クレジットカード現金化の審査とは?必要書類と注意点について解説

クレジットカード現金化の審査とは?必要書類と注意点について解説 現金化の仕組み

銀行や消費者金融などのローン、キャッシングでは、申込者の返済能力を調査するために必ず「審査」が行われます。

ローンやキャッシングを利用したことのある人はおわかりのように、審査には面倒な書類集めや審査結果を待つまでの時間が必要です。

「どうしても明日までに現金が必要!」というときに、審査の手間や時間は非常に煩わしく感じられるでしょう。

一方で、クレジットカード現金化の審査ではどのようなことが行われるのでしょうか?

今回はクレジットカード現金化を利用する際の審査について解説していきます。

クレジットカード現金化は審査不要!

結論から言うと、クレジットカード現金化は一切の審査が不要です。

クレジットカード現金化を利用したことのない方にとっては驚きの事実かもしれませんが、クレジットカード現金化業者は銀行や消費者金融会社のような金融機関ではありません。

あくまでもクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するだけなので、審査をする必要がないのです。

ショッピング枠の残高さえあれば、すでに何社からも借り入れがあっても、信用情報ブラックでも、クレジットカード現金化を利用できます。

クレジットカード現金化が審査不要な理由

クレジットカード現金化が審査不要な理由をより詳しく解説します。

すでにクレジットカード会社に審査を通過しているから

銀行の住宅ローン、消費者金融会社のキャッシング、いずれも融資を受けるためには審査を通過する必要があります。

審査の結果により、希望する融資額では借り入れができなかったり、融資そのものが断られたりします。

クレジットカード現金化には、ローンやキャッシングと違って審査がありません。

そもそもクレジットカード現金化は、利用者が保有しているクレジットカードのショッピング枠を現金化する取引です。

ショッピング枠はすでにクレジットカード会社が審査をしたうえで提供されているため、現金化業者が重ねて審査をする必要がありません。

信用情報を照会する必要がないから

信用情報とは、融資の申し込みや契約に関する情報のことです。

消費者金融会社やクレジット会社などが加盟している信用情報機関が情報を管理・提供しています。

信用情報にはこれまでの申込状況や契約状況、返済状況、事故情報などが登録されており、融資の審査で申込者の返済能力を調査するために必ず照会されます。

したがって、信用情報を照会することで返済状況で延滞が重なっていたり、過去に債務整理をした記録が残っていたりすることが発覚すると、審査に通りにくくなってしまいます。

クレジットカード現金化業者は信用情報機関に加盟しておらず、またクレジットカード現金化自体が融資ではないため、信用情報を照会する必要がありません。

審査不要でも本人確認は必要

クレジットカード現金化に審査は必要ありませんが、申込者がクレジットカードの所有者本人かどうかの本人確認は必要です。

大前提として、クレジットカード現金化は申込者の本人名義のクレジットカードのショッピング枠を現金化します。家族名義のクレジットカードでは申し込みができません。

さらに、盗難などで取得した他人が本人になりすまし、クレジットカード現金化の不正に利用する行為を防ぐ目的があります。

クレジットカード現金化の本人確認では、次の身分証明書が必要となります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住基カード
  • 年金手帳
  • 学生証(満20歳以上)
  • 在留カード

本人確認は、インターネットから申し込む場合は身分証の画像をFAXやメールで送信、店舗で申し込む場合はその場で身分証を提示することで行います。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

クレジットカード現金化で身分証の提示が必須な理由を解説
クレジットカード現金化では、身分証の提示を求められることがあります。「身分証を提示して、個人情報を悪用されないか?」と考える人もいるかもしれませんが、基本的にその心配はありません。なぜクレジットカード現金化に身分証の提示が必要なのか、どんな身分証を提示するのかを知ることで、個人情報流出などの不安を払拭することができます。

審査不要だから得られるメリット

クレジットカード現金化に審査がないことで不安を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、審査不要だからこそ得られるメリットもあります。

最短30分のスピード入金

融資の審査というと、「面倒くさい」「時間がかかる」というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

消費者金融業者はスコアリングシステムを利用した短時間の審査を可能としていますが、銀行は融資担当者が人力で審査を行うため、どうしても時間がかかります。

また、審査結果で「融資不可」となると、審査の準備に費やした時間や手間が徒労に終わってしまいます。

クレジットカード現金化は審査自体が無いため、クレジットカードのショッピング枠の残高があれば最短30分でのスピード入金が可能です。

手間のかかる必要書類集めが不要

融資の申込みで必要となる書類は、主に次のとおりです。

  • 身分証明書
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、給与明細書)

身分証明書は写真付きであれば1枚で済みますが、写真付きでない場合は補助書類がもう1点必要となります。

さらに、事業者の方がローンに申し込むときは、印鑑証明書や事業計画書といった書類の提示が求められる場合もあります。

急いで資金が必要なときに、審査に通過するかどうかもわからない状況で書類集めの時間をロスするのはどうしても避けたいところです。

クレジットカード現金化は本人確認のために身分証明書があれば申し込みができ、補助書類も必要ありません。

審査不要だからこそ注意すべきポイント

「クレジットカード現金化は審査が不要」という知識を身につけることは、悪質な業者から大切なクレジットカードの情報を守ることにつながります。

悪質な業者の中には、ホームページや広告で高換金率を提示しておきながら、後からさまざまな名目で手数料を請求して、利用者に不利な取引を持ちかける手口が報告されています。

その中には、本来のクレジットカード現金化は必要のない「審査料」や「調査料」といった名目の手数料を請求していた業者もあるようです。

現金化業者から「調査のために審査料をいただきます」などの案内を受けた場合は、十中八九悪質な業者と見て間違いありません。その場で申し込みを断るようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化に審査が必要ない理由、申し込みに必要な書類と注意点を解説しました。

「クレジットカード現金化は審査がないから入金が早い」というメリットだけでなく、「クレジットカード現金化は融資ではない」「申込者の返済能力を調査する必要がない」という知識を身につけておくことが大切です。

クレジットカード現金化に審査が必要ない理由を知っておくことが、引いては悪質な業者と取引をしてしまうリスクを避けることに繋がります。