UQモバイルかんたん決済は現金化できる?換金率85%超えの方法と注意点を解説

UQモバイルのユーザーであれば、ショッピングやサービスの支払いを通信料金と合わせて後払いができる「UQモバイルかんたん決済(auかんたん決済)」が利用できることはご存知でしょうか?

「ネットでショッピングをしたいけど、クレジットカードがない」という人でも、UQモバイルのユーザーなら、UQモバイルかんたん決済で最大50,000円まで後払いが利用できます。

そのUQモバイルかんたん決済は、利用限度額の範囲内でお金を作ることもできます。

今回は、UQモバイルかんたん決済の利用方法や利用限度額、お金に変える方法について解説していきます。

UQモバイルかんたん決済とは

UQモバイルかんたん決済とは、簡単に言えばUQモバイルのSMIカードが挿入されているスマホ端末で使える「auかんたん決済」のことです。

そもそも、UQ mobileを提供するUQコミュニケーションズ株式会社は、auを提供するKDDIグループの傘下で、UQ端末を契約しているユーザーにもキャリア決済を提供しています。

UQかんたん決済を利用すれば、Apple StoreやGoogle Playでのアプリ購入代金、ショッピングサイトでの支払いをUQ mobileの通信料金にまとめることができます。

利用には事前にau IDの申込み・設定が必要ですので、my UQ mobileのページから申し込みをしておきましょう。

UQモバイルかんたん決済の利用限度額

UQモバイルかんたん決済の利用限度額は、契約期間に応じて以下のように設定されます。

※20歳以上の契約者

契約期間 利用限度額
4ヶ月未満 最大10,000円
4ヶ月以上25ヶ月未満 最大30,000円
25ヶ月以上 最大50,000円

利用限度額の範囲内であれば、使いすぎ防止などの目的で上限以下に設定できますが、自分で好きなように上限を増額することはできません。

契約期間に加え、毎月のUQ mobileの通信料金を滞納なく支払っていることなど、利用状況も審査基準となっています。

クレジットカードと同様に、コツコツと良好な利用履歴を重ねていくことが、利用限度額の増額につながります。

UQモバイルかんたん決済現金化の2つの方法

UQモバイルかんたん決済の現金化は、銀行や消費者金融等からの借入とは異なるサービスですので、信用情報に履歴が残らず、年収の3分の1までに借入額を制限する総量規制の対象外です。

信用ブラックでも、総量規制ぎりぎりまで借入があっても、UQモバイルかんたん決済の利用限度額の範囲内であれば、お金を作ることができます。

UQモバイルかんたん決済を現金化する方法は、

  • UQモバイルかんたん決済で購入した商品を転売する
  • キャリア決済現金化の専門業者を利用する

の2種類です。

UQモバイルかんたん決済で購入した商品を転売する方法

UQモバイルかんたん決済に対応しているショッピングサイトで購入した商品を、買取業者に売却してお金に変える方法です。

Apple StoreやGoogle PlayはUQモバイルかんたん決済に対応しているため、iTunesギフトカードや、Google PlayGoogle Payギフトコードが購入できます。

それらデジタルギフト券をギフト券買取業者に転売すれば、換金率80%前後で買い取ってもらえます。

また、ひと手間かかりますが、「au WALLET プリペイドカード」にUQモバイルかんたん決済(auかんたん決済)でチャージして、コンビニ等で換金率の高いAmazonギフト券を購入、ギフト券買取業者に転売する方法もあります。

Amazonギフト券は換金率が87%前後とギフト券の中でもトップクラスに換金率が高いため、au WALLET プリペイドカードを所持している方におすすめの方法です。

現金化業者を利用する方法

キャリア決済現金化の専門業者を利用すれば、ネットで即日手続きが完了します。

来店不要・審査不要でもないため、UQモバイルかんたん決済の利用限度額の範囲内であれば誰でも利用できます。

利用者は業者が指定する商品をUQモバイルかんたん決済(auかんたん決済)で購入、業者がその商品を買い取って即日お金が振り込まれます。商品の代金は翌月のUQモバイルの通信料金と合わせて支払います。

キャリア決済現金化業者を利用するにあたっては、換金率(買取率)が非常に重要です。換金率が高いほど、業者から振り込まれるお金が増えることになります。

UQモバイル決済の換金率相場はauかんたん決済と同じで、以下の表のとおりです。

利用金額 換金率
5,000~9,999円 60~70%
10,000~49,999円 68~75%
50,000円~ 70~78%

たとえば、利用限度額のうち20,000円を換金率70%で現金化する場合、「20,000円 × 0.7 = 14,000円」で14,000円が振り込まれます。

現金化業者に依頼すれば即日・確実にUQかんたん決済をお金に変えることができますが、利用限度額最大の50,000円でも80%を下回る換金率とは、クレジットカード現金化やAmazonギフト券現金化よりも低い数字です。

優良業者で現金化しても最大で8割程度しかお金に変えられないのに加え、現金化業者の中には、ヤミ金業者や詐欺業者なども紛れ込んでいます。

手軽さやスピードを重視するなら、自分で現金化するよりも専門業者の利用がおすすめですが、換金率があまり高くない、悪質な業者も存在しているという点には注意が必要です。

キャリア決済現金化を取り扱っている業者は、以下の記事をご参考ください。

UQモバイルかんたん決済現金化の注意点

UQモバイルかんたん決済を現金化するにあたって、以下の点に注意が必要です。

UQモバイルかんたん決済が使えなくなる可能性がある

auかんたん決済の会員規約では、換金を目的とした商品等の購入にauかんたん決済を利用することを禁止しています。

万が一、換金目的の利用が発覚した場合はサービスの利用の制限、あるいは停止等の処分が行われる可能性があります。

基本的には、UQモバイルかんたん決済で購入した商品を転売しても、ただちに利用停止となることはありません。

ただし、これまでショッピングの利用履歴がないのに限度額いっぱいまでデジタルギフト券等を購入すると、換金目的の利用が疑われやすくなります。

高額の現金化はできない

UQモバイルかんたん決済は、利用限度額の範囲内でしかお金に変えることができません。

利用限度額最大50,000円を換金しても40,000円程度にしかならないため、それよりも高額なお金が必要な場合は、別の方法を考える必要があります。

ギフト券の転売は手間と時間がかかる

UQモバイルかんたん決済でギフト券を購入、買取業者に転売してお金に変える方法は、どうしても手間と時間がかかります。

時間に余裕がないときは換金率こそ低いものの、キャリア決済現金化業者を利用したほうが早くお金を作ることができます。

現金化業者に依頼する場合は換金率が低い

UQモバイルかんたん決済の換金率は60~78%がだいたいの相場で、決してお得とは言えません。

さらに、キャリア決済現金化業者の中には悪質な業者も紛れ込んでいるため、換金率と安全性を両立した業者を選ぶ必要があります。

UQモバイルかんたん決済現金化に関するQ&A

UQモバイルかんたん決済(auかんたん決済)現金化に関して寄せられた質問に、Q&A形式でお答えします。

Q.UQモバイルかんたん決済で購入した料金の締め日はいつですか?
A.月末です。通信料金とまとめて請求されるため、当月利用分の請求金額は翌月15日頃に確定、my UQ mobileのページで確認できるようになります。
Q.キャリア決済現金化業者は信用ブラックでも利用できますか?
A.利用できます。キャリア決済現金化は借入とは異なる方法ですので、審査不要で信用情報にも記録が残りません。
Q.UQモバイルかんたん決済現金化は違法ではないのですか?
A.UQモバイルかんたん決済現金化の仕組みは商品の転売を応用した方法です。転売そのものを取り締まる法律はないため、UQモバイルかんたん決済現金化は違法にはなりません。ただし、利用規約には違反していますので、UQコミュニケーションズに換金目的の利用がバレると、利用停止等の処分が行われる可能性があります。

安全性と効率を重視するならクレジットカード現金化

UQモバイルかんたん決済は、ショッピングの支払いを月々の通信料金と合わせて後払いできる優れたサービスです。

緊急でお金が必要なときには、キャリア決済現金化でお金に変えることもできるため、普段から通信料金を遅れずに支払い、利用限度額を上げておきましょう。

ただし、UQモバイルかんたん決済の現金化は、手間と時間がかかる割には少額しかお金に変えることができません。

より効率的で安全にお金を手に入れる方法としては、「クレジットカード現金化」があります。

クレジットカード現金化とは、本人名義のクレジットカードのショッピング枠をお金に変える方法です。

「カードトラブル0件」の実績がある優良業者に依頼すれば、カード利用停止のリスクがなく、最短即日で80%前後の換金率(還元率)でお金を作ることができます。