれば、最短即日・換金率85%以上で現金化ができます。

そのためには、口コミ評判などで高い評価を得ている現金化業者を探し、複数の業者に見積もりを依頼して、もっとも好条件を提示した業者を選ぶことが重要です。

クレジットカード現金化は利用金額が高額になるほど、換金率が1%違うだけで手元に残せる現金の額が大きく異なります。

お得に、かつ安全に現金化を利用したいのであれば、現金化業者の口コミ評判や過去の実績を参考にして慎重に検討しましょう。