給料前借りサービス|給料ファクタリングのメリットデメリット

ファクタリングというと、会社や自営業が運転現金確保などのために売掛金などの売掛債権をファクターに売却して早期現金化する方法として知られています。

しかし、個人でもファクタリングを利用することができます。

それが、給料ファクタリングです。

給料ファクタリングを利用すれば、給料をファクターから前借りすることができます。

「消費者金融の審査に落ちたけど、どうしてもお金が必要」と、どこからもお金を借りることができない人が急いで現金が必要になることは珍しくありません。

このような時に給料ファクタリングは活用できる方法ですが、デメリットも大きいので特徴やメリットデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。

給料ファクタリングで給料を前借りすることのメリットとデメリットについて解説していきます。

メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解しておくことで、いざという時に給料ファクタリングを効果的に活用できるようになるでしょう。

給料はファクタリングで前借りできる

給料は、給料ファクタリングを扱っている会社で前借りすることができます。

正確には「給料を給料日に受け取ることができる権利」をファクタリング会社へ手数料を支払って売却し給料日前に現金化することで、給料を前借りすることができるのです。

給料ファクタリングの細かい概要について詳しく見ていきましょう。

給料を給料日前にファクターへ売却

まだ受け取っていない給料は会社に対する債権です。

給料は後払いですので、従業員はすでに働いた分の給料に関して「給料の支払いを給料日に受け取ることができる権利」を持っています。

誰かに何かを行使させる権利を債権といい、債権は民法に則って譲渡することが可能です。

個人が持っている給料債権をファクターに売却して、早期現金化することを給料ファクタリングと言います

給料ファクタリングを利用すれば、給料の前借りが可能です。

給料日にファクターへ支払う2社間ファクタリング方式

給料ファクタリングは2社間ファクタリングという形で行われます。

2社間ファクタリングでは売掛先の同意が必要ありません。

つまり、給料ファクタリングの場合では勤務先の同意なしにファクタリングすることが可能ですので、会社に秘密でファクタリングによって給料前借りをすることができます。

給料日になると会社はいつものように、給料を従業員へ支払います。

支払われた給料をファクタリング利用者がファクターへ送金することで、ファクターは買い取った給料債権を回収することができます。

会社の同意不要で契約でき、自分でファクターへの支払いをするので、期日さえ守れば会社に秘密で給料の前借りが可能です。

給料ファクタリングで給料を前借りする5つのメリット

給料ファクタリングを利用して、給料を前借りすることには主に以下の5つのメリットがあります。

  • 即日現金調達可能
  • 会社に秘密にできる
  • ブラックでも審査に通る
  • 総量規制対象外
  • 信用情報に記録が残らない

即日現金調達といえば、アコムやプロミスなどの大手消費者金融を連想する人が多いかもしれません。

しかし、給料ファクタリングなら、アコムやプロミスの審査に通過できない人でも会社に秘密で即日現金調達ができるのです。

給料ファクタリングのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

即日現金調達可能

給料ファクタリングの多くが即日での現金調達が可能になっています。

給料ファクタリングは審査の内容が非常にシンプルですので、審査に時間がかからないためです。

審査は最短30分程度で終了し、すぐに振込を受けることができます

「すぐにお金が必要」という場合に、大手消費者金融の審査に落ちてしまっても給料ファクタリングなら即日で現金調達することができます。

会社に秘密にできる

先ほど説明したように、給料ファクタリングは会社に秘密で給料の前借りをすることができます。

給料ファクタリングは売掛先の同意不要の2社間ファクタリングで行われるためです。

給料の前借りは法律的には会社に申し出れば会社は断ることはできません。

しかし、多くの従業員が会社からの評価や空気を気にして前借りを申し出ることができないのが現実で、「会社にお金がないことを知られたくない」と思っている人がほとんどではないでしょうか?

給料ファクタリングであれば会社に秘密で前借りできるので、お金がないことを会社に知られてしまう心配はありません

ブラックでも審査に通る

給料ファクタリングはブラックでも審査に通過することができます。

給料ファクタリングの審査では個人信用情報はチェックしません。

そのため、過去に債務整理を行ったとしても、その事実さえファクターに知られずに審査を受けることができます。

さらに給料ファクタリングの審査で重視されるのは、自社ではなく売掛先である勤務先の与信です。

ファクターに支払いをするのは債務者である勤務先だからです。

そのため、自分の信用がなくても、勤務先が期日通りに給料を支払うことができる程度の一般的な企業であれば、問題なく審査に通過することができます

総量規制対象外

給料ファクタリングは総量規制の対象外です。

給料ファクタリングは借入ではなく、ファクターへ給料債権を売却しているだけですので、総量規制の借入金にカウントされません。

すでに消費者金融などから年収の3分の1を超える借入をしている人は、ほぼどこからもお金を借りることはできなくなりますが、給料ファクタリングであれば総量規制の枠が一杯になっている人でも現金調達することが可能です。

信用情報に記録が残らない

給料ファクタリングで現金調達してもその内容が個人信用情報に登録されることはありません。

給料ファクタリングは借入ではなく給料債権の売却です。

個人信用情報に登録されるのは「お金を借りる」「モノの購入代金を立て替えてもらう」などの与信情報です。

給料ファクタリングは単に資産を売却している行為になります。

さらに、給料ファクタリング会社は個人信用情報機関に登録していないので、取引内容が個人信用情報に登録されることはありません。

他社借入が多い人は住宅ローンや自動車ローンや教育ローンなどの審査で不利になってしまいますが、個人信用情報に登録されない給料ファクタリングを利用しても、他の審査で「外部から現金調達をした」ということを秘密にすることができ、審査で不利になることを防ぐことができます

給料ファクタリングで給料を前借りする3つのデメリット

「ブラックでも即日現金調達できるなら、給料ファクタリングの方がいい」とお思いの方は、給料ファクタリングのデメリットに注意する必要があります。

  • 手数料が非常に高い
  • 支払いに遅れると会社にバレる
  • グレーな業者も存在する

給料ファクタリングは手数料が非常に高く、中にはグレーな業者も存在しているので、そのようなファクターへの支払いに遅れてしまうと、会社に給料ファクタリングを使っていることをバラされてしまう可能性などがあるのです。

手数料が非常に高い

給料ファクタリング最大のデメリットが手数料が非常に高いという点です。

手数料の相場は20%程度で、給料のうち10万円をファクタリングしたとしても2万円もの手数料が発生します。

前回の給料日直後に給料ファクタリングを利用したとすると、たったの30日間の現金調達で20%の手数料が必要になります。

これを年利換算すると240%にもなるので、借入と比較したら圧倒的に高い負担です。

数週間だけの現金調達のために多くの手数料負担をしなければならないということは、間違いなく給料ファクタリングの大きなデメリットと言えるでしょう。

支払いに遅れると会社にバレる

給料ファクタリング会社への支払いに遅れてしまうと、会社にバレてしまうこともあります

期日通りにファクターへ給料を支払えば会社にバレることはありません。

しかし、期日に遅れてしまうとファクターは何がなんでも債権を回収しようとしますので、会社に対して「お宅の従業員の〇〇さんへ給料を支払いましたか?」などと確認されることがあります。

ファクターとすれば、本来の債務者である勤務先に確認するのは当然です。

会社にバレることがないように、ファクターへの支払いは必ず期日通りに行いましょう。

グレーな業者も存在する

給料ファクタリング業者の中には悪徳業者などのグレーの業者や闇金も混じっています。

給料ファクタリング業を営むためには登録や許認可は必要ないので、残念ながら悪い業者も混じっているのです。

悪徳業者の手口としては以下のようなものが考えられます。

  • 30%を超えるような超高額手数料を設定する
  • 払わなければ会社にバラすと脅す
  • 回収のために自宅に数人で押しかけてくる
  • ファクタリングと言って近づき闇金が融資を勧誘する

このような被害は実際に報告されています。

登録や許認可が必要ない給料ファクタリングは、自分の目で安全な業者を選ぶことが非常に重要になります。

悪徳業者やファクターを装った闇金には十分に注意しましょう。

優良業者を選ぶ3つのポイント

給料ファクタリングは業者選びが非常に重要です。

そこで、優良な給料ファクタリング業者を選ぶためのポイントを3つご紹介します。

  • 運営会社を確認する
  • 手数料について言及がある業者を選ぶ
  • 複数業者から相見積をとる

どれも簡単にできる方法ばかりですので、初めて給料ファクタリングを利用する前には必ず実践するようにしてください。

運営会社を確認する

ファクターのホームページを見て、まずは運営会社を確認しましょう。

ホームページに運営会社の記載がある会社は少なくとも闇金の可能性は低いと言えます。

闇金は警察からの摘発を逃れるために、オフィスや固定電話を持っていませんが、少なくとも会社として法人登記をしているのであれば、法人として堂々とオフィスを持ち運営しているということです。

運営会社名を調べたら、国税庁の法人番号公表サイトで、その会社がしっかりと法人登記されている会社がどうか確認しましょう。

ここで社名と住所がヒットしたら、間違いなく法人登記をしている会社ですので、闇金の可能性は非常に低いと言えます。

まずは運営会社を確認し、運営会社がしっかりと法人登記されている会社かどうかを確認するようにして下さい。

手数料について言及がある業者を選ぶ

「給料ファクタリングには手数料がかかる」としっかりとホームページに明記されているファクターを選びましょう。

給料ファクタリング会社の中には「ファクタリングは貸付ではないので金利や利息はかかりません」としか記載していない会社が存在します。

これだけしか記載がなければ、ほとんどの人が「無料で給料前借りができる」と勘違いしてしまいます。

ファクタリングには必ず手数料がかかるので、手数料について記載されている業者の方が親切な業者です。

できれば「手数料は〇〇%〜〇〇%」と、具体的な数字が書いてある業者を選択し、少なくとも「手数料は審査によって決定します」程度の記載がある業者を選ぶべきです。

手数料について何も記載がない業者は「利用者にお得感を出して、とにかく申し込ませてしまおう」という意図が窺えるので、安易に申し込むべきではありません。

複数業者から相見積をとる

悪徳業者と取引することを防止するための最も効果的な方法が複数の業者から相見積を取るという方法です。

優良業者であれば20%の手数料で済む債権も、悪徳業者は30%を超える手数料を設定することがあります。

このような法外な手数料を取る業者を、複数の業者から見積もりを取ることであぶりだすことができます。

最初のうちは、どこが優良業者なのかは分かりません。

そのため、最初は複数の業者から見積もりを取り、最も手数料が低い業者と取引をするのがよいでしょう。

給料前借りサービスのよくある質問

2回目以降も利用できますか?
給料ファクタリングは、2回目以降の継続利用も可能です。2回目以降は個人情報や勤務情報などをファクターが理解しているので審査がスムーズに進みます。
給料ファクタリングの手数料を下げる方法はありますか?
2回目以降の取引になれば信用が増して手数料が下がることもあります。また複数業者から相見積を取ることによって、他社並みの手数料へと引き下げてくれることもあります。
返済の分割はできますか?
不可能です。給料ファクタリングの支払い給料日に一括が原則です。支払いに遅れるとファクターから勤務先へ連絡が行ってしまうことがあるので注意しましょう。
給料ファクタリングに申し込んだら融資に勧誘されました。借りても大丈夫でしょうか?
給料ファクタリングを装った闇金の可能性が高いと言えます。借りる場合には金融庁の登録貸金業者検索サービスを利用して、安全な登録貸金業者であることが確認できない場合には絶対に借りてはいけません。
消費者金融との使い分けを教えて下さい。
消費者金融は分割返済ができ、大手消費者金融は30日間の無利息期間がついています。
給料日までの数週間程度の短期間お金を借りるのであれば、大手消費者金融の方が間違いなくメリットがあり、無利息期間内であれば利息は一切かかりません。
先に消費者金融へ申し込み、審査に通らない場合のみ給料ファクタリングを利用するという順番で使い分けた方がよいでしょう。
給料を前借りする注意点について教えて下さい。
給料を前借りすると、本来の給料日に入ってくるお金は非常に少なくなるかゼロになります。そのため、給料日以後の生活に問題がないかということもしっかりと計画を立てた上で利用しましょう。次の給料日前も給料ファクタリングを利用してしまうと、給料ファクタリングから抜け出せなくなり、手数料負担は膨大です。
無計画に利用するのではなく、本当に困った時だけ利用し、金額は必要最小限に留めるなどしっかりとした計画性を持った上で利用するようにしましょう。

まとめ

給料ファクタリングを利用すれば給料の前借りをすることができ、給料ファクタリングには以下のような多くのメリットがあります。

  • 即日現金調達可能
  • 会社に秘密で前借りできる
  • ブラックでも審査に通る
  • 総量規制対象外
  • 信用情報に記録が残らない

給料ファクタリングなら、どこからもお金を借りることができない人でも即日現金調達可能です。

ただし、給料ファクタリングは手数料が非常に高いという大きなデメリットがあります。

そのため、利用は本当に必要な最小限の金額に留め、継続的に利用するのは避けた方がよいでしょう。

また、悪徳業者も多いので、どこの業者と取引をしていいか分からない時には、必ず複数の業者から相見積を取るようにしましょう。