プリペイドカードとは?おすすめのカードやチャージ金額を現金に変える方法を解説

ネットでのお買い物やサービスの利用などに使えるプリペイドカード。

現金に代わるキャッシュレス決済のひとつで、最近では手軽な贈り物としても選ばれています。

図書カードやQUOカード、Suicaなどの電子マネーなど、あらかじめ決まった金額がカードにチャージされているタイプのもの、自分で現金やクレジットカードを使ってチャージするタイプのものは、プリペイドカードに含まれます。

今回はプリペイドカードに関する基礎知識や、おすすめのカード、さらには一度チャージしたお金を現金に変える方法についても解説します。

プリペイドカードとは

プリペイドカード(prepaid card)はあらかじめ決められた金額、もしくはお金をチャージしておくことで、その額面の範囲内で商品やサービスを購入できるキャッシュレス決済手段のひとつです。

prepaidには「前払い」という意味があります。

プリペイドカードは「使い切り型」と「チャージ型」の2種類に分けられます。

使い切り型プリペイドカード

図書カードやQUOカードなど、あらかじめ使える金額が決められているタイプのプリペイドカードです。

たとえば、3,000円のQUOカードは3,000円までの支払いに利用でき、3,000円を超える差額分は現金やクレジットカードで支払います。

チャージ型プリペイドカード

バンドルカード、au PAY プリペイドカード、Suicaなど、カードにチャージ(入金)をして使用するタイプのプリペイドカードです。

チャージ残高がなくなった場合には、新たにチャージをすることで繰り返し使用することができます。

チャージの方法は、専用機やコンビニのレジなどで現金をチャージする方法や、銀行口座の残高からチャージする方法など、カードの種類によって異なります。

カードによっては発行会社のグループ店舗や加盟店でポイントなどの特典が受けられる場合もあります。

プリペイドカードとクレジットカードの違い

プリペイドカードと同じカードタイプ、キャッシュレスの決済手段にクレジットカードがあります。

プリペイドカードはクレジットカードとは異なり、発行するにあたって審査がなく、年会費もかかりません。

さらに、プリペイドカードが事前にお金をチャージする「前払い」であるのに対し、クレジットカードは後日、銀行口座から利用した分の金額が引き落とされる「後払い」です。

プリペイドカードは、チャージした金額の範囲内でのみ使用可能なため、使いすぎの防止にもなります。

おすすめのプリペイドカード

作りやすさや使いやすさ、ポイント付与などの特典で選んだおすすめのプリペイドカードをご紹介します。

バンドルカード

バンドルカード(VANDLE CARD)はだれでも気軽に即日発行ができるチャージ型プリペイドカードです。

アプリから1分でネットショッピング専用の「バーチャルカード」を発行でき、使う分のお金をチャージすればすぐにプリペイドカードとして利用できます。

さらに、「リアルカード」を発行すれば実際の店舗でもショッピングができます。

チャージ手段にはコンビニ現金払いのほか、ドコモ払い、ビットコイン、ネット銀行などがあり、なかでも「ポチっとチャージ」という方法はアプリにチャージしたい金額を入力するだけで即座にチャージされます。

しかもポチッとチャージでチャージした分の金額は後払いなので、今お金がなくてもすぐに欲しいものを買うことができます。

au PAY プリペイドカード

au PAY プリペイドカード(au WALLETプリペイドカード)は、auのスマホやタブレットのユーザーであればだれでも発行できるチャージ型プリペイドカードです。

AmazonやApple Store、全国のコンビニ、スーパーなどMastercardの加盟店で利用でき、利用金額に応じてPontaポイントが貯まります。

チャージはauショップ、コンビニATMのほか、クレジットカードやauじぶん銀行でも可能です。

auじぶん銀行に口座を持っている方は、オートチャージ機能で支払いが足りないときに必要な分だけチャージしたり、au PAY残高を銀行口座に払出して現金で引き出したりすることができます。

ソフトバンクカード

ソフトバンクカードは、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージして、Visaが使えるインターネットのお店で利用できるバーチャルカードです。利用金額は月々のスマホ料金と合算され、まとめて後払いとなります。

バーチャルカードとリアルカードの2種類があり、リアルカードを利用すると決済金額200円ごとに1ポイント貯まります。

LINE Payカード

LINE PayカードはコミュニケーションアプリのLINEを利用している方ならだれでも審査不要で発行できるチャージ型プリペイドカードです。

銀行口座やセブン銀行ATMからチャージして、国内外JCB加盟店での支払いに利用できます。

バーチャルカードとリアルカードの2種類があり、実店舗で利用するにはリアルカードを発行する必要があります。

Vプリカ

Vプリカはインターネット専用のチャージ型Visaプリペイドカードです。日本国内在住で18歳以上の方であれば、専用ページでアカウントを開設して即日発行することができます。

チャージはクレジットカード、インターネットバンキングから可能です。

年会費は無料ですが、Vプリカの未利用期間が3ヶ月を超えた場合、休眠カード維持費として毎月25日にVプリカ残高から125円(税込)が引落しされます。

プリペイドカードを現金化するなら「バンドルカード」がおすすめ

プリペイドカードは、あらかじめ現金やクレジットカードでチャージしてから決済手段として利用することが大前提です。

一度チャージしたお金をふたたび現金として払出しできるプリペイドカードは限られており、払出し機能があったとしてもクレジットカードやキャリア決済(スマホ料金まとめて支払い)でチャージした分は対象外です。

手元に現金がないときやクレジットカードが使えないときでも、プリペイドカードにチャージができ、しかも一度チャージした金額を現金として手元に戻せる方法があります。

それが、「バンドルカードの現金化」です。

「ポチッとチャージ」は現金がなくてもチャージができる

バンドルカードはクレジットカードや銀行口座からチャージする方法のほか、後払いのチャージ方法として「ポチッとチャージ」があります。

ポチッとチャージは1回あたり3,000円〜50,000円の上限金額まで、即チャージすることができます。

手元に現金がなくても、銀行口座の残高がなくても、ポチッとチャージなら上限金額の範囲内でチャージでき、支払いは翌月の後払いでOKです。

なお、バンドルカードを発行したばかりで利用履歴がない場合は、ポチッとチャージの上限額が5,000円までとなっています。

ポチッとチャージでチャージした分を現金化する方法

ポチッとチャージでバンドルカードにお金をチャージしたら、Amazonの公式サイトでAamazonギフト券(Eメールタイプ)を購入しましょう。

バンドルカードはAmazonのショッピングの決済手段として利用可能で、Amazonギフト券も購入できます。

Amazonギフト券を購入したら、ギフト券買取サイトにアクセスして買取申込をします。

ギフト券買取サイトは審査不要でギフト券を買い取り、早ければ30分程度で買取代金を振り込んでくれます。

Amazonギフト券は他のギフト券と比べて買取率が高く、現在の相場は75%前後です。

他にも「iTunesカード」や「GooglePlay」といったギフト券も買取対象となっており、場合によってはAmazonギフト券よりも高い買取率で買い取ってもらえます。

 

プリペイドカードに関するQ&A

プリペイドカードに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.プリペイドカードにチャージした金額を返金(払い戻し)できますか?
A.できます。ただし、払出しできるのは現金でチャージした分に限られ、手続きには所定の手数料がかかります。
Q.複数のプリペイドカードの残高を1つにまとめることはできますか?
A.同一ブランドのプリペイドカードであれば、送金や残高合算といった手続きを経ることで残高を1つのカードにまとめることができます。
Q.プリペイドのリアルカードを買い取ってもらって現金化はできますか?
A.チャージ型のプリペイドカードは、カードそのものを買い取ってもらうことができません。したがって、いったんプリペイドカードで商品(Amazonギフト券など)を購入、その商品を買取業者に売却することで現金化できます。なお、使い切り型プリペイドカードであれば、ほとんどのギフト券買取業者などに買い取ってもらえます。

 

 

プリペイドカードを便利に使おう

プリペイドカードは審査不要でだれでも簡単に発行でき、あらかじめチャージして使うのでクレジットカードのように使いすぎることがありません。

現金に代わるキャッシュレス決済手段として、普段のショッピングやネットサービスの購入などに活用できるでしょう。

また、プリペイドカードにチャージした金額は一部のカードを除き、原則として返金(払い戻し)ができません。

チャージした分のお金を現金に変えたい場合は、プリペイドカード現金化を利用しましょう。