クレジットカード現金化の実店舗型ってどうなの?ネット型と比較して解説

クレジットカード現金化の実店舗型ってどうなの?ネット型と比較して解説 現金化の方法

駅前や街中で「カードでお金」という看板を見たことはありませんか?

一見するとどんな業者なのかわかりづらいですが、その正体はクレジットカードのショッピング枠を現金化する「クレジットカード現金化業者」の店舗の広告です。

クレジットカード現金化といえば現在はインターネット上のサイトで申し込みをして、電話やメールでやり取りをした後に現金が振り込まれるネット型が主流ですが、古くからの実店舗型も営業を続けています。

実店舗型のクレジットカード現金化業者は、無店舗型と比べて何が違うのでしょうか、またどのようなところがメリットなのでしょうか。

今回は実店舗型のカード現金化業者の基礎知識やネット型との違い、メリットとデメリットについて解説します。

クレジットカード現金化業者の実店舗型とネット型の違い

実店舗型もネット型も、クレジットカードのキャッシング枠を現金化するサービスを提供している点は同じですが、現金化するプロセスにおいて次のような違いがあります。

現金化の方式商品の購入先
実店舗型商品買取方式店舗近隣の金券ショップ等
ネット型商品買取方式、キャッシュバック方式ネットショップ、ECサイト等

実店舗型の現金化の方式は、利用者がクレジットカードで購入した商品を業者が買い取り、その買取代金を手渡しする「商品買取り方式」です。また、現金化する商品は現金化業者の店舗の近隣にある金券ショップやJRみどりの窓口等で購入します。

クレジットカード現金化を合法取引とするには、利用者と現金化業者が商品の売買を行うこと、現金化業者が指定する商品の購入先が、現金化業者とは関連のない業者であることが絶対条件です。

つまり、パチンコ店のような「三店方式」が必要となるため、店舗型の現金化業者は三店方式の商品買取を採用しています。

実店舗型で現金を受けとるまでの流れ

実店舗のクレジットカード現金化を利用したことがない方にとっては、どのような流れで現金を受け取ることができるのか、イメージしづらいのではないでしょうか。

ここでは実店舗型の現金化業者に来店して現金を受け取るまでの流れを解説します。

SETP1:来店・申し込み

手元に利用者本人名義のクレジットカードと本人確認書類を持参して、現金化業者に来店して申し込みをします。

申し込みに必要な本人確認書類は次のようなものが該当します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • マイナンバーカード
  • 住基カード
  • 年金手帳

カード不正利用防止のため、あるいは商品の買取時に本人確認が法律で義務付けられているため、本人確認書類の提出は必須です。

店舗のスタッフに「カード現金化を申し込みたいのですが」と伝えれば、申し込みや商品の買取について丁寧に説明してくれるでしょう。

STEP2:希望金額と商品の選定

次に、クレジットカードのショッピング枠の残高から現金化したい金額を伝え、利用金額に応じた商品を選定します。

店舗型の現金化業者では、次のような商品が指定されています。

  • 新幹線の回数券
  • クオカード
  • 金券類

これらはすべて換金率の高い商品で、現金化業者の店舗の近くで購入します。利用者がクレジットカードで購入した商品を現金化業者が買い取り、独自の換金率(買取率)をかけた分が利用金額として現金で支払われます。

STEP3:商品の購入

利用金額に応じた商品をクレジットカードで購入します。

たとえば、換金率75%で営業している現金化業者に、利用者が100,000円の現金化を希望した場合、業者の指定する商品が「東京~博多の新幹線の回数券6枚綴り【130,560円】」だったとして、これに換金率をかけた【97,920円】が実際に受け取れる金額となります。

現金を受け取ったら手続きは完了です。早ければ来店から10~15分ほどで現金を受け取ることができます。

実店舗型の現金化業者を利用するメリット

実店舗型の現金化業者を利用した場合に得られるメリットをご紹介します。

現金受け取りまでのスピードが早い

ネット型のカード現金化の場合、ホームページから申し込みをした後にオペレーターから電話があるまで、現金が指定の口座に振り込まれるまでに、どうしてもタイムラグが発生します。

実店舗型の場合は対面でのやりとりとなりますので、ネット型のようなタイムラグが発生しません。申し込みや商品の売買でわからないところはスタッフに聞いて解決することができます。

現金の受け渡しも手渡しで行われるため、振込手続きの手間と時間が省けます。

常駐のスタッフが居るという安心感

実店舗型の現金化業者の場合、常駐のスタッフと直接対面で交渉することができます。

対面で交渉することにより、

  • 心情に訴えかけ、有利な条件を引き出せる
  • 利用者に不利益な条件を提示されにくい

といったメリットが得られます。

対面式であることで不正が働きにくく、利用者が自身の不安や悩みを訴えやすい環境が整えられるため、ネット型よりも両者の信頼関係を形成することができます。

とくに個人経営の現金化業者は、利用者の経済状況を汲んだ取引や交渉を行ってくれる傾向にあるようです。

実店舗型の現金化業者を利用するデメリット

「駅前に店舗があるし、看板も出しているから安心」とは言えません。実店舗型の現金化業者にはデメリットもあります。

カード利用停止のリスクが高い

実店舗型の現金化で購入する商品として、新幹線の回数券や金券、ブランド品といった換金性の高い商品が指定されることが多いようです。

これら換金性の高い商品をクレジットカードで購入する行為は、クレジットカード会社が「現金化目的のカード利用の疑いがある」として厳しい監視の目を向けています。

そのため、高額な商品を何度も購入するとクレジットカード利用停止になるリスクが非常に高くなってしまいます。

すでにキャッシング枠をいっぱいに使っていたり、新規発行のカードで現金化を行ったりすると、カード会社から現金化目的のカード利用を疑われるリスクが高くなるため注意しましょう。

>>「カード利用停止のリスク」について詳しく見る

換金率が低い

ネット型の現金化業者の換金率相場が75~85%であるのに対し、実店舗型の換金率相場は70~75%と低めです。

換金率が低くなっている要因の一つに、実店舗型の現金化業者が営業を続けていくには、当然ながら家賃や光熱費といった経費がかかることが挙げられます。実店舗型の現金化業者は必要経費を払いながら利益を上げるために、換金率を低くせざるを得ないという事情があるのです。

家族や知り合いに見つかる可能性がある

実店舗型の現金化業者を利用するには、利用者自身が来店しなければならず、また指定された商品を近隣の金券ショップやJRみどりの窓口等で利用者自身が購入しなければなりません。

利用者自身が現金化業者の店舗を出入りすることになるため、家族や知り合いに現場を目撃される可能性があります。

「誰にも知られずに現金を手に入れたい」という人は、実店舗型の業者よりもネット型の業者の方がバレる確率は低くなります。

安全性を第一に考えるならネット型の現金化業者がおすすめ

実店舗型の現金化業者は現金が手渡しのためスピードが早い、店舗にスタッフがいるため交渉しやすいというメリットがある一方、最も気をつけなければならない「カード利用停止リスク」が高いというデメリットがあります。

さらに、駅前で営業していて看板も出している現金化業者がすべて安全とも限りません。過去には実店舗型の現金化を営業していた経営者が、高金利の貸付や実態のない取引を行っていたとして、出資法違反の容疑で逮捕されたケースもあります。

より安全性を重視するなら、ネット型の現金化業者がおすすめです。

ネット型は換金率が高く、24時間対応、スマホやパソコンがあればいつでも利用することができます。

安全性の高さや過去の実績を現金化業者のホームページや口コミサイト等で確認、事前に見積もりを取ってどの業者を利用するか検討されることをおすすめします。