クレジットカード現金化は闇金と関係ある?現金化業者と貸金業者の違いについても解説

クレジットカード現金化は闇金と関係ある?現金化業者と貸金業者の違いについても解説 現金化の仕組み

クレジットカード現金化は、審査なし・最短即日で現金が調達できる便利なサービスです。

しかし、そのようなメリットが「違法な取引をしている闇金業者なのではないか?」という疑いの目が向けられる要素であることも否めません。

結論から言うと、クレジットカード現金化業者は闇金業者ではありません。

また、クレジットカード現金化という取引自体も違法ではありません。

今回はクレジットカード現金化と闇金業者の違いや安全に現金化を利用するポイントについて解説していきます。

なぜクレジットカード現金化は闇金業者と誤解されるのか

このページをご覧になっている方は、「クレジットカード現金化業者=闇金業者ではないのか?」という疑問がおありかと思います。

クレジットカード現金化業者は、そもそも業種からして貸金業ではありません。

ただし、以下に挙げるような闇金業者と疑われやすい側面があることも事実です。

悪質な取引を行ったとして逮捕例がある

クレジットカード現金化を悪用して違法な取引をした会社や個人が逮捕されたケースは少なくありません。

それら逮捕例の多くが「高金利の現金化が貸金業にあたる」として摘発されています。

たとえば、2011年8月に出資法違反容疑で初摘発されたケースでは、

  • 容疑者はクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で事実上のヤミ金融を営んだ
  • 警視庁は「実態としては差し引いた代金の一部を利息とする貸金業に当たる」と判断

「悪質なクレジットカード現金化=闇金」とイメージされるような報道のされ方をしています。

しかし、上記の事例はクレジットカード現金化そのものが違法と判断されたわけではなく、悪質な業者による

  • 顧客がカードで購入した商品の中身について送られてくるまでわからない
  • 取引金額が商品価値と比べて極端に高額

といった売買の実態をもって「悪質な取引があった」と判断されていることがポイントです。

換金率=高金利という見方

クレジットカード現金化をめぐっては、「多重債務者が高金利で金を借りている」ことが問題とされています。

そもそもクレジットカード現金化は貸金業ではないため、換金率および還元率は金利ではありませんが、問題となったクレジットカード現金化では換金率が実質的な金利とみなされ、高金利あったことが指摘されています。

たとえば、30万円以下で利用した場合の実質換金率の相場は80~90%です。仮に換金率90%の業者を利用して1ヶ月後に一括払いで返済したケースを金利に置き換えると、10%×12ヶ月で年利120%になります。

利息制限法で定められている上限金利年利20%です。クレジットカード現金化の一般的な相場でも上限金利の6倍ですから、逮捕例のような悪質な業者が実質換金率70%で取引したとすれば、金利に置き換えてみると上限金利の9倍という数字になります。

しかし、一般的な換金率の相場で営業を続けているような優良現金化業者は、高金利を理由に摘発などされていません。

貸金業ではないクレジットカード現金化の換金率を金利に置き換えること自体に無理があるのですが、先に挙げた出資法違反容疑で逮捕された例では、現金化業者がいかに悪質な取引をしていたかの印象付けとして、換金率=高金利を持ち出していることは否めないのではないでしょうか。

クレジットカード現金化業者と闇金業者の違い

クレジットカード現金化は貸金ではないため、そもそも「クレジットカード現金化業者は闇金業者である」という構図は成り立ちません。

では、クレジットカード現金化と闇金業者はどのような点で異なるのでしょうか。

貸金業との比較も含めて考えてみましょう。

クレジットカード現金化は貸金ではない

クレジットカード現金化の手法は、大きく分けて

  • 商品買取方式
  • キャッシュバック方式

の2つがあります。

銀行や消費者金融のような貸金業ではないことがおわかりかと思います。

さらに、クレジットカード現金化の手法が違法だというなら、中古品買取業者や携帯電話会社のキャッシュバックも違法ということになります。

現状、優良な取引を継続している現金化業者が罪に問われたり、規制されたりしていないのは、クレジットカード現金化の手法自体は違法ではないからです。

そもそも貸金業ですらないクレジットカード現金化が、「闇金融業者」と呼ばれるのは大きな間違いと言えるのではないでしょうか。

出資法・貸金業法・利息制限法に違反していない

貸金業を営む者が遵守しなければならない法律に、出資法・貸金業法・利息制限法の3つがあります。

それぞれの法律の概要は次のとおりです。

出資法出資金を集めることや高金利に関して規制する法律
貸金業法貸金業者の組織運営や営業行為等を規制する法律
利息制限法貸金の利息の利率を一定限度にまで制限する法律

これら3つの法律は貸金業における営業や利息について定めたものであり、貸金業でない現金化業者には通常適用されません。

先に挙げた悪質な現金化を行っていた業者は出資法違反容疑で逮捕されていますが、紹介したように商品売買を隠れ蓑にして(実際は商品の発送すら行っていなかったにも関わらず)高利の貸付を行っていたと判断され、出資法違反容疑で逮捕されるに至っています。

違法な取り立てがない

闇金業者の特徴のひとつとして、暴言を吐いたり嫌がらせをしたりする、利用者のプライバシーを侵すといった違法な取り立てがあります。

クレジットカード現金化は貸金業ではないため、たとえ支払いが遅れても取り立てが行われることがありません。

支払いが遅れた場合の督促等は、現金化の取引の際に利用したクレジットカードのカード会社が通常どおり行います。

安全に現金化を行うには優良業者選びが重要

クレジットカード現金化と闇金業者がまったく別物であること、クレジットカード現金化自体は違法でないことがおわかりいただけたかと思います。

しかし、現金化業者の中にも換金率を偽ったり、不明瞭な手数料を請求したりする悪質な業者が存在します。

実際に、今すぐ現金を必要とする利用者の弱みに付け込み、相場とは大きくかけ離れた換金率で取引をしていた業者が逮捕された例もあります。そのため、「クレジットカード現金化は安全である」とするのは早計です。

安全に現金化を行うには、適正な換金率と丁寧な対応で取引を行う優良業者を見極めなければなりません。

「業界最高換金率」や「スピード入金」といった謳い文句にばかり注目するのではなく、業者のホームページやオペレーターの電話対応、口コミ評判など、さまざまな角度から安全な業者かどうかを検討しましょう。