キャッシング枠とショッピング枠の違いや利用可能枠の決まり方を解説

クレジットカードは現金の持ち合わせがないときにもお買い物ができたり、急に現金が必要になったときにお金を借りたりと、さまざまなシーンで便利に使えるカードです。

クレジットカードには、ショッピングとキャッシングそれぞれに上限額が設定されていることはご存知かと思いますが、どのような基準で決められるのかご存知でしょうか?

今回はクレジットカードを利用するにあたって、理解しておくべきキャッシング枠とショッピング枠の仕組みや違い、利用可能枠の決まり方について解説します。

クレジットカードには3つの「利用可能枠」がある

クレジットカードの基本的な使い方は、「ショッピングや支払いをする」と「お金を借りる」の2通りがありますが、それぞれ別の「利用可能枠」が設定されています。

「ショッピングや支払いをする」ときは、「ショッピング枠」の範囲内で、「お金を借りる」ときは、「キャッシング枠」の範囲内で利用できます。

さらに、詳しく内訳を見ると、クレジットカードには3つの利用可能枠が設定されています。

クレジットカードの利用可能枠の一例
  • ショッピング枠:50万円
  • 割賦利用可能枠:30万円
  • キャッシング枠:20万円

 

    上記はあくまで一例ですので、人によってそれぞれ利用可能枠は異なります。

    利用可能枠は、「ショッピングやキャッシングにそれぞれいくらまで利用できるのか」であり、金額はそれぞれの利用可能枠の「上限額」を示しています。

    次章では、各利用可能枠について詳しく解説します。

    ショッピング枠とは

    ショッピングや支払いに使える枠のことを、一般的に「ショッピング枠」と言います。

    たとえば、ショッピング枠の上限額50万円のカードで5万円の買い物をした場合、上限額の50万円からカード会社が立て替えた5万円を引いた45万円が、この時点での利用可能枠です。

    カード会社からの毎月の請求分の支払いが済むと、その支払い額の分だけカードの利用可能枠が戻ります。

    また、利用金額が上限額に達すると、月々の請求分を返済するまでは、カードでショッピングやキャッシングを利用することができなくなります。

    割賦利用可能枠とは

    割賦利用可能枠とは、ショッピング枠のうち、1回払いを除く、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払いといった割賦払いで利用できる合計金額の上限のことです。

    たとえば、ショッピング枠の上限額50万円のカードに、30万円の割賦利用可能枠が設定されている場合、1回払いを含めたすべてのショッピングや支払いに利用できるのは50万円まで、分割払いやリボ払いができるのは30万円までとなります。

    割賦利用可能枠を上限額まで使った場合は、分割払い・リボ払いができなくなるだけで、1回払であればショッピングや支払いができます。

    キャッシング枠とは

    キャッシング枠は、お金を借りられる枠のことです。

    ほとんどのクレジットカードでは、ショッピング枠とキャッシング枠は別々に設定されているのではなく、ショッピング枠にキャッシング枠が含まれています。

    たとえば、ショッピング枠50万円、割賦利用可能枠35万円、キャッシング枠20万円のカードの内訳は、以下のとおりです。

    カード契約内容利用可能枠
    ショッピング枠50万円
    キャッシング枠└20万円
    割賦利用可能枠30万円
    総枠50万円

    上記の例では、「50万円のうち20万円までキャッシングで利用できる」ということになります。

    つまり、「総枠=ショッピング枠」で設定されている場合は、キャッシング枠がショッピング枠に内包されているのです。

    クレジットカードにキャッシング機能を付けるかどうかは、申込時に選ぶことができ、キャッシング機能を付けない場合はキャッシング枠が0円となります。

    利用可能枠の決まり方

    クレジットカードに新規申し込みをすると、審査によってカードの利用可否と利用可能枠が決まります。

    ショッピング枠とキャッシング枠は、それぞれ異なる審査基準で設定されます。

    ショッピング枠の決まり方

    ショッピング枠は、申込者の職業や年収などの属性情報、過去にクレジットカードの支払い遅れがないか、債務整理をしていないかなどの信用情報を照会して統計的な分析を行い、その結果に基づいてカード会社が上限額を算出します。

    割賦利用可能枠の決まり方

    割賦利用可能枠は、割賦販売法という法律に基づいて決められます。

    まず、申込者の年収から1年間で生活を維持するために必要な費用や債務などを差し引き、「無理なくクレジットカードの支払いができる余力」という金額を算出します。これを「支払可能見込額」と言います。

    さらに、支払可能見込額に経済産業大臣が定める割合(90%)を乗じた金額が、割賦利用可能枠の上限となり、カード会社はその範囲内で割賦利用可能枠の限度額が設定します。

    キャッシング枠の決まり方

    キャッシング枠は、貸金業法という法律に基づいて決められます。

    貸金業法では、「総量規制」により年収の3分の1以上の貸し付けを禁止しているため、カード会社は申込者の現在の借入総額を含めて、総量規制の範囲内でキャッシング枠の上限を設定します。

    たとえば、年収300万円の人は、キャッシング枠の最大が100万円までです。仮にキャッシング枠30万円のクレジットカードを所持していた場合、次に作るクレジットカードのキャッシング枠は70万円以下に抑えられます。

    総量規制はその人の借入総額を制限するものなので、複数のクレジットカードを作っても、キャッシング枠の合計が増えるわけではありません。

    また、転職などで収入が減少すれば、総量規制も引き下げられます。

    利用可能枠を増額・減額する方法

    ショッピング枠やキャッシング枠は、所定の手続きを経ることで、利用可能枠を増額したり、減額したりすることができます。

    利用可能枠を増額する方法

    途中でカードの利用可能枠を増額する方法は、以下の2通りです。

    1. 信用を上げて自動で増額してもらう
    2. カード会社に増額の申し込みをする

    信用とは、平たく言えばカード利用者の収入が上がったり、良好なカード利用履歴を積んだりして、カード会社から「この利用者は良質な顧客である」と認められることです。

    したがって、信用が上がっていれば、知らないうちに利用可能枠が増額されていることもあります。

    初期状態では10万円しか利用可能枠がなかったとしても、1年くらいカードを使い続けていれば、信用が高まって自動で利用枠が増えることがあるのです。

    ただし、すべてのカード会社が自動で増額してくれるわけではありません。

    自動で増額してもらえない場合は、カード会社に増額を申し込みます。電話やインターネットから申し込み、申込時と同様に審査を受け、問題なければ増額してもらえます。

    利用可能枠の増額で最も重要なことは、信用を上げることです。

    カードを利用して、利用した分の支払いを遅延することなく返済することで、信用は上がっていきます。

    当然ながら、利用するだけ利用して返済が遅れては、信用が下がってしまいます。まったくカードを利用しない場合も、信用は上がりません。

    さらに、増額の審査を受ける場合は、申込時より収入が上がっていることも重要です。

    申込時より収入が下がっていたり、転職などで勤続年数が短くなっていたりする場合は、増額を認めてもらえない可能性もあります。

    利用可能枠を減額する方法

    転職などで収入が減り、ショッピング枠が自身の返済能力を超えそうな場合や、窃盗等のセキュリティ上の問題を考慮する場合は、カードの利用可能枠を減額するということを検討しましょう。

    利用可能枠を減額したい場合は、カード会社に電話やインターネットから減額を依頼すれば、すぐに対応してもらえます。

    キャッシング枠・ショッピング枠に関するQ&A

    クレジットカードのショッピング枠・キャッシング枠に関して、よくある質問をQ&Aでまとめました。

    Q.ショッピング枠を使い切っていたら、キャッシングはできませんか?
    A.キャッシング枠がショッピング枠に内包されているタイプのカードであれば、ショッピング枠を使い切っている場合、キャッシングはできません。
    >>「ショッピング枠とキャッシング枠の関係」について詳しく見る

    Q.クレジットカードで利息が発生するのは、どんなときですか?

    A.分割払い(3回以上)やリボ払いをしたとき、キャッシングでお金を借りたときです。分割払いやリボ払いは月々の返済額に手数料が、キャッシングは返済期日までの利息が発生します。
    Q.旅行や高額なショッピングをする前に、利用可能枠を一時的にすることはできますか?
    A.現在の利用可能枠を超えて利用したい場合は、事前にカード会社に連絡して、一時的な利用可能枠増額を依頼します。信用や利用状況に問題がなければ、基本的に増額に応じてもらえるでしょう。
    Q.利用可能枠が勝手に減額されていたのですが?
    A.カード会社は申込時以降でも、定期的に利用者の属税情報や信用情報、利用状況を審査しています。審査の結果、今の利用可能枠が返済能力を超えていると判断されれば、減額される可能性があります。減額となる原因には、他社利用での延滞やキャッシングの使いすぎ、新規カードの多重申し込みなどが考えられます。

    Q.キャッシングの利率を低くすることはできますか?

    A.キャッシングの利率は15.0~18.0%の範囲内で、カードの種類によって設定されています。たとえば、通常のカードよりもゴールド、プラチナ、ブラックの方が利率が低くなります。信用を上げるだけでは低くなりません。

    クレジットカードの利用状況を知り賢く使いこなそう

    クレジットカードは、ショッピングをしたいが手持ちの現金がないとき、急にお金が必要になったときに便利なカードです。

    ただし、カードの使いすぎや不正使用は、自身の信用を失うことにつながります。

    万が一、滞納が続いたり、不正使用がバレてカード利用停止になったりすれば、10年以上も新規にカードが作れない、ローンに申し込めないといった不利益を被ることになります。

    計画的に利用するためにも、定期的に現在の利用状況や利用可能額を確認して、問題なく返済できる範囲内で利用するようにしましょう。