【最新】今すぐお金を借りる方法!24時間以内~1週間以内で個人・事業用のお金を調達

「急な出費で給料日まで生活費がもたない」

「明日までに支払いを済ませなければならないが、手元の現金が足りない」

「コロナの影響で売上が減ったので、どこからか事業資金を借りる必要がある」

この記事では、今すぐお金が必要なときに役立つ方法をご紹介します。

また、今はお金が足りている状況でもいくつかの借入先を持っておくことは、「転ばぬ先の杖」としていざというときに役立ちます。

  1. 消費者金融系カードローン|24時間以内に借りる①
    1. 消費者金融系カードローンのメリット
    2. 消費者金融系カードローンのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの消費者金融系カードローン
  2. 質入れ|24時間以内に借りる②
    1. 質入れのメリット
    2. 質入れのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの質入れサービス
  3. LINEポケットマネー|24時間以内に借りる③
    1. LINEポケットマネーのメリット
    2. LINEポケットマネーのデメリット
  4. クレジットカード現金化|24時間以内に借りる④
    1. クレジットカード現金化のメリット
    2. クレジットカード現金化のデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめのクレジットカード現金化業者
  5. スマホのキャリア決済|24時間以内に借りる⑤
    1. キャリア決済のメリット
    2. キャリア決済のデメリット
  6. バンドルカード|24時間以内に借りる⑥
    1. バンドルカードのメリット
    2. バンドルカードのデメリット
  7. 【事業者向け】2社間ファクタリング|24時間以内に借りる⑦
    1. 2社間ファクタリングのメリット
    2. 2社間ファクタリングのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの2社間ファクタリング
  8. 【事業者向け】手形割引(専門会社)|24時間以内に借りる⑧
    1. 手形割引(専門会社)のメリット
    2. 手形割引(専門会社)のデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの割引業者
  9. 信販会社系カードローン|3日以内に借りる①
    1. 信販会社系カードローンのメリット
    2. 信販会社系カードローンのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの信販会社系カードローン
  10. 銀行系カードローン|3日以内に借りる②
    1. 銀行系カードローンのメリット
    2. 銀行系カードローンのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの銀行系カードローン
  11. クレジットカードのキャッシングを利用|3日以内に借りる③
    1. クレジットカードのキャッシングのメリット
    2. クレジットカードのキャッシングのデメリット
  12. 不動産担保ローン(独立系専門会社)|3日以内に借りる④
    1. 不動産担保ローン(独立系専門会社)のメリット
    2. 不動産担保ローン(独立系専門会社)のデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめの不動産担保ローン(独立系専門会社)
  13. 生命保険の契約者貸付制度|3日以内にお金を借りる⑤
    1. 契約者貸付制度のメリット
    2. 契約者貸付制度のデメリット
  14. 家族・知人からお金を借りる|3日以内にお金を借りる⑥
    1. 家族・知人からお金を借りるメリット
    2. 家族・知人からお金を借りるデメリット
  15. 年金受給者向けローン|3日以内に借りる⑦
    1. 年金受給者向けローンのメリット
    2. 年金受給者向けローンのデメリット
  16. フリーローン|1週間以内に借りる①
    1. フリーローンのメリット
    2. フリーローンのデメリット
    3. 今すぐお金を借りたい方におすすめのフリーローン
  17. 【事業者向け】3社間ファクタリング|1週間以内に借りる②
    1. 3社間ファクタリングのメリット
    2. 3社間ファクタリングのデメリット
  18. 【事業者向け】日本政策金融公庫で借りる|2~3週間以内に借りる
    1. 日本政策金融公庫のメリット
    2. 日本政策金融公庫のデメリット
  19. 今すぐ借りるときはスピードと金利・手数料を検討しよう

消費者金融系カードローン|24時間以内に借りる①

利用条件
  • 満20歳以上69歳まで
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
金利・手数料年3.0%~18.0%
借りられる金額のめやす1万円~100万円
返済期間1ヶ月~10年(1回~120回)
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

消費者金融系のカードローンは、24時間365日WEB完結で申込みが可能、最短30分で審査結果がわかり、1時間以内にまとまったお金が借りられます。

審査によって決められた極度額(枠)の範囲内で繰り返し借入・返済ができる「当座貸越」であり、急ぎでお金が必要なときはもちろん、万が一の備えとして持っておくのもおすすめです。

収入や返済能力にもよりますが、初めて利用される方は平均して30万円を年18.0%の金利で借りられます。

繰り返し利用して良好な利用履歴(クレヒス)を積めば、借入額の増額や金利の引下げが可能です。

消費者金融系カードローンのメリット

消費者金融系カードローン最大のメリットは、最短即日でまとまったお金が借りられることです。

申し込む消費者金融会社や混雑状況などにもよりますが、たとえば大手消費者金融会社の「プロミス」は申込みから最短30分で審査結果の通知、その後すぐに専用アプリを使ってコンビニATMからお金を引き出すことができます。

少額利用であれば、免許証やパスポートなど本人確認書類のみで申込み可能ですが、借入額や他社利用状況によっては収入証明書の提出が必要です。

消費者金融系カードローンのデメリット

消費者金融系カードローンのデメリットは、他の借入の方法に比べて金利が高いことです。

ローンの金利の上限は、利息制限法という法律で以下のように規定されています。

元本が10万円未満の場合年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合年18%
元本が100万円以上の場合年15%

たとえば、借入額300,000円・12回返済・金利18%で借りた場合、月々の返済額は27,503円(最終月27,511円)、総返済額は330,044円(うち利息30,044円)です。

借入件数が増えたり、借入額が大きくなったりすると、月々の収入が返済額にあてる分で圧迫されてしまい、最悪の場合はいわゆる「カード破産」に陥ってしまいます。

消費者が返済能力を超える貸付けで苦しまないように、法律では年収の3分の1を超える貸付けを禁止する「総量規制」が定められています。

したがって、すでに他社からの借入がある方はもちろん、初めてカードローンを利用する方も、総量規制を超える借入はできません。

今すぐお金を借りたい方におすすめの消費者金融系カードローン

プロミスの「アプリローン」

融資額500万円まで
金利4.5%~17.8%(実質年率)
返済期間最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
融資までのスピード最短1時間

プロミスのアプリローンは、手持ちのスマホに専用アプリをダウンロード、来店不要で申込みから借入れまでスマホで完結するサービスです。融資実行まで最短1時間、カードレスなので申込み後すぐにお金が借りられます。

アイフルの「キャッシングローン」

融資額800万円以内
金利3.0%~18.0%(実質年率)
返済期間借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
融資までのスピード最短1時間

アイフルのカードローンは申込みから返済までがWEBで完結、カードを受け取る前に振込で希望金額を受け取ることができます。初めての場合は最大30日間利息0円で借りられるため、「1ヶ月以内にまとまったお金が入ってくるが、今すぐお金が必要」という状況で活用したいサービスです。

アコムの「カードローン専用アコムカード」

融資額800万円まで
金利3.0%~18.0%(実質年率)
返済期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
融資までのスピード即日

アコムのカードローンはインターネット、店頭窓口・自動契約機(むじんくん)からの申込みで即日借入が可能です。同社のホームページでは年齢、年収、借入状況を入力することで借入可能か3秒で診断できる無料の診断ツールが利用できます。

質入れ|24時間以内に借りる②

利用条件質入れできる品物を持っている
金利・手数料月1.0%~10.0%
借りられる金額のめやす1万円未満~1,000万円
返済期間1ヶ月~3ヶ月
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

質入れとは、ブランドのバッグや財布、高級時計、ジュエリー、貴金属などの品物(質草)を担保に、質屋から一定の金利でお金を借りることです。

質屋が品物を担保にお金を融資するシステムを「質預かり」といい、個人の信用によってお金を融資するキャッシングとは異なります。

したがって、信用情報や総量規制で借りられない場合でも、質入れできる品物があればお金を借りることができます。

最寄りの質屋の店舗に品物を持ち込めばその場で査定、即日融資も可能です。

通常3ヶ月の預かり期限内に元金と利息を支払えば、質入れした品物は返却されます。

品物が不要な場合は支払いをせず、そのまま買い取り(質流れ)してもらうこともでき、また利息を支払い続けて預り期間を延長することもできます。

質入れのメリット

質入れのメリットは、信用情報や返済能力の問題で金融機関からの借入ができない人でもお金を借りられることです。

キャッシングやローンは審査時に個人信用情報を調査したうえで、個人の信用を担保にお金を借ります。

一方の質入れは品物を担保にお金を借りるため、個人の信用や返済能力は借入の可否に関係ありません。

さらに、質で借りるお金は総量規制の対象外です。

すでに総量規制いっぱいまで借入している方でも、質入れでお金を借りることができます。

質入れのデメリット

質入れは品物の価値が借りられる金額を左右するため、希望金額を借りられるかどうか査定してみないとわかりません。

たとえば100万円で購入した高級腕時計を質入れしたところ、コンディションや市場のニーズから10万円の査定額しかつかないということも考えられます。

質屋のホームページでは過去の買取実績や査定額を高くするポイントなどが公開されているため、質入れする前の参考にすると良いでしょう。

今すぐお金を借りたい方におすすめの質入れサービス

大黒屋

大黒屋質盛岡大通店

融資額10万円未満1,000万円以上
金利月0.95~1.50%
返済期間3ヶ月~
融資までのスピード即日

大黒屋は全国に230店舗を構える大手質屋チェーンです。おもにブランドバッグ、腕時計、ジュエリー、貴金属、Apple社製品の質預かり、買い取りに力を入れています。どこよりも高額査定を打ち出しており、10万円以上は月1.5%で、100万円以上は月1.25%の利息で即日お金を借りることができます。

かんてい局

融資額査定額による
金利査定額による
返済期間3ヶ月
融資までのスピード即日

かんてい局は全国に60店舗以上を構える質店です。業界トップレベルの豊富な販売ルートを持ち、高価買取を実現しています。最寄りの店舗に宝石・貴金属・時計・ブランド品といった品物を持ち込めば、その場で査定額が提示され、すぐにお金を借りることができます。

LINEポケットマネー|24時間以内に借りる③

利用条件満20歳以上かつ、日本国内在住の方
金利・手数料年3.0~18.0%
借りられる金額のめやす5万円~300万円
返済期間

30万円以下:1ヶ月~36ヶ月(1回~36回)

30万円超100万円以下:1ヶ月~60ヶ月(1回~60回)

100万円超:1ヶ月~120ヶ月(1回~120回)

借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

LINEポケットマネーは、チャットアプリで知られるLINEが提供する無担保ローンです。

申込みにあたっては「LINE Score」という独自のスコアリングシステムと、決済サービス「LINE Pay」への登録が必要となります。

LINE Scoreの点数によって金利と限度額が通知されると契約に進むことができます。借入はLINE Payにチャージしてコード決済やLINE Payカードとして支払うことができます。

LINE Payの残高は銀行口座に出金することもできますが、所定の銀行口座出金手数料がかかります。

LINEポケットマネーのメリット

LINEラインポケットマネーは従来の与信審査に加え、LINEの利用状況などから算出されるLINE Scoreをもとに、融資可否や金利、利用可能額が判断されます。

LINE Scoreを併用することで従来よりも正確に与信審査ができるため、従来の融資審査では借りることが難しかった自営業者やフリーランスの方なども、LINEポケットマネーで借入れができる可能性があります。

LINEポケットマネーのデメリット

普段からLINEを使用している方でなければ、LINEポケットマネーで融資を受けることは難しいと考えられます。

LINEポケットマネーの融資可否を判断するにあたって、LINE Scoreでユーザーの信用度を点数化する審査が実施されます。

LINE Scoreの点数は、

  • ライフスタイルに関する15の質問に答える
  • 本人確認を行う
  • LINE 家計簿を継続して使う

の3つの方法で上げることができるとされています。

なお、LINE Scoreの点数がどのくらいなら融資可なのか、金利と利用可能額がいくらになるかは公表されていません。

クレジットカード現金化|24時間以内に借りる④

利用条件
  • 自分名義のクレジットカードを所持している
  • ショッピング枠の残高がある
換金率(還元率)70~80%(実質換金率)
借りられる金額のめやす5万円~300万円
返済期間1ヶ月(次回クレジットカードの引き落とし日まで)
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を作る方法のことです。

その方法は「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類に分けられます。

買取方式とは、クレジットカードを使って換金率の高い商品を買い、その商品を買取業者に売って現金を得る方法です。

一方のキャッシュバック方式とは、現金化業者が指定する商品を購入、その商品の購入特典として現金をキャッシュバックしてもらう方法です。

あくまでクレジットカードのショッピングを応用した方法であり、キャッシングやローンといったお金を借りる行為とイコールではありませんが、いずれもクレジットカードのショッピング枠の残高を上限としてお金を作ることができます。

クレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化は自分で選んだ商品を購入、その商品を転売するという方法でもお金を作ることもできますが、おすすめは専門の現金化業者の利用です。

現金化業者を利用すればすべての手続きがネットで完結、来店不要・審査なし・最短即日でお金を作ることができます。

さらに、クレジットカード現金化はあくまでもショッピングであり、キャッシングやローンといった融資と異なる方法ですので、総量規制の対象外で信用情報にも影響がありません。

 

 

クレジットカード現金化のデメリット

クレジットカード現金化業者を利用した場合、ショッピングの利用金額に一定の換金率(還元率)を乗じた金額が、利用者が受け取ることのできる現金の額となります。

たとえば、還元率が75%で6万円の商品を購入した場合、キャッシュバックで受け取れる実際の金額は、

6万円 × 75% = 4万5,000円 (1万5,000円が現金化業者の利益となる)

となります。

キャッシングやローンの金利と比べると換金率で差し引かれる金額が非常に大きく、無計画な現金化はカード破産の原因となります。

現金化業者の中には、ホームページや広告で高換金率をうたっておきながら、実際の取引では換金率以外に手数料や税金などを請求する悪質な業者も存在しているので注意が必要です。

さらに、クレジットカード現金化はカード会社が利用規約で禁止する「換金目的のカード利用」に該当します。

万が一、カード会社にクレジットカード現金化を利用した事実が発覚すると、カード利用停止や強制解約といったペナルティーが課されるリスクがあります。

 

 

今すぐお金を借りたい方におすすめのクレジットカード現金化業者

Answer(アンサー)

利用限度額5,000円~
換金率(還元率)80~92%
返済期間
現金化までのスピード最短5分

Answer(アンサー)は、「業界唯一絶対に下がらない換金率」「手数料完全0円」を掲げ、利用金額に応じて80~92%の高換金率を保証している現金化業者です。

「高換金率をうたっていたのに、手数料を請求されて受け取れる金額が少なくなった」といったことがないため、見積もりで提示された換金率にて、安心して取引ができます。

また、カード利用停止率0%の安全性を確保しており、カードトラブルも14年の運営実績でゼロなので、初めてカード現金化を利用する方も安心です。

ゼロスタイル

利用限度額1万円~
換金率(還元率)88~99.2%
返済期間
現金化までのスピード最短5分

ゼロスタイルは運営実績は16年、月間利用者3,000人以上、リピート率93.4%と、実績も納得の優良現金化サイトです。

同社の現金化サービスは手数料ゼロ、業界最高水準の88~99.2%の換金率を実現しています。

クレームもゼロ件で取引の安全性が担保されており、診断や見積もりも無料で可能なところから、非常に健全で顧客目線の営業スタイルを貫いていると言えるでしょう。

どんなときも。クレジット

利用限度額1万円~
換金率(還元率)91~98%
返済期間
現金化までのスピード最短5分

どんなときも。クレジットは、見積もりで決められた換金率を契約でも採用、無駄な手数料を排除した顧客フレンドリーの現金化サービスを提供しています。

5万円以上の利用で最大換金率90%台を適用している現金化業者は、同社を含めてもわずかしかありません。

さらに、全ての申込者が対象のキャンペーンをリヨすうれば、利用金額に関わらず1万円、20万円以上なら2万円がキャッシュバックされます。

スマホのキャリア決済|24時間以内に借りる⑤

利用条件特になし
金利・手数料なし
借りられる金額のめやす【ドコモ】1,000円~10万円

【au】1,000円~10万円

【ソフトバンク】1,000円~10万円

返済期間1ヶ月
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

スマホのキャリア決済とは、ショッピングの代金を月々のスマホの通信料金と合算して支払うことができるサービスのことです。

ドコモ、au、ソフトバンクと契約したスマホを所持していて、毎月のスマホの通信料金を滞納なく支払っていれば、キャリア決済利用枠の範囲内でショッピングの決済手段として使うことができます。

キャリア決済のメリット

キャリア決済はドコモ、au、ソフトバンクのいずれかのキャリアとある程度の契約期間があり、月々のスマホ料金を滞納なく支払っていればだれでも利用できます。

おもにネット通販やWebサービスなど、オンラインでの決済に利用されています。

キャリア決済のデメリット

キャリア決済はネット通販やWebサービスなど、購入機会を逃したくないときに役立つサービスですが、あくまでキャッシュレスの決済手段のひとつであり、実際に現金が借りられるわけではありません。

キャリア決済を利用して現金を手にするには、「キャリア決済現金化」という方法を検討してみましょう。

 

 

バンドルカード|24時間以内に借りる⑥

利用条件特になし
金利・手数料3,000円〜10,000円の場合: 510円
11,000円〜20,000円の場合: 815円
21,000円〜30,000円の場合: 1,170円
31,000円〜40,000円の場合: 1,525円
41,000円〜50,000円の場合: 1,830円
借りられる金額のめやす3,000円~50,000円
返済期間1ヶ月
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

バンドルカードは審査不要でだれでも気軽に発行ができるチャージ型プリペイド(前払い)カード、アプリです。

あらかじめチャージしておけばVISA加盟店で現金やクレジットカードの代わりに決済することができます。

バンドルカードには実店舗でも使えるカードタイプの「リアルカード」、スマホにダウンロードして使用するアプリタイプの「バーチャルカード」の2種類があります。

アプリタイプに申し込んで「ポチっとチャージ」あるいは「ドコモ払い」という機能を使えば、発行したその日のうちに5,000円までチャージすることができます。

バンドルカードのメリット

バンドルカードはだれでも審査不要で即日発行ができ(アプリタイプの場合)、「ポチッとチャージ」か「ドコモ払い」を使えば、クレジットカードや現金がなくてもすぐにチャージして決済に利用できます。

ポチッとチャージは後払い式のチャージ方法で、初回は5,000円までチャージできます。

ドコモ払いはdocomoのキャリア決済(ケータイ払い)サービスで、チャージした分は月々の携帯料金と一緒に支払います。

バンドルカードのデメリット

バンドルカードじたいは現金を借りるわけではないため、たとえば料金の支払いや借入金の返済などにあてることはできません。

チャージした分の金額を現金にするには、バンドルカード現金化という方法を利用しましょう。

 

 

また、1日のチャージ限度額が50,000円までです。

それ以上のお金が必要な場合には、別の方法を検討する必要があります。

【事業者向け】2社間ファクタリング|24時間以内に借りる⑦

利用条件入金前の売掛債権がある法人・個人事業主
金利・手数料【非対面】2~9%

【対面】10~20%

現金化できる金額のめやす10万円~5,000万円
返済期間売掛債権の回収期日まで
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

ファクタリングは厳密に言うとお金を借りる借入とは異なりますが、入金前の売掛債権や請求書をファクタリング会社に買い取ってもらい、早期に現金化するサービスです。

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社(ファクター)の2社間で契約が成立するため、売掛先(取引会社、クライアント等)への通知および同意を必要とせず、最短即日で売掛債権を現金に替えることができます。

また、2社間ファクタリングのファクターには、非対面のサービスを提供する会社と対面のサービスを提供する会社の2種類があります。

非対面サービスは申込みから振込までがオンラインで完結するため、ファクタリング手数料を低めに抑えてあります。

一方の対面サービスは契約を結ぶにあたって、ファクタリング会社との面談が必要です。

非対面に比べて手数料が高めに設定してありますが、ファクタリング会社の提供する無償の財務コンサルティングサービスにより、資金繰り改善や事業再生の支援を受けることができます。

2社間ファクタリングのメリット

2社間ファクタリングのメリットは、売掛先の同意が不要、最短即日で売掛債権を現金化できることです。

売掛先および取引銀行へファクタリング利用の事実が知られることがないため、「資金繰りが苦しいことを疑われて、取引に悪影響が出る」といった不安が解消されます。

すべての手続きがオンラインで完結する非対面サービスであれば、ファクタリング会社への来店やファクタリング会社の担当者の訪問を待つ必要もなく、申込みから数時間で現金化ができます。

一方の対面サービスは必ず面談が必要となるため、あらかじめ必要書類を揃えておき、当日の午前中までに申し込みを済ませておく必要があります。

さらに、ファクタリングは償還請求権のないノンリコース契約です。

万が一、売掛先が倒産して売掛債権が期日通りに支払われなかったとしても、利用者に買い戻し義務はありません。

つまり、売掛先の債務不履行リスクを回避するための保険としても利用できるのです。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングは売掛先の同意を必要としない性質上、利用者は期日になったらいつもどおり売掛先から売掛債権を回収、1日以内にファクタリング会社に売掛債権を支払わなければなりません。

このときに、売掛先から振り込まれた売掛債権が別の用途で使われてしまうと、ファクタリング会社は提供した資金を回収できないことになります(使い込みリスクと言います)。

したがって、2社間ファクタリングは対面サービスで売掛債権の額面に対し10~20%という高めの手数料が設定されています。

今すぐお金を借りたい方におすすめの2社間ファクタリング

OLTA

買取限度額上限なし
手数料2~9%
返済期間
現金化までのスピード即日

OLTAはオンライン完結型の「クラウドファクタリング」で入金待ちの請求書を即日現金化するサービスを提供しています。

事前にOLTAのアカウントを作成しておけばいつでも請求書の現金化ができ、なおかつオンライン完結なので面談も不要です。

手数料は諸経費などすべて込みで、対面サービスのファクタリングよりも遥かに低い2~9%を実現しています。

ビートレーディング

買取限度額10万円~数億円
手数料【2社間】10~20%
返済期間
現金化までのスピード即日

ビートレーディングは2012年創業でファクタリング業界のリーディングカンパニーとも呼ぶべき老舗です。

全国に4店舗を展開する事業規模もさながら、業界トップクラスの買取実績があり、多くの中小企業・個人事業主の資金調達の相談先として高い支持を得ています。

申込みから入金までは最短で12時間となっているため、必要書類を揃えて当日の午前中までに申込みを済ませておきましょう。

ベストファクター

買取限度額25万円~2,500万円
手数料【2社間】10~20%
返済期間
現金化までのスピード即日

ベストファクターは2018年創業と業界では後発ながら、着実にファクタリングの買取実績を積んできています。

同社の財務コンサルティングサービスには定評があり、過去にコンサルを受けた会社のうち70%がキャッシュフロー改善、60%が企業価値改善という成果を残しています。

ファクタリングによる早期の資金調達に加え、自社の資金繰り改善も図りたい事業者の方におすすめです。

【事業者向け】手形割引(専門会社)|24時間以内に借りる⑧

利用条件集金予定の手形を保有している
金利・手数料年3.0~15.0%(+所定の手数料)
借りられる金額のめやす手形額面による
返済期間
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

手形割引とは集金予定の手形を銀行や専門会社が引き取り、手形の満期日までの割引料を差し引いた金額を振り込むサービスです。

手形割引を取り扱う金融機関の中でもとりわけ割引業者はスピードに優れており、最短即日融資を可能としています。

手形割引(専門会社)のメリット

手形割引を専門に取り扱う割引業者は、来店不要で最短即日融資が可能ですので、急ぎで資金が必要な場合は、銀行よりも手形割引業者の利用がおすすめです。

また、銀行の手形割引は手形振出人の信用状況に加え、割引依頼人の信用状況・返済能力が調査されますが、割引業者の場合は割引依頼人の信用状況をもとに手形割引の可否が判断されます。

銀行の手形割引枠がない方や、他社に割引を断られた方も割引業者なら融資を受けられる可能性があります。

手形割引(専門会社)のデメリット

手形の満期日を迎える前に振出人が倒産するなどして不渡りとなった場合、割引依頼人は手形を割引業者から買戻さなければなりません。

今すぐお金を借りたい方におすすめの割引業者

クレイリッシュ

買取限度額手形額面による
手数料手形割引率:年2.8%~15.0%
取立料:660円
返済期間
融資までのスピード最短即日

クレイリッシュは手形割引やファクタリング、無担保融資などさまざまな金融サービスの豊富な実績を強みとしています。

同社の手形割引は郵送や電話・FAX、インターネットから申込みができるほか、独自の無料アプリ「手形割引王」で最短1時間程度の資金化も可能です。

現在キャンペーン期間中により、新規の手形割引申し込みは割引料が2.8~9.98%まで引下げられます。

大黒屋

買取限度額手形額面による
手数料手形割引率:年2.8%~14.8%
取立料:600円
返済期間
融資までのスピード最短即日

大黒屋は手形割引や売掛債権担保融資の豊富な実績を持つ創業67年の老舗の割引業者です。独自開発の手形割引システムにより、来店不要で最短15分の振込を実現しています。

また、現在他社を利用している方でも、大黒屋に相談すればさらに低い割引率で手形割引を利用できる可能性があります。

東信商事株式会社

買取限度額手形額面による
手数料手形割引率:年6.0%~15.0%
銀行取立手数料(660円~1,100円/手形1枚)
でんさいの決済手数料(220円/でんさい1件)
銀行振込手数料(385円/3万円以上)
返済期間
融資までのスピード最短即日

東信商事株式会社の手形割引は電話で相談の後、15:00までに持参すれば当日の資金化が可能です。上場の優良企業手形であれば6.0%~、非上場の優良企業手形であれば10.0%~の割引料で資金化ができます。

信販会社系カードローン|3日以内に借りる①

利用条件
  • 満20歳以上69歳まで
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
金利・手数料年3.5~15.0%
借りられる金額のめやす10万円~500万円
返済期間12年以内(144回以内)
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

信販会社とは、販売信用(信用を供与した会員等の買い物代金を立て替えて支払うこと)を主たる業務とする会社を指します。

簡単に言えば、VISAやMasterCardといったブランドと提携してクレジットカードを発行している会社です。

消費者金融系カードローンと同じ「当座貸越」で、審査によって決められた極度額(枠)の範囲内で繰り返し借入・返済ができます。

収入や返済能力にもよりますが、初めて利用される方は平均して50万円を年15.0%の金利がめやすです。

消費者金融系カードローンのように即日振込はできませんが、最短即日の審査回答、および最短翌営業日に振込というスピード感でお金を借りることができます。

信販会社系カードローンのメリット

信販会社系カードローンは最短翌営業日に振込というスピード感でお金を借りることができます。金利は消費者金融系カードローンよりも低く、借入金額も高めです。

信販会社系カードローンのデメリット

消費者金融系カードローンよりも金利が低く、借入額も高めなため、審査はやや厳しめです。書類審査では本人確認書類の他に個人の給与収入を示す書類の提出が求められます。

また、信販会社系カードローンも総量規制の対象となるため、すでに総量規制いっぱいまで借入している方は新規にカードを作ることができません。

今すぐお金を借りたい方におすすめの信販会社系カードローン

三井住友カード ゴールドローン

融資額10万円~700万円
金利年3.5~15.0%
返済期間最長11年9ヵ月・141回
融資までのスピード最短翌営業日

三井住友カードゴールドローンは、入会申し込み後、最短翌営業日に振込というスピード感でお金が借りられるカードローンです。

収入や返済能力にもよりますが、初回契約の金利は15.0%で設定され、利用実績に応じて翌年度から金利が年々0.3%ずつ下がっていきます。

借入希望枠が50万円を超える場合や、他社を含めた借入残高の合計が100万円を超える場合は、個人の収入証明書の提出が必要です。

三井住友カード ゴールドローン カードレス

融資額10万円~700万円
金利年3.5~14.4%
返済期間最長11年9ヵ月・141回
融資までのスピード最短翌営業日

三井住友カードのゴールドローンカードレスは、カードを発行しない振込サービス専用とすることで、利率を年3.5~14.4%に下げた商品です。最短でカード申込みの翌営業日に振込されます。

ゴールドローンと同じく返済実績に応じて翌年度利率が0.3%ずつ、最大1.2%まで引き下げ可能です。

JCB CARD LOAN FAITH

融資額最大500万円
金利年4.40~12.50%
返済期間最長11年9ヵ月・141回
融資までのスピード最短3営業日

「JCB CARD LOAN FAITH」は、日本のクレジットカードブランドであるJCBが発行するカードローンカードです。

「キャッシングリボ払い」と「キャッシング1回払い」の2つのプランがあり、前者は利用枠50万~500万円、年4.40~12.50%の金利で借り入れできます。また、後者は利用枠5万円まで、年利5.00%固定で借り入れできます。

利用条件は20歳以上58歳以下、本人が会社勤めで毎月安定した収入のある方に限られます。個人事業主は利用できません。

銀行系カードローン|3日以内に借りる②

利用条件
  • 満20歳以上69歳まで
  • 定期的な収入と返済能力を有する方
金利・手数料年4.0~14.5%
借りられる金額のめやす10万円~800万円
返済期間1~5年ごとに審査のうえ自動更新
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

銀行系カードローンは、メガバンクや地方銀行、ネット銀行などが提供するカードローンです。

審査期間のめやすは申込み完了から2〜4営業日後で、カードの発送・受取はさらに3~5日ほどかかりますが、初回に限りカード受け取り前に振込サービスが利用できます。

また、一般的に銀行の審査は厳しいというイメージがありますが、銀行の商品の中でもカードローンはもっとも審査の難易度が低く設定されています。

安定した収入と信用情報に問題がなければ、基本的に審査に通過する可能性があり、すでに預金口座等取引がある銀行口座への申込みは、大きなアドバンテージとなります。

銀行系カードローンのメリット

信販系や消費者金融系との大きな違いとして、銀行系カードローンで借りたお金は総量規制の対象外であることが挙げられます。

そもそも総量規制の対象となる貸付けは、消費者金融会社や信販会社といった貸金業者の貸付けであり、貸金業者に該当しない銀行のローンは総量規制の対象にはなりません。

すでに貸金業者から総量規制いっぱいまで借りていていも、銀行系カードローンであれば借りられる可能性があります。

銀行系カードローンのデメリット

銀行系カードローンは申込みから融資実行まで最短で3日、商品によっては1週間以上かかる場合があります。

当日中にお金が必要な場合は、カードレスで即日借入できる消費者金融系カードローンに申込みましょう。

今すぐお金を借りたい方におすすめの銀行系カードローン

三井住友銀行カードローン

融資額10万円~800万円
金利年4.0~14.5%
返済期間5年毎(当初契約日より5年後の応当日)の自動更新
融資までのスピード最短翌営業日

三井住友銀行のカードローンは契約極度額(借入枠)に応じて年4.0~14.5%の金利で、借り入れできるカードローンです。

すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている場合は、申込みから契約までWEB完結、最短翌営業日にキャッシュカードからすぐに借入ができます。

楽天銀行カードローン

融資額10万円~490万円
金利年1.9~14.5%
返済期間1年毎の自動更新
融資までのスピード最短翌営業日

楽天銀行のカードローンはメガバンクのカードローン並みに金利が低く、最大で800万円まで借入ができます。

審査期間は明らかにされていませんが、最短で成約の翌営業日にはカードが簡易書留にて発送されます。

2020年9月現在、借入の金利が半額になるキャンペーン実施中です。

イオン銀行カードローン

融資額10万円~490万円
金利年3.8~13.8%
返済期間1年毎の自動更新
融資までのスピード最短翌営業日

イオン銀行カードローンはメガバンクのカードローン並みに金利が低く、数十万円の小口から借りられるローン商品です。

24時間いつでもインターネットから申込みができ、最短翌営業日には審査結果が通知されます。

イオン銀行普通預金口座を持っている場合は、初回に限り審査完了後に振込融資が受けられます。

クレジットカードのキャッシングを利用|3日以内に借りる③

利用条件満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方
金利・手数料年18.0%
借りられる金額のめやす1万円~30万円
返済期間原則1ヶ月(次回クレジットカード引き落とし日まで)
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

多くのクレジットカードにはショッピング枠に内包される形でキャッシング枠が設定されています。

たとえば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円で設定されている場合、最大30万円まで借入ができます。ショッピング枠をすでに40万円まで使っている場合は、10万円まで借入ができます。

すでにクレジットカードを所持している方で、キャッシング枠が残っている場合は、すぐにコンビニATMなどでお金を借りることができます。

また、新規にクレジットカードに申し込み、手元にカードが届くまでは、契約から1~3日ほどかかります。

クレジットカードにキャッシング枠を付けるかどうかは申込時に選ぶことができ、キャッシング枠を付けない場合はお金を借りることができません。

クレジットカードのキャッシングのメリット

すでにクレジットカードを持っている方であれば、新たに審査を受ける必要なく、現金が足りないときにいつでもコンビニATMなどで24時間365日キャッシングでお金を借りることができます。

ショッピングの利用で良好な取引履歴を重ねていくと、ショッピング枠の増額に伴い、キャッシングで借りられる金額も大きくなります。

クレジットカードのキャッシングのデメリット

クレジットカードのキャッシングの金利は年15.0~18.0%と、消費者金融系カードローン並み、もしくは一般のカードローンよりも高めです。

無計画に借入れると月々の返済負担が大きくなり、最悪の場合は「カード破産」に陥るリスクがあります。

キャッシングでお金を借りる際は利息のシミュレーションなどを利用して、なるべく翌月のカードの引き落とし日までに返済できるような計画を立てましょう。

不動産担保ローン(独立系専門会社)|3日以内に借りる④

利用条件

申込時満20歳以上70歳以下(年齢制限がない商品も)

金利・手数料年15%以下(実質年率)
借りられる金額のめやす100万円~数億円
返済期間5年~30年以内(60~360回)
借りやすさ

★★★☆☆(3/5 時間がかかる場合も)

不動産を担保にした融資は地や建物などの調査・評価のプロセスが必要になるため、無担保融資と比べて融資実行までに時間がかかってしまいます。

しかし、不動産担保ローンを専門に扱う会社であれば、最短3日で借入も可能です。

銀行が提供する不動産担保ローンよりも金利が高めで返済期間もやや短めにですが、スピード重視で高額な資金ニーズに向いています。

不動産担保ローン(独立系専門会社)のメリット

不動産担保ローン専門会社には親会社が銀行の銀行系専門会社、銀行と関係のない独立系専門会社があり、スピードに優れているのは後者です。

独立系専門会社は独自の審査、独自の判断基準で融資を行っているため、銀行系では難しい高額な融資に期待できます。

さらに、専門会社の不動産担保ローンは第二抵当権にも対応しています。

住宅ローン返済中の場合、その対象となる建物には金融機関の第一順位の抵当権が設定された状態です。

第二抵当権は、すでに第一順位の抵当権が設定されている不動産を担保にローンを借りられることを指します。

つまり、不動産担保ローン専門会社に依頼すれば、住宅ローン返済中で第一抵当権が設定されている建物を担保にお金を借りられる可能性があるということです。

不動産担保ローン(独立系専門会社)のデメリット

独立系専門会社に限ったことではありませんが、不動産担保ローンはそもそも担保に入れられる不動産がなければ利用できません。

さらに、銀行や銀行系専門会社は全国の不動産に対応していますが、独立系専門会社は規模が小さいため、対応エリアが本店および支店の近隣に限られてしまします。

今すぐお金を借りたい方におすすめの不動産担保ローン(独立系専門会社)

ASAX(アサックス)

融資額300万円~10億円
金利年1.95~4.80%(実質年率15.0%以下)
返済期間元金一括返済:期間3ヶ月~30年
元利均等返済:期間12ヶ月~30年 (回数12回~360回)
融資までのスピード最短3日

ASAX(アサックス)は東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県の不動産に対応、銀行系専門会社では難しい最短3日のスピード融資を強みとする独立系不動産担保ローン専門会社です。

年間1000件以上の融資実績と東証一部上場という信頼性があり、納税資金や既存借り入れの見直し等さまざまな資金ニーズに対応しています。

日本保証

融資額50万円~10億円
金利年5.0~18.0%(実質年率)
返済期間元利均等方式(1~96ヵ月 1~96回以内)

元利均等払い残元金期日一括返済方式(24~240ヵ月 24~240回以内)※別途審査にて更新可

毎月利払い元金期日一括返済方式(原則1年以内(1~12ヵ月) 1~13回以内)

融資までのスピード最短3日

日本保証は保証事業、個人・事業者向けファイナンス事業を展開する独立系専門会社です。

不動産の担保力を重視しており、第三者提供による不動産、抵当権がついている不動産も対応可能としています。

また、申込みの当日中に審査結果の通知、最短3日のスピード融資で急ぎの資金需要にも対応しています。

トラストホールディングス

融資額300万円~10億円
金利年3.45~7.45%(実質年率15.0%以下)
返済期間最長30年(360回)
融資までのスピード最短即日

トラストホールディングスは独立系専門会社の中でもとりわけスピードに特化しており、不動産担保ローンで最短即日融資を可能としています。

不動産は日本全国対応可能で、借地権・抵当権・二番抵当などさまざまな不動産担保ローンの中から、利用者の状況に合わせた最適プランを提案くれるでしょう。

即日融資を希望する場合は、提出書類をあらかじめ揃えたうえで、当日の午前中の申し込みが必要です。

生命保険の契約者貸付制度|3日以内にお金を借りる⑤

利用条件
  • 「解約返戻金」がある保険に加入している
  • ある程度の積立金がある
金利・手数料年2~8%
借りられる金額のめやす1万円~
返済期間特に決まりなし
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

契約者貸付制度とは、生命保険の解約返戻金の7~9割を上限として、保険会社からお金を借りられる制度のことです。

ネットからの申込みで最短3営業日で入金され、上限額の範囲内であれば何度でも借り入れができます。返済期日も特に決まりがなく、使いみちも問われません。

金利は保険会社によりますが、年2~8%と一般のカードローンよりも低めに設定されています。

自身が加入している保険で契約者貸付制度を利用できるかどうかは、保険会社のコールセンターなどで確認しましょう。

なお、かけ捨て型の医療保険やガン保険などには貸付制度がありません。

契約者貸付制度のメリット

契約者貸付制度を利用すれば、生命保険を解約することなくお金を借りることができます。キャッシングやカードローンのような審査はなく、加入者の信用情報にも影響がありません。

さらに、一定額を毎月決められた日に返済する必要がなく、元金と利息を一括で返済、定期的に分割返済、あるいはお金に余裕があるときに都度返済など、自身の家計の状況に合わせた返済プランが立てられます。

契約者貸付制度のデメリット

先に述べたように、契約者貸付制度は自由度の高い返済がメリットのひとつですが、「複利」であることに注意が必要です。

複利とは、利子にもまた利子がつくことで、たとえば5%の金利で100万円を借りた場合、1年間まったく返済せずにいると利息分が元金に組み込まれ、次年度は105万円に対して5%の金利が発生します。

返済期日に特段の決まりはないものの、返済額が解約返戻金を上回ると保険が解約されるリスクもあります。

家族・知人からお金を借りる|3日以内にお金を借りる⑥

利用条件特になし
金利・手数料取り決めによる
借りられる金額のめやす取り決めによる
返済期間取り決めによる
借りやすさ

★★★★☆(4/5 借りやすい)

知人や親族からお金を借りることができれば、利息がかからず、早ければ即日~3日以内にお金を手にすることができます。

お金を借りる目的に相手が共感してくれたり、納得してくれたりすると、よろこんで貸してくれる場合もあります。

家族・知人からお金を借りるメリット

家族・知人にお金が必要な事情を話し、納得してくれた場合は利息不要で借りられる可能性があります。

とくに借りる金額が少額であれば、利息なしで貸してくれるケースのほうが多いでしょう。

家族・知人からお金を借りるデメリット

家族・知人からお金を借りる場合にもっとも注意すべきことが、後々の金銭トラブルです。

たとえば、高額なお金を借りて事業を始めてはみたものの、いつまで経っても業績が上がらず、返済できない期間が長くなると、家族や知人であっても信頼関係が崩れて信頼を失うことにつながります。

家族や知人からお金を借りる場合は、必ず「借用書」を作成して取り交わしましょう。

借用書には返済期日や返済額、利息や遅延損害金(設定する場合)などを記載します。

正しい借用書を作成しておけば、お金のトラブルで揉めるリスクを極力抑えることができるでしょう。

年金受給者向けローン|3日以内に借りる⑦

利用条件
  • 満60歳以上75歳以下、完済時80歳以下
  • 公的年金(国民年金・厚生年金・共済年金)を受給されている方
金利・手数料年5.0%以下
借りられる金額のめやす10万円~100万円
返済期間6ヶ月以上10年以内
借りやすさ

★★★★★(5/5 非常に借りやすい)

年金受給者向けローンは、年金受給開始の60歳以上の方を対象としたローン商品です。

年金受給者で保証会社の保証が受けられる人であれば、信用状況や返済能力にかかわらずだれでも借り入れができます。

JAや銀行、信用金庫などが商品を提供しており、初回に一括で借り入れ、あとは返済するだけの「証書貸付」です。

年金受給者向けローンのメリット

年金受給者向けローンは年金という確かな返済原資(返済にあてる資金)があるため、審査の難易度が低く、非常に借りやすいローン商品です。

金利も銀行のカードローン並かそれよりも低い年5.0%以下、返済期間も最長10年とゆとりがあります。

年金受給者向けローンのデメリット

年金受給者向けローンは一般のローン商品と比べて金利が低いとはいえ、借り入れを完済するまでは毎月受け取る年金額が減ることになります。

とくに年金でギリギリの生活をしている人にとっては、返済負担が大きなリスクとなるでしょう。

年金受給者向けローンで一時的に手元に現金が増えても、利息分をプラスして借りた以上の金額を返済しなければなりません。

低金利でお金を借りられるからといって、必ずしも資金的にゆとりが生まれるわけではないということを理解しておく必要があります。

フリーローン|1週間以内に借りる①

利用条件
  • 満20歳以上、完済時75歳以下(金融機関による)
  • 安定継続した収入がある方
  • 申し込み金融機関の営業区域内に住まい(もしくは勤務先)があること
金利・手数料年3.0~14.0%
借りられる金額のめやす10万円~100万円
返済期間6ヶ月以上10年以内
借りやすさ

★★★☆☆(3/5 融資までに時間がかかる)

フリーローンは住宅ローンやマイカーローンのように決まった目的がなく、使いみちが自由なローンのことです。「多目的ローン」とも呼ばれています。

高額な医療費やマイホーム・マイカー購入資金、借換えといった消費性資金に限られる個人向けフリーローンと、消費性資金に加えて事業性資金にも使える個人事業主・会社役員向けフリーローンの2種類があります(法人向けフリーローンはありません)。

初回に一括で借入れ、あとは返済するだけの証書貸付タイプで、まとまった資金ニーズに対応できます。

個人向けフリーローンはメガバンクや地方銀行、信用金庫、JA、信販会社などさまざまな金融機関が取り扱っていますが、事業性資金にも使えるビジネスフリーローンは、おもに地方銀行や信用金庫のみの取り扱いです。

フリーローンでの借り入れを検討する際は、最寄りの地方銀行や信用金庫に取り扱いがあるかどうかを確認しましょう。

フリーローンのメリット

フリーローンはマイホーム・マイカー購入や高額な医療費等のニーズに対応するため、カードローンよりも融資額が高額、かつ上限金利がやや低めに設定されています。

さらに、提供している金融機関が銀行や信用金庫なので、貸金業者のフリーローンとは異なり、総量規制の対象外です。

すでに他社からの借り入れがある方でも、銀行や信用金庫のフリーローンなら借りられる可能性があります。

フリーローンのデメリット

フリーローンは審査結果がわかるまでに申込後1~3日、さらに融資実行までは5~7日ほどかかります。

「今日明日までにまとまったお金が必要」というときには向いていません。

さらに、フリーローンはお金の使いみちが自由なので、住宅ローンやマイカーローンよりも審査が厳しくなっています。

今すぐお金を借りたい方におすすめのフリーローン

東京信用金庫の「WEBフリーローン」

融資額30万円以上500万円以内
金利2.95%、5.00%、7.00%、10.00%、14.00%
返済期間6ヵ月以上10年以内
融資までのスピード1週間程度

東京信用金庫は、本店所在地の東京都豊島区の周辺8区および西東京市を営業区域とする信用金庫です。

「WEBフリーローン」は「WEBフリーローン」は使いみちが自由なので、消費性資金や借換えはもちろん、事業性資金にも利用できます。

ただし、利用条件として東京信用金庫の預金口座を持っている必要があります。

横浜銀行の「ビジネスフリーローン(個人事業主向け)」

融資額10万円~1,000万円
金利年1.9~14.6%
返済期間1年~10年
融資までのスピード最短2営業日

横浜銀行のフリーローンは審査結果の通知は最短で申込日の翌日、融資実行は最短2営業日というスピードが強みです。

金利は借入額に応じて変動、100万円超200万円以下は年11.8%、1,000万円の場合は金利1.9%が設定されます。

神奈川県内全地域もしくは東京都内全地域、群馬県の一部地域にに居住または勤務している方であれば、横浜銀行に口座を持っていなくても申し込みができます。

関西みらい銀行の「関西みらいフリーローン」

融資額最大500万円
金利年6.0%、9.0%、12.0%、14.0%
返済期間最長10年
融資までのスピード1週間程度

関西みらい銀行は近畿~中部エリアを営業区域とする地方銀行です。

「関西みらいフリーローン」は6.0~14.0%の固定金利で最大500万円まで借り入れができます。ただし、個人向けローン商品であるため、事業性資金には利用できません。

【事業者向け】3社間ファクタリング|1週間以内に借りる②

利用条件
  • 入金前の売掛債権(請求書)を保有している
  • 売掛先の同意を得る
金利・手数料債権額面の2~9%
借りられる金額のめやす10万円~100万円
返済期間売掛債権の入金日まで
借りやすさ

★★★☆☆(3/5 売掛先の同意が必要)

3社間ファクタリングは先に紹介した2社間ファクタリングとは異なり、売掛先の同意が必須のファクタリングです。

売掛債権はファクタリング会社が売掛先から直接回収するため、使い込みリスクの心配がなく、手数料が低めに設定されています。

おもに対面サービスを採用しているファクタリング会社が3社間ファクタリングを取り扱っています。

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングのメリットは、2社間ファクタリングよりも低い手数料で売掛債権の現金化ができ、なおかつ債権回収をファクタリング会社が行うことです。

利用者にとっては低い手数料で資金調達ができ、なおかつ債権回収業務をファクタリング会社に代行してもらえるため、調達した資金で資金繰り改善や事業の立て直しに注力できます。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングで売掛債権を現金化するにあたっては、売掛先の同意書・承諾書への捺印が必要です。

売掛先に「あの会社はファクタリングで資金調達が必要なほど、業績が悪化しているのではないか?」などと勘ぐられてしまうと、商取引にマイナスの影響を与えかねません。

また、売掛先が同意書・承諾書に捺印して送付してくれるまでに時間がかかる場合もあります。

秘密厳守かつスピード重視でファクタリングしたい場合は、2社間ファクタリングの利用がおすすめです。

【事業者向け】日本政策金融公庫で借りる|2~3週間以内に借りる

利用条件所得税や法人税を滞納していない等
金利・手数料年3.0%以下
借りられる金額のめやす平均700万円
返済期間売掛債権の入金日まで
借りやすさ

★★★☆☆(3/5 融資までに時間がかかる)

日本政策金融公庫は、政府が100%出資する公的金融機関です。事業者のセーフティーネットとしての役割があり、事業の運転資金や投資資金に利用できる資金を融資しています。

融資実行までには2~3週間ほどの期間が必要となりますが、低金利でまとまった資金の借り入れが可能です。

日本政策金融公庫のメリット

日本政策金融公庫の融資は民間の金融機関の融資ほど信用状況や返済能力が重視されません。

所得税や法人税などの滞納がなく、融資制度ごとに定められている条件を満たしていれば、基本時に借り入れができます。

さらに、利率はどれだけ高くても年3.0%を超えることがなく、担保や保証人の提供があればさらに低い金利が適用される場合があります。

日本政策金融公庫のデメリット

日本政策金融公庫の融資制度の審査は、民間の金融機関に比べて時間がかかります。

申し込みから融資実行まで、平均して2~3週間、混雑具合によっては1ヶ月以上かかる場合があります。

また、融資制度によっては担保や保証人の提供を求められる場合があるので、どちらも提供できない場合は無担保・無保証人の融資制度を利用できないか確認しましょう。

今すぐ借りるときはスピードと金利・手数料を検討しよう

今すぐお金を借りられる方法をご紹介しました。

最短即日融資など、スピードに優れた商品は金利・手数料が高めに設定してあります。

たとえば、消費者金融系カードローンは即日融資が可能ですが、金利は年15.0~18.0%と高めです。

一方の銀行系カードローンは融資まで3日ほどかかりますが、年15.0%以下の金利で借りられます。

どうしても明日までに終えなければならない支払いがあるときなど、緊急性を要するときは金利が高くてもスピードに優れた方法を採用すべきですが、借りて終わりではなく、借りたあとの返済までを考えて計画を立てましょう。