クレジットカード現金化で身分証の提示が必須な理由を解説

クレジットカード現金化で身分証の提示が必須な理由を解説その理由とは 現金化の方法

クレジットカード現金化では、身分証の提示を求められることがあります。

「身分証を提示して、個人情報を悪用されないか?」と考える人もいるかもしれませんが、基本的にその心配はありません。

なぜクレジットカード現金化に身分証の提示が必要なのか、どんな身分証を提示するのかを知ることで、個人情報流出などの不安を払拭することができます。

クレジットカード現金化に身分証提示が必要な理由

クレジットカード現金化でなぜ身分証の提示が必要なのか、まずはその理由からお伝えします。

クレジットカード現金化で身分証が必要な理由は、次の2つです。

  • カードの不正利用防止のための本人確認
  • 「買取方式」は身分証の提示が法律で定められているため

2つの理由について、詳しく解説していきます。

カードの不正利用防止のための本人確認

クレジットカード現金化業者は、利用者によるカードの不正利用をもっとも恐れています。

カードの所有者本人ではない第三者がカードを不正に取得、クレジットカード現金化で現金を調達してしまうことは、現金化業者にとってもリスクなのです。

具体的には、落とした財布からクレジットカードが何者かによって抜き取られ、そのカードで現金化業者で利用されるというケースが考えられます。カード現金化はクレジットカードに書かれている情報だけで現金が取得できるため、本人になりすませば不正利用ができてしまうのです。

不正利用が発生して所有者本人から届け出があった場合、クレジットカード会社はその損害を補償します。この時点で現金化業者にも過失が認められた場合には、その分を補填しなければならず、契約そのものが打ち切られてしまう可能性もあります。

クリーンな取引、カード利用停止ゼロを掲げる現金化業者にとっては看板にキズがつく事態となるため、不正利用防止の目的で本人確認を実施しているのです。

「買取方式」は身分証の提示が法律で定められているため

読まなくなった本や遊び終わったゲームをリサイクルショップ等に買い取ってもらったことのある人は、買取時に身分証の提示を求められたことがあるでしょう。

クレジットカード現金化もこの「中古品買取」の取引が発生する場合があり、身分証の提示が必要となります。

クレジットカード現金化には「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類の仕組みがあり、「買取方式」で行われる中古品売買の取引には「古物営業法」が適用されます。

(確認等及び申告)
第十五条 古物商は、古物を買い受け、若しくは交換し、又は売却若しくは交換の委託を受けようとするときは、相手方の真偽を確認するため、次の各号のいずれかに掲げる措置をとらなければならない。
一 相手方の住所、氏名、職業及び年齢を確認すること。
二 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢が記載された文書(その者の署名のあるものに限る。)の交付を受けること。
三 相手方からその住所、氏名、職業及び年齢の電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法をいう。以下同じ。)による記録であつて、これらの情報についてその者による電子署名(電子署名及び認証業務に関する法律(平成十二年法律第百二号)第二条第一項に規定する電子署名をいい、当該電子署名について同法第四条第一項又は第十五条第一項の認定を受けた者により同法第二条第二項に規定する証明がされるものに限る。)が行われているものの提供を受けること。

引用:古物営業法

「買取方式」をより詳しく説明すると、

  1. 利用者の希望額に応じた商品の購入を現金化業者が指示
  2. 利用者が購入した商品を現金化業者が買い取り
  3. その買取代金を利用者の口座に振り込む

という仕組みで現金が振り込まれます。

つまり、2.の時点で中古品買取の取引が発生するため、現金化業者は古物営業法に基づく本人確認が必要となるのです。

キャッシュバック方式を採用している現金化業者でも、不正利用防止のための本人確認に身分証の提示を求めています。

一切の本人確認を行わない業者であれば、その理由を問い合わせたほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化で提示が求められる身分証の種類

クレジットカード現金化で提示が求められる身分証には次のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住基カード
  • 年金手帳
  • 学生証(満20歳以上)
  • 在留カード

いずれか1つがあれば身分証として提示することができます。

市役所の手続きのように、顔写真がない身分証に補助書類の添付が必要になることもありません。

身分証以外に必要となる書類

身分証以外に、クレジットカード現金化では次のような書類が必要となります。

提示する必要はありませんが、手元に置いておくと手続きがスムーズです。

クレジットカード

業者が指定する商品を購入する際にクレジットカード決済が必要となるため、ショッピング枠の残高があるクレジットカードを手元に準備しておきましょう。

金融機関のキャッシュカード or 銀行通帳

買取代金を振り込んでもらう口座の金融機関名、支店名又は支店番号、口座番号といった口座情報が必要となるため、手元に準備しておきましょう。

口座情報がわかればいいので、キャッシュカードや銀行通帳を提示したり、複写したりする必要はありません。

まとめ

クレジットカード現金化で身分証が必要な理由や、提示が求められる身分証の種類について解説しました。

消費者金融のキャッシング等と違い、クレジットカード現金化は審査が不要なため、多くの書類は必要ありません。

基本的に「身分証」と「ショッピング枠の残高がある本人名義のクレジットカード」があれば利用できます。

身分証以外の書類の提示を求められたり、電話番号や勤務先、クレジットカードの暗証番号を口頭で伝えるよう指示されたりした場合は、明らかな悪質業者ですので注意しましょう。

また、身分証を提示を求められたからといって、個人情報を不正利用するような現金化業者は存在しません。

「どうしても不安!」という人は、口コミで評判の良い優良業者を選びましょう。

利用者の多くが「満足している」と答えている優良業者であれば、個人情報流出のようなリスクを心配せず、高い換金率で取引ができます。