PayPay残高は現金化できる?銀行出金やクレジットカード現金化に利用する方法を解説

消費税増税に伴い、キャッシュレス決済のひとつとして「QR・バーコード決済」を活用されている方も多いのではないでしょうか?

代表的なQR・バーコード決済のひとつに、PayPayがあります。

PayPayはスマホひとつでスマートにお買い物ができるほか、PayPayでの支払いで最大1.5%のポイントが付与されるなど、使うほどにお得な決済サービスです。

今回はPayPayにチャージした残高を銀行へ出金する方法や、クレジットカード現金化に利用できる方法について解説します。

PayPayマネーなら銀行口座へ出金可能

PayPayは2019年9月30日から、PayPayマネーを現金として払い出す(出金)ができるようになりました。

PayPayマネーとは、本人確認手続き完了後に銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージした残高のことを指します。

実際に使ってみないと違いが分かりづらいですが、PayPay残高には以下の種類があります。

PayPayマネー本人確認後に銀行口座やセブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金を利用してPayPay残高にチャージした残高
PayPayマネーライトYahoo! JAPANカードや、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用してPayPay残高にチャージした残高
PayPayボーナス特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高
PayPayボーナスライト特典やキャンペーン等の適用に伴い、PayPay残高に進呈された残高(有効期限あり)

参考:https://paypay.ne.jp/help/c0048/

4種類のPayPay残高のうち、銀行の口座に出金できるのはPayPayマネーのみです。

クレジットカードでPayPayにチャージした残高は出金できません。

出金にかかる振込手数料は、ジャパンネット銀行が0円、ジャパンネット銀行以外の金融機関が100円です。

振込完了までにかかる期間は翌営業日~4営業日後となっています。

PayPayはカード現金化に利用できる?

PayPayにチャージできるのは本人認証サービス(3Dセキュア)を登録済みのヤフーカードのみです。

それ以外のクレジットカードはPayPay残高支払いとは別の支払い方法として登録できるだけで、チャージしたり、銀行へ出金したりすることはできません。

さらに、ヤフーカードでPayPayにチャージした残高は「PayPayマネーライト」に該当するため、これも銀行へ出金できません。

PayPayをカード現金化に利用するには、PayPayで購入した商品を買取業者やヤフオクで転売、買取代金(落札代金)を受け取ります。

商品の購入から転売までの手順は次のとおりです。

  1. PayPayでクレジットカード決済ができる準備をしておく
  2. PayPayで商品を購入する
  3. 購入した商品を買取業者やヤフオク、メルカリなどで売る
  4. 買取代金(落札代金)を受け取る

換金性の高い商品にはAmazonギフト券やApple Storeカードなどがありますが、PayPayでは容易に換金できる金券類の購入ができないようになっています。

金券以外で換金性が高く、需要も高い商品には、家電品やゲームソフトなどが挙げられます。

たとえば、PayPayはカメラのキタムラ、ビックカメラ、イシバシ楽器などで利用できるので、それらの店舗で換気率と需要の高い商品を購入、転売することで現金を調達できます。

最短即日でカード現金化したいなら、実店舗で商品を購入、その足で実店舗の買取業者に買い取ってもらいましょう。

ただし、この方法は高く買い取ってもらえる商品、売却先の見極めが肝心です。商品選びや売却先選びが失敗すれば、商品を安売りせざるを得なくなったり、売れ残ってしまったりします。

さらに、ヤフオクやメルカリに出品した商品が売れると、落札手数料や出品手数料などが差し引かれるので、それら手数料も考慮した値付けをしましょう。

PayPay現金化に関するQ&A

PayPay現金化に関する質問をQ&A形式でお答えします。

Q.本人確認をしたらPayPayライトマネーをPayPayマネーにして出金できますか?
A.本人確認をしても、手続き前に保有していたPayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトが、PayPayマネーになることはありません。
Q.PayPayマネーが最近になって銀行口座へ出金できるようになった経緯は?
A.銀行等以外のものが100万円相当額以下の為替取引を業として営むことを資金移動業といい、資金移動業を営むには、「資金決済に関する法律」に基づき、事前に内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。PayPayは2019年9月に資金移動業の登録を完了しました。
Q.PayPay以外のQR・バーコード決済サービスも銀行に出金できますか?
A.出金できます。詳しくはこちらの記事をご確認ください。 >>QR・バーコード決済を出金・現金化する方法

急ぎで現金が必要なときに利用したい資金調達方法

PayPayはすでにPayPayマネーのチャージ分があれば銀行への出金が可能で、やや手間がかかりますが、転売を利用したカード現金化で現金を調達することもできます。

しかし、わざわざPayPayマネーにチャージしたり、転売を利用したりする方法は手間も時間もかかります。

急いで現金が必要な状況で、キャッシングやカードローンも使えない場合であれば、「クレジットカード現金化サイトの利用」がおすすめです。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の残高があれば80~90%の換金率(還元率)で現金を受け取ることができます。

利用者の感想や口コミ評判を参考に、安全性が高く、なおかつ高換金率のカード現金化サイトを選びましょう。

>>「ネット型の現金化業者の選び方」を詳しく見る