Paidyで商品代金を支払う前に現金化!具体的なお金を作る仕組みと注意点

「Paidyなら現金やカードがなくてもお買い物ができて、しかもお金を作ることもできるって本当?」

Paidy(ペイディー)という翌月払い決済サービスをご存知でしょうか?

AmazonやBUYMAといったオンラインショップでのショッピングに、クレジットカードのような翌月後払いができる決済サービスです。

審査不要・登録不要でだれもがPaidyのサービスを利用でき、急な旅行や冠婚葬祭といった現金が必要なシーンで手元にお金がないときには、Paidy現金化によって2~3日でお金を作ることができます。

今回は、Paidyという決済サービスの基礎知識とPaidy現金化について解説していきます。

Paidy(ペイディー)とは

Paidy(ペイディー)とは、株式会社Paidyが提供する翌月払い決済サービスのことです。

電話番号とメールアドレスがあれば面倒な会員登録等の必要がなく、AmazonやBUYMAといった人気のオンラインストアで、クレジットカードの代わりとして決済ができます。

また、審査不要で利用者によって5~30万円の利用限度額が設定されます。

Paidyの利用金額は翌月10日までの後払い方式なので、クレジットカードを持っていない人でもショッピングの機会を逃しません。

支払い方法はコンビニ払い(手数料350円)か銀行振込、あるいは口座振替から選択できます。

利用金額が15,000円以上であれば、支払い方法を一括払いから3~36回の分割払いに変更可能です。

ただし、分割払いの利用は申請時に行われる与信審査を通過する必要があります。

Paidyを現金化する方法

手持ちの現金やクレジットカードのショッピング枠に余裕がない場合でも、Paidyであれば翌月後払いでショッピングができます。

この機能を使って、Paidyで決済した商品をリユースショップや買取専門店に転売してお金を作ります。

Paidyの現金化は、

  1. AmazonやBUYMAで販売されている換金性の高い商品をPaidyで購入
  2. 買取業者に買い取ってもらって現金化

の手順で行います。

換金性の高い商品とは、具体的に人気ブランドのバッグ高級腕時計です。

たとえば、Amazonで販売されているルイ・ヴィトンのサイフやポーチなど、現金化したい金額に応じた商品をPaidyで購入、80~90%の換金率で買い取ってくれる買取業者に販売することでお金を作ることができます。

翌月10日に通常どおり利用金額を支払えば、ふたたびPaidyでのショッピングや現金化が可能です。

Paidy現金化の注意点

Paidyを利用した現金化にはいくつかの注意点があります。現金化でお金を作る前に確認しておきましょう。

Paidy利用規約に抵触するおそれ

Paidyの利用規約には、禁止事項として以下のような記述があります。

第9条(禁止事項)
1.利用者はご自身または第三者を利用して、以下の(1)~(8)の行為を行ってはならないものとします。
(中略)
(6)換金を目的とした商品購入等または犯罪による収益を対象とする商品購入等、本サービスの利用が不適当もしくは不審な行為

換金を目的とした商品購入とは、まさにPaidy現金化のことです。

違反行為が発覚すれば、規約により「当然に期限の利益を失うとともに、当社に対する一切の未払債務を直ちに支払うもの」とされています。

つまり、翌月後払いの権利を失い、ただちに利用金額を全額返金しなければなりません。

Paidy現金化を行ったからといって、すぐにペナルティーが課されるわけではありませんが、利用規約違反行為であるということは意識しておく必要があるでしょう。

現金化に手間と時間がかかる

Paidy現金化は商品の転売を利用した方法ですが、なるべく多くのお金を作るには、

  • 高く売れそうな商品を選ぶ
  • 高く買い取ってもらえる買取業者を選ぶ

というようなある程度の目利きが必要となります。

商品の知識がある人ならどの商品が高く売れるか判断がつくかもしれませんが、詳しくない人からすると商品選びも時間がかかってしまうでしょう。

より慎重に商品を選ぶなら、買取業者がホームページ等で公開しているブランド品の買取相場などもチェックしておく必要があります。

さらに、Paidyはオンライン限定の決済方法ですので、AmazonやBUYMAで購入した商品が手元に届くまでの時間、商品を受け取って買取業者に転売する手間がかかってしまいます。

「今日中にまとまったお金が必要!」という人にとって、Paidy現金化は手間と時間がかかりすぎるため、あまり効率的とは言えない方法です。

換金率が低くなるリスクがある

先ほどの商品選びに関連して、購入した商品が必ずしも高く買い取ってもらえるとは限りません。

商品選びを失敗すると、半額以下の金額でしか買い取ってもらえなかったり、買取そのものを断られたりするリスクがあります。

Paidy現金化に関するQ&A

Paidy現金化に関して寄せられた質問にQ&A形式でお答えします。

Q.Paidyは信用ブラックでも利用できますか?
A.翌月後払いであれば、信用ブラックの方でも利用できます。ただし、分割払いの申請時には与信審査が行われるため、信用ブラックの方は分割払いが利用できない可能性があります。
Q.Paidyの利用限度額は個人信用情報で決まるのですか?
A.Paidyの利用に際して信用情報は照会されていません。限度額は利用状況によって決められているため、滞納せずに使い続けることによって限度額が上がっていきます。
Q.Paidy現金化の目的で購入した商品も分割払いはできますか?
A.購入した商品が高額な場合や、限度額いっぱいに利用している場合は、一括払いのみとなることもあります。

即日でお金を作るならクレジットカード現金化が最速!

Paidyは審査不要、面倒な登録手続き不要でだれでも翌月後払い決済ができる優れたサービスです。

クレジットカードを持っていない人や、信用ブラックでクレジットカードを作れない人でも、Paidyを利用すればオンラインでショッピングができます。

Paidyの現金化は商品の転売の仕組みを利用しているため、借金とは異なる方法でお金を作ることができます。

ただし、お金を受け取るまでには手間も時間もかかります。

急いでお金が必要な状況で、キャッシングやカードローンも使えない場合であれば、「クレジットカード現金化サイトの利用」がおすすめです。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の残高があれば80~90%の換金率(還元率)でお金を作ることができます。

なるべく多くのお金を安全に作るためには、利用者の感想や口コミ評判を参考にして、安全性と換金率の高いカード現金化サイトを選びましょう。