クレジットカード現金化の「怖い」イメージとは?違法取引や悪質業者への対処法

「クレジットカード現金化って怪しい……」

「カードのショッピング枠をお金に変えるって違法じゃないの?」

クレジットカード現金化を初めて利用する方にとっては、上記のような漠然とした「怖い」イメージがあるのではないでしょうか?

実際に、カード現金化には悪質業者も多く、高利貸しや個人情報流出などトラブルも多数発生しています。

このような事例が「怖い」側面であることは間違いありませんが、その一方で、カード現金化は安心して、安全に利用することもできるのです。

今回はクレジットカード現金化が「怖い」とされるイメージの真偽を検証しながら、より安全に利用するためのポイントについて解説します。

クレジットカード現金化の「怖い」イメージ

クレジットカード現金化に「怖い」というイメージが付きまとうのはなぜでしょうか?

「怖い」と思われる要素と真偽を確かめてみましょう。

違法だから「怖い」

金融庁や弁護士会などが警戒を呼びかけているように、「カード現金化は違法である」とする声は少なくありません。

しかし、現在のところカード現金化の行為そのものを取り締まる法律はなく、業者と利用者の間で合意が得られていれば、客観的に見て非常に高い換金率で取引をしていたとしても、違法行為とはならないのです。

ただし、カード会社が規約で禁止している行為であることや、悪質なカード現金化業者も紛れ込んでいることなど、カード現金化はグレーゾーンな部分が多く、利用にあたっては慎重に検討すべきであることは間違いありません。

カード利用停止・強制解約になるから「怖い」

クレジットカード現金化を利用したことがカード会社にバレると、カードが使えなくなる、強制解約になって利用金額の一括返済を求められるという話があります。

これは真実です。

カード会社は規約で換金目的のカード利用を禁じており、クレジットカード現金化も例外ではありません。

とくに、「新幹線の回数券」や「金券」など、換金性の高い商品を大量に購入すると、カード会社に疑われやすくなります。

万が一、カード会社に現金化がバレてしまうと、利用規約違反となり、カード利用停止や強制解約、それに伴う利用金額の一括返済がペナルティーとして課されます。

ただし、ポイントは「カード会社に現金化がバレること」であり、カード現金化を利用すればただちにペナルティーが課されるわけではありません。

不正使用と疑わしいカード利用が合った場合、セキュリティーロックにより一時的にカードが使えなくなります。その後、カード会社から確認の電話がかかってくるので、換金目的のカード利用でないことを説明して納得してもらえると、カード利用が再開される可能性があります。

また、後述する「カードトラブル0件」の実績があるカード会社を利用すれば、カード利用停止・強制解約リスクを心配する必要がありません。

現金を騙し取られる可能性があるから「怖い」

クレジットカード現金化では、業者が指定する商品をクレジットカードで購入するプロセスが必要です。

指定された商品を購入したのに、その後のプロセスが行われず、現金が振り込まれなったという詐欺の事例があります。

これは典型的な悪質クレジットカード現金化業者の手口です。

クレジットカード現金化での商品の購入は、通販サイトなどでショッピングをすることと同じなので、現金化業者にカード情報を教える必要はありません。

そうであるにもかかわらず、カード番号やセキュリティー番号を聞かれたり、カードの表裏の画像を送るよう言われたりする場合は、相手が悪質な現金化業者である可能性が高いです。

返済できなければ強引な取立があるから「怖い」

現金化業者を利用し、業者が指定する商品をクレジットカードで購入したら、期日通りに商品の代金を返済する必要があります。

万が一、期日に返済できなければ、業者から強引な取り立てを受けることがあるのでしょうか?

答えは、そのような取立は一切ありません。

購入した商品の代金はクレジットカードが立て替えているのであり、クレジットカード現金化業者はあくまで、利用者が購入した商品を買取やキャッシュバックの形でお金に変えるサービスを行っているだけです。

ただし、期日に返済できなければ、当然ながらカード会社から請求や督促があります。

返済が滞納になれば、それこそカード利用停止や一括返済といったペナルティーを受ける可能性があるため、返済が難しい場合は早めにカード会社に相談しましょう。

個人情報が流出するから「怖い」

カード現金化の優良業者を利用すれば、個人情報が流出するようなトラブルはありません。

現金化業者に申し込みをする際、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの入力が求められます。

このような厳重な本人確認は、カード名義人以外の第三者による不正使用を防止するためであり、それ以外の目的で利用されることはありません。

しかし、違法な業者と取引をしてしまったばかりに、利用者の個人情報が悪用され、ヤミ金からダイレクトメールが送られてきたという事例もあるようです。

自己破産できないから「怖い」

一部では、クレジットカード現金化で多額の借金を背負ってしまったら、返済ができなくなった場合に自己破産の申請しても、裁判所に受理してもらえないという話があります。

クレジットカード現金化は、自己破産が認められない免責不許可事由に該当するものの、100パーセント自己破産ができないというものではありません。

裁判所で自己破産を認めてもらうためには、「破産手続」と「免責手続」という2つの手続をクリアーする必要があります。

免責不許可事由は免責手続で免責(=借金を免除にすること)の妨げになる要因であり、クレジットカード現金化のほか、浪費やギャンブルも該当します。

借金の理由にクレジットカード現金化があれば、免責手続で不利になることは間違いありませんが、免責不許可事由に該当する場合でも、裁判官が免責許可を出す「裁量免責」という制度を活用すれば、自己破産が認められる可能性があります。

安全なクレジットカード現金化業者を選べば怖くない!

クレジットカード現金化は、ショッピング枠をお金に変えるサービスであり、ヤミ金の高利貸しのような違法行為ではありません。

現金化業者に依頼する場合でも、適正な換金率で安全に配慮したサービスを提供する業者であれば、安心してクレジットカード現金化を行うことができます。

ここでは、安全なクレジットカード現金化業者の選び方を解説します。

「カードトラブル0件」の実績がある

カードトラブル0件」の実績がある現金化業者を選べば、カード利用停止や個人情報・カード情報流出など、カードトラブルの心配がありません。

たとえば、優良業者は決済代行サービスを利用し、換金目的でカードを利用した事実がカード会社にバレないように対策を講じています。また、本人確認の徹底により、カード名義人以外の第三者による不正使用の心配もありません。

現金化業者の実績はホームページに掲載されていますが、より安全性を高めるためにも、申し込み前に業者に電話するなどして、取引の安全性を確認するようにしましょう。

連絡先が固定電話かフリーダイヤルである

現金化業者のホームページで電話番号を確認して、固定電話かフリーダイヤルであれば、安全性が高いと言えます。

衛星電話(050~)や携帯電話(090~,080~)を連絡先設定している現金化業者は、本業とは別の業務として現金化を取り扱っているか、個人が窓口になっているかのいずれかの可能性があります。

口コミサイトや比較サイトの情報を参考にする

数年前に比べ、カード現金化業者の利用件数は増加しており、ネット上で利用者による口コミ・評判が多く見られるようになりました。

とくに、信頼性の高い口コミサイトや比較サイトの情報は精度が高く、優良業者選びの参考になります。

利用者のリアルな情報を参考に、適正な換金率、取引の安全性、丁寧な接客といった優良業者の条件を満たす業者を選びましょう。

クレジットカード現金化の安全性に関するQ&A

クレジットカード現金化の安全性に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.「適正な換金率」とは、何パーセントを基準にすれば良いですか?
A.現金化業者のホームページにある「最大換金率98.5%」といった高い換金率は、基本的に採用されません。現金化の取引では、決済手数料や消費税と言ったお金が利用金額から差し引かれるため、実質換金率の相場は70~80%です。実際の取引で採用される換金率については、事前に業者に確認するようにしましょう。
Q.自分でやる現金化よりも、現金化業者の方が安全な理由とは?
A.現金化業者は、利用者がカード会社に換金目的の利用がバレないように、しっかりと対策を講じているからです。具体的には、商品をカード決済で購入する際に、決済代行会社を経由しています。これにより、たとえ換金性の高い商品であっても、カード会社には購入内容がわかりづらく、現金化の利用が判断しにくくなります。 >>「カード事故0件」について詳しく見る
Q.実店舗の現金化業者と現金化サイトでは、どちらが安全ですか?
A.「実店舗だから」「ネットだから」、安全性が高い理由にはなりません。実店舗でも現金化サイトでも、悪質な業者が紛れ込んでいる可能性があります。現金化業者を選ぶ際は、必ず換金率が相場通りか、口コミ評価は高いか、スタッフの対応は丁寧かなど、さまざまな情報を精査するようにしましょう。
Q.カード現金化で利用者が罪に問われると怖いのですが?
A.厳密に言うと、カード現金化の利用者も、横領罪や詐欺罪に問われる可能性はあります。しかし、これまでに悪質な業者が、貸金業法違反や利息制限法違反などで摘発されることはあっても、利用者が摘発された事例はありません。

クレジットカード現金化は怖くないが注意は必要

クレジットカード現金化は、転売やキャッシュバックを応用してショッピング枠を現金化するサービスであり、優良業者を利用すれば「怖い」思いをすることはありません。

だからこそ、安全にカード現金化をするには、業者選びが重要です。

ここで改めて、業者選びのポイントを整理してみましょう。

安全なカード現金化業者を選ぶポイント
  • 「カードトラブル0件」の実績がある
  • 連絡先が固定電話かフリーダイヤルである
  • 口コミサイトや比較サイトの情報を参考にする

以上の情報はネットを活用すればすべて手に入れることができます。

より安全性を高めるには、候補に入れた現金化業者に連絡をして、実際の換金率やスタッフの対応を確認すると良いでしょう。

早急にお金が必要な状況に対応できるのがカード現金化の利点ですが、何よりも大事な「安全性」を重視して、現金化業者選びは慎重に行うことをおすすめします。