クレジットカード現金化は安全性を重視すべし!事故ゼロの優良業者の見極め方

クレジットカード現金化は安全性を重視すべし!事故ゼロの優良業者の見極め方 現金化優良サイト

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠さえあれば、短時間でまとまった現金が手に入れられる便利なサービスです。

一方で、家族に利用がバレてしまうリスクや、カード利用停止のリスク、悪徳業者と取引してしまうリスクも考慮しなければなりません。

高換金率での現金化も重要ですが、何よりリスクを最小限に抑え、安全に現金化の取引を行うことが重要です。

今回は初めて現金化を利用する人が、安全に取引のできる優良業者を見極めるためにやるべきことをお伝えします。

安全な優良現金化業者の共通点

安全な優良現金化業者はどのような特徴があるのでしょうか?先のランキングトップ5社に共通するポイントをご紹介します。

実際の換金率が80%以上

現金化業者のホームページには「最大換金率○%」「換気率最高○%」というように、他社よりも高換金率という謳い文句が並んでいますが、実際の換金率が98%を超えるような高換金率になることはありません。

商品購入の際の消費税、クレジットカード決済の際の決済手数料、換金した現金を振り込む際の振込手数料といったコストがかかるからです。

これら手数料が現金化業者のホームページに提示されている換金率から差し引かれると、実際の換金率は80~90%です。

より安全に現金化の取引を行いたい場合は、申し込みの前に現金化業者に見積もりを依頼しましょう。

高換金率を謳っておきながら、実際の換金率が70%を下回るような業者は悪徳業者と考えて差し支えありません。

また優良業者の中には「最低○%保証」として、実際の換金率を正直に提示しているところもあります。

>>「クレジットカード現金化の実際の換金率」について詳しく見る

カード事故ゼロ

クレジットカード各社は換金目的のカード利用を規約違反としており、万が一発覚した場合は利用停止(一括返済)となるおそれがあります。

現金化業者も利用者のリスクを考慮し、「カード事故ゼロ」に取り組んでいます。

たとえば、新幹線の回数券や金券などの換金性の高い商品の購入はクレジットカード会社が警戒するため、低リスクな独自の商品を指定するなどして対策が講じられています。

カード利用停止のリスクを最小限に抑えるためにも、「カード事故ゼロ」の実績があり、具体的な対策を講じている現金化業者を選ぶことが重要です。

個人情報の徹底管理・秘密厳守

クレジットカード現金化を利用する際は、本人確認のために身分証明書の提示が必要です。

本人確認では氏名、住所、電話番号、メールアドレス等を提示することとなりますが、それら個人情報が流出しないように、現金化業者側で徹底管理・保護されていなければなりません。

さらに、「クレジットカード現金化を家族に知られたくない」という人のために、秘密厳守も徹底されていることが条件となります。

優良現金化業者であれば、商品の発送で利用者の家族にバレないように配慮したり、家族や職場からお問い合わせがあったりしても、守秘義務を徹底して第三者に口外することはありません。

スタッフの丁寧な対応

優良現金化業者のスタッフは、急な支払いや事業の資金繰りに悩む利用者に寄り添い、利用者にとって最適なプランを提案してくれます。

長年にわたって良好な取引実績がある業者であれば、利用者のさまざまな悩みに親身になって対応してくれることでしょう。

逆に、悪質な業者は利用者の弱みにつけ込み、不利な取引を持ちかけてきます。

スタッフの対応が丁寧かどうかは、申し込み後の業者の電話対応で必ず確認するようにしましょう。

インターネットで手続きが完結

現在のクレジットカード現金化の主流はインターネット型です。

優良現金化業者は、利用者の「なるべく早めに現金がほしい」「秘密厳守で取引したい」という要望を汲み、申し込みから契約までの手続きをすべてスマホやパソコンだけで完結できるようにしています。

一方で、利用者が来店して取引をする店舗型の現金化業者もあります。こちらは「利用者自ら足を運ぶ必要がある」「業者が指定する店舗で商品を購入する」といった手間がかかるものの、スタッフと対面で取引ができるという安心感はあります。

安全な優良現金化業者の見極め方

優良現金化業者の特徴がわかったところで、初めて現金化を利用する人が安全な優良現金化業者を見極めるには、具体的にどのような行動をとれば良いのでしょうか?

3つのSTEPをご紹介します。

業者のホームページを確認する|STEP1

気になる現金化業者があれば、会社名をインターネットで検索してホームページを確認しましょう。

ホームページを閲覧するときに注目すべきポイントは

  • 換金率
  • 現金化の手順
  • カード事故への対応
  • 過去の実績
  • 会社概要

です。

たとえば、「高換金率」の謳い文句だけで具体的な換金率表や最低保証などを載せていない業者は、実際の換金率がホームページで提示している換金率と異なるケースが多いです。

他にも、会社所在地が建物名まで記載されているか、代表者名は姓名がきちんと記載されているかも、優良業者かどうかを見極めるポイントとなります。

口コミサイトの評価を確認する|STEP2

次に、現金化業者に対する客観的な意見や評判を見るために、口コミサイトの評価を確認しましょう。

口コミサイトでは実際に利用した経験のある人のコメント、換金率やスタッフの対応などの総合的な評価をチェックします。

優良現金化業者であれば、口コミサイトの評価が高く、利用者のコメントでもサービスを支持する意見が多く掲載されているでしょう。

ホームページではさも安全な取引を行っているような記載がありながら、口コミサイトの客観的な評価が低いような現金化業者は要注意です。

申し込み前に見積もりを依頼する|STEP3

より慎重に現金化の取引を行うのであれば、申し込み前に見積もりを依頼することをおすすめします。

見積もりでは、

  • 実際の換金率
  • 手数料の内訳
  • 最終的な入金額
  • カード事故の具体的な対策

を問い合わせましょう。

優良現金化業者であればスタッフが丁寧に、利用者の側に立った対応をしてくれます。

一方で、具体的な数字で教えてくれない、本来現金化には必要のない審査を持ちかけてくるようであれば、悪質な業者と見て間違いありません。

自分で現金化と現金化業者の利用はどちらが安全か?

「現金化業者は信頼できない。自分で現金化したほうが安全」という意見もあるでしょう。

では、自分でクレジットカード現金化をする場合と業者を利用する場合では、どちらがより安全なのでしょうか?

安全性を最優先とするなら、現金化業者を利用すべきです。

実際に自分で現金化をやってみた人の体験談では、新幹線の回数券など換金性の高い商品を連続購入してしまってカード利用停止になったり、実際の換金率が70%を下回ったりと、失敗談の枚挙に暇がありません。

リスクを最小限に抑え、なおかつ高い水準の換金率で現金化することを考えると、事故防止のノウハウがあり、短時間で安全に現金化ができる業者を利用すべきです。

まとめ

安全性を第一に考えたクレジットカード現金化を実現するには、

  • 自分で行うのではなく、現金化業者を利用する
  • 優良現金化業者を見極める

以上の2点がマストです。

とくに初めてクレジットカード現金化を利用する人にとっては、経験がないことゆえに不安も大きいでしょう。

だからこそ、口コミサイトの客観的な評価を参考に、優良店見極めのポイントを押さえた業者選びが大切です。