QR・バーコード決済(PayPay/楽天ペイ/LINE Payなど)を出金・現金化する方法を解説

QRコード・バーコード決済(PayPay・楽天ペイ・LINE Pay・メルペイ・Origami Pay)を出金・現金化する方法を解説 現金化の方法

日本国内で「キャッシュレス決済」が広く浸透しつつある中、「QRバーコード決済」が注目されています。

2019年10月からの消費税増税によってキャッシュレス決済の最大5%還元キャンペーンが開始されたことに伴い、QR・バーコード決済に登録して使い始めたという方も多いのではないでしょうか?

現金やクレジットカードと同じようにショッピングや月々の支払いに利用できるQRバーコード決済ですが、「利用しなくなったから残高を現金化したい」という方もいらっしゃるでしょう。

今回は現金が必要になったときに、QR・バーコード決済の残高を現金化する方法についてお伝えします。

QR・バーコード決済とは

「QRコード決済(バーコード決済)」とは、スマホにQRコードやバーコードを表示して決済する方法です。

銀行口座やクレジットカードであらかじめチャージしておくことで、スマホさえあれば現金に代わってショッピングができる便利な決済方法として、日本でも2~3年前から普及しています。

QR・バーコード決済の最大の特徴は、ポイント還元があることで。たとえばPayPay(ペイペイ)で決済した場合は、利用金額の最大3.0%がポイントとして還元されます。

QRコード決済を利用すれば現金で支払うよりもお得になり、なおかつ消費税増税という追い風もあり、2019年以降も普及率がアップしています。

主要QR・バーコード決済5ブランド

日本国内で普及している主要QRコードのうち、いわゆる「ネット系」と呼ばれる5ブランドをご紹介します。

PayPay

「PayPay(ペイペイ)」は、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社がサービスを提供しています。QRバーコード決済としては後発の2018年10月からサービスを開始していますが、「100億円キャッシュバックキャンペーン」で一躍有名になったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

日本国内のQRバーコード決済としては、第1位の楽天Payに次ぐ第2位のシェアがあります。

チャージ方法銀行口座、ヤフーカード、ヤフオク!PayPayフリマの売上金、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い、セブン銀行ATM
チャージ限度額200万円
1回あたりの決済限度額200万円
出金

LINE Pay

LINE Pay(ラインペイ)はLINEユーザーなら規約に同意するだけで誰でも登録可能で、毎月のお支払い実績によってLINE Payボーナスがもらえる「マイカラー」も好評です。一方で、クレジットカードでのチャージができないというデメリットもあります。

チャージ方法銀行口座、セブン銀行ATM、QRコード/バーコード、LINE Payカード、Famiポート、オートチャージ
チャージ限度額10万円
1回あたりの決済限度額100万円/1回
出金

メルペイ

メルペイはフリマアプリのメルカリが提供するQRバーコード決済サービスです。メルカリの売上金をそのままメルペイのポイントに還元できるため、おもにメルカリユーザーに利用されています。2019年2月にスタートしたばかりのサービスなので、今後のアップデートが期待されています。

チャージ方法銀行口座、メルカリ売上金
チャージ限度額20万円/1日
1回あたりの決済限度額100万円/1回
出金

楽天Pay

楽天Payは楽天が提供するQRバーコード決済です。楽天市場などで貯まる楽天スーパーポイントを利用することができます。日本国内のQRバーコード決済では最大のシェアがあります。

チャージ方法銀行口座(楽天銀行)、クレジットカード(VISA、MasterCard)
チャージ限度額50万円
1回あたりの決済限度額50万円/1回
出金

Origami Pay

Origami Payは日本国内のQRコード決済のパイオニア的サービスで、独自のキャンペーンである「即時その場で割引」が魅力です。ただし、他社のように大手企業が提供するサービスではないため、銀行やショッピングサイト等との連携機能などがありません。

チャージ方法銀行口座、クレジットカード
チャージ限度額100万円
1回あたりの決済限度額銀行決済10万円/1回、クレジットカード100万円未満/1回
出金不可

QR・バーコード決済の残高を出金・現金化する方法

QR・バーコード決済の残高を現金に変えたい場合、どのような方法で出金することができるでしょうか?

銀行口座などに出金する方法

一部のQRバーコード決済は、指定の銀行口座に出金することができます。ただし、出金1回あたり手数料がかかります。

QRコード決済出金方法
PayPayPayPayマネーに出金後、指定の口座に振込。ジャパンネット銀行への出金は無料、その他金融機関は手数料100円。
LINE Payセブン銀行ATMで「銀行口座へ振り込む」or「現金としてATMから引き出す」ことで出金可能。出金1回につき手数料220円。
メルペイ「振込申請」で翌日以降に銀行口座へ振込。1万円未満の出金は手数料210円、「お急ぎ振込」選択で手数料プラス200円。
楽天ペイ楽天キャッシュ(プレミアム型)に送付後、楽天銀行宛に出金可能。出金手数料は出金額の10%。
Origami Payなし

QRバーコード決済で購入した商品を転売する方法

QRバーコード決済で購入した換金率の高い商品を転売して現金を得る方法をご紹介します。商品の購入から転売までの手順は次のとおりです。

  1. QRバーコード決済で現金化したい分の商品を購入する
  2. 購入した商品を買取業者やヤフオク、メルカリなどで売る
  3. 商品を売却して現金を得る

換金率の高い商品には家電品やゲームソフトなどが挙げられます。たとえば、PayPayはカメラのキタムラ、ビックカメラ、イシバシ楽器などで利用できるので、それらの店舗で需要があって換気率の高い商品を購入、転売することで現金を調達できるのです。

ただし、この方法は、高く買い取ってもらえる商品の目利き、商品が売れやすく自分が希望するだけの現金も得られる値付けが必須となります。目利きや値付けが失敗すれば商品を安売りせざるを得なくなったり、売れ残ってしまったりするため、しっかりとリサーチをする必要があります。

さらに、ヤフオクやメルカリに出品した商品が売れると落札手数料や出品手数料などが差し引かれるので、それら手数料も考慮した値付けをしましょう。

今すぐ現金が必要なら「クレジットカード現金化」がおすすめ

QRバーコード決済を現金化する方法をご紹介しました。

QRバーコード決済の残高は出金・現金化することが可能ですが、「今すぐ現金が必要!」という状況で出金の手続きをしても、手間も時間もかかるため緊急時にはおすすめできません。

早急に現金が必要で、なおかつクレジットカードのショッピング枠の残高があれば、オンライン完結型のクレジットカード現金化業者の利用をおすすめします。

優良な現金化業者を選べば、75~85%の換金率・最短即日で現金化が可能です。

現金化業者の公式サイトや口コミ評判を参考に、信頼性が高く実績も豊富な現金化業者を選びましょう。