家族カードを賢く使おう!おすすめの活用方法や利用にあたっての注意点を解説

クレジットカードを所有している本人の家族に対し、追加で発行できる「家族カード」をご存知でしょうか?

家族カードは、家族本人の返済能力や信用情報に関わりなく発行でき、家族で効率よくポイントが貯められる、同一の付帯サービスを受けられるなどのメリットがあります。

今回は家族カードの基礎知識や、メリット・注意点、家族向けにおすすめのクレジットカードについて解説します。

「家族カード」は自分の家族に作れる追加カード

家族カードは、クレジットカードの契約者である本会員の家族に対し、追加カードとして1人1枚まで発行できます。

ここで言う「家族」とは、本会員と生計が同一の配偶者、18歳以上の子供、本会員の両親です。

ただし、カード会社によって審査基準が異なり、兄弟姉妹や祖父母、義理の両親に家族カードが発行できない場合もあります。

家族カードの審査と信用情報

家族カードを新たに発行する際、家族本人ではなく本会員の信用情報が照会されます。

たとえば、カード契約者(本会員)である夫が、新たに妻の家族カードを発行する場合、信用情報が照会されるのは妻ではなく、本会員の夫です。

本会員がカード発行後に返済を遅延したり、転職して大きく収入を下げたりしていない限り、基本的には無審査で家族カードを発行することができます。

なお、家族カードの名義は本会員のものではなく、カードを所持している家族本人の名義となり、またカードの暗証番号も、家族ごとに任意の番号を設定できます。

家族カードの利用可能枠と引き落とし口座

家族カードの利用可能枠は、本会員カードと共有です。

たとえば、夫(本会員)の妻と子供(家族会員)が家族カードを所持していて、本会員カードのショッピング利用可能枠が50万円のケースで考えてみましょう。

本会員カードのショッピング利用可能枠が50万円として、夫がすでに20万円分の枠を利用していた場合、その月は本会員と家族会員で合わせて30万円まで利用できます。

また、本会員と家族会員のカード利用代金の引き落とし口座は、カード毎に分けることはできず、本会員の口座から一括しての引き落とされます。

家族カードのメリット

家族カードを発行すると、本会員および家族会員は、以下のようなメリットが得られます。

本会員よりもカード年会費が安くなる・または無料

家族カードの年会費は、本会員よりも安く設定されています。

ゴールドやプラチナなど、本会員カードのグレードが高いと、家族カードの年会費が無料になる場合もあります。

したがって、家族がそれぞれ異なるカードを持つよりも、カードの維持コストを低く抑えることができます。

本会員カードと同一・同額の保険が付帯している

本会員カードに海外旅行傷害保険やショッピング保険などのサービスが付帯している場合、家族カードにも同額の保険が適用されます。

そもそも、本会員カードの保険には家族特約が付いていますが、本会員よりも補償額が低くなっています。

家族カードであれば、本会員と同一・同額の保険が適用されるため、海外旅行や出張などでも安心です。

本会員は家族カードのポイントやマイルも付与される

家族カードを利用したときのポイントは、本会員にまとめて付与されます。

複数人が家族カードを利用すれば、本会員1人で利用するよりもポイントやマイルが貯まるため、キャッシュバックや特典が受け取りやすくなります。

引き落とし口座が共有なので管理しやすい

家族カードの利用代金は、本会員カードの利用代金と合算され、本会員の口座から引き落とされます。

利用明細も本会員と家族会員分がまとめて記載されているため、家族でバラバラにクレジットカードを所持するよりも家計管理がしやすくなります。

専業主婦や学生・フリーターでもクレジットカードが作れる

前述の通り、家族カードを新たに発行する際は、家族本人ではなく本会員の信用情報が照会されます。

したがって、クレジットカードが作りづらいと言われている専業主婦や学生、フリーターなどでも、本会員の信用情報に問題がなければ、家族カードを発行することができます。

なお、家族カードのクレジットヒストリー(利用履歴)も、本会員にまとめて集約されるため、家族カードで良好なクレヒスを積み上げれば、本会員のクレヒスに反映されます。

プラチナカードへのランクアップを狙っていたり、将来的にローンでマイホームの購入を計画していたりする場合は、家族カードで良好なクレヒスを育てていきましょう。

家族カードの注意点

家族カードを発行したり、利用したりするにあたっては、以下の点に注意しましょう。

家族カードを発行できない場合がある

家族カードは原則として無審査で発行できます。

しかし、以下の2点のケースでは、発行できない場合があります。

1つめは、本会員のステータス(経済的信用)が契約時よりも下がっている場合です。

本会員がカードを契約した時点では信用情報に問題がなかったものの、後にキャッシングの利用があったり、支払いの滞納があったり、あるいは転職や退職等で収入がマイナスになったりした場合に、審査に落ちてしまう可能性があります。

2つめは、家族カードを発行する家族本人と、そのカード会社の間で、過去に事故があった場合です。

本会員の信用情報に問題がなかったとしても、家族カードを発行しようとしている家族本人が、過去にそのカード会社のクレジットカードで支払いの滞納や強制解約などの事故を起こしていた場合は、審査に落ちてしまう可能性があります。

本会員の利用可能枠以上のカード利用ができない

家族カードの利用可能枠は本会員カードと共有であることは、すでに述べたとおりです。

たとえば、夫・妻・子供の家族3人のうち、本会員の夫のカードのショッピング利用可能枠を50万円とします。すでに夫がカードで40万円、妻がカードで5万円を使っていた場合、その月の残高は5万円です。

本会員と家族会員合わせて、残り5万円までしか利用できないため、家族全員で利用状況を考えりる必要があります。

家族カード分の管理の手間がかかる

家族カードの枚数が多いほど、カードの管理の手間がかかります。

たとえば、本会員のショッピング利用可能枠50万円のうち、その月は5万円までしか使っていなかったとしても、他の家族が40万円を使っていた場合、翌月の支払いは45万円となります。

「子供がゲームの課金で家族カードを使ってしまい、思わぬ金額の支払いをする羽目になった」といったトラブルも起こり得るため、家族カードを複数枚発行している場合は、しっかりとした管理が必要です。

クレジットカード現金化ができない

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠の残高を現金に変えるサービスです。

急ぎで現金が必要になったときに、借入に頼ることなく、クレジットカードのショッピング枠の残高の範囲内で現金を手にすることができます。

クレジットカード現金化は、本会員のクレジットカードでのみ利用可能で、家族カードでは利用できません。

家族カードにおすすめのクレジットカード

年会費の安さやポイント還元率の高さ、付帯サービスなどの要素から、家族カードを発行するのにおすすめのクレジットカードをご紹介します。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

発行カード会社 株式会社オリエンタルコーポレーション
国際ブランド MasterCard・JCB
申し込み対象 【本会員】18歳以上で安定した収入がある

【家族会員】本会員と生計をともにする18歳以上の配偶者(別姓・同性パートナーも含む)・両親・子供(高校生を除く)※最大3名まで

年会費 永年無料
カード利用枠 10万~300万円
ポイント還元率 1.0%(入会後6ヵ月間は還元率2.0%)
付帯サービス 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険ほか
公式ページ https://www.orico.co.jp/thepoint/

オリコカードのもっともスタンダードなクレジットカードです。

本会員・家族会員ともに年会費が永年無料で、なおかつポイント還元率1.0%と高い水準にあります。

家族会員は最大3名までですので、本会員と合わせて4人まで所持することができます。

JCB CARD W

発行カード会社 株式会社JCB
国際ブランド JCB
申し込み対象 【本会員】18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定継続した収入がある

【家族会員】生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)

年会費 永年無料
カード利用枠 10万円~
ポイント還元率 0.2%~
付帯サービス 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、ショッピングガード保険(海外のみ最高100万円)、国内・海外航空機遅延保険
公式ページ https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

「JCB CARD W」は、日本唯一の国際カードブランドであるJCBのクレジットカードです。

ポイント還元率は基本が0.2%で、JCBオリジナルシリーズ優待店で利用すれば、さらに2~10倍のポイントが付与されます。

利用限度額は公表されていませんが、初回契約時には10万~100万円の範囲内で設定されています。

MUFGカード ゴールド

発行カード会社 三菱UFJニコス
国際ブランド Visa・MasterCard・JCB
申し込み対象 【本会員】18歳以上で安定した収入がある

【家族会員】本会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)

年会費 【本会員】2,095円(税込)※初年度年会費無料

【家族会員】1名まで無料、2人目より1名につき440円(税込)※初年度年会費無料

カード利用枠 10万~200万円
ポイント還元率 0.1%
付帯サービス 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高2,000万円)、ショッピング保険(年間限度額100万円)、空港ラウンジサービスほか
公式ページ https://www.cr.mufg.jp/apply/card/mufgcard_gold/index.html

三菱UFJニコスが発行するゴールドランクのクレジットカードです。

注目すべきは、本会員の年会費がゴールドカードの中でもリーズナブルな2,905円(税別)であることで、家族カードは1名まで年会費無料、2人目以降も1名440円となっています。

リーズナブルな年会費でありながら、空港ラウンジの利用などゴールドカードならではの特典が受けられます。

家族カードに関するQ&A

家族カードに関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.家族カードは申し込み後どのくらいで届きますか?
A.カード会社によりますが、基本的には約1週間から10日ほどで届くようです。
Q.家族カードの利用可能枠は増枠できますか?
A.家族カードの利用可能枠は本会員のものと共有であり、家族で個別に利用可能枠を設定することはできません。ただし、カード会社は定期的に本会員の利用状況を審査していますので、本会員のステータスやクレヒスが良好であれば、本会員のカードの利用可能枠が自動的に増枠され、それに伴って家族カードの利用可能枠も引き上げられます。
>>「家族カードの利用可能枠」について詳しく見る
Q.家族カードの利用分を、家族本人の口座から引き落とすように設定できますか?
A.原則、家族カードの利用分を、家族会員の口座から引き落とすことはできません。ただし、一部のクレジットカードには、家族カードに個別の引き落とし口座を設定できるものがあります。
Q.信用ブラックや債務整理の人も、家族カードなら発行できますか?
A.信用ブラックや債務整理をしている人も、自身の家族が作成した家族カードであれば、発行すること自体は可能です。ただし、信用ブラックや債務整理をした本人が、そのカード会社のクレジットカードで過去に事故を起こしている場合は、家族カードであっても発行することができない場合があります。

家族カードでお得に支払い&ポイントを活用しよう

家族カードは、本会員の信用力をもとに審査が行われるため、家族本人の返済能力や信用情報は問われず、基本的に無審査で発行することができます。

したがって、専業主婦や学生、すでに退職した両親などでも、家族カードを発行してショッピングや支払いに利用できます。

家族カードなら、家族が個別に複数のカードを持っているよりも年会費が抑えられ、家計管理もしやすくなります。

ただし、利用可能枠は本会員とその他家族会員と共有となるため、家族でしっかりと管理をして、使い過ぎを防ぐことが重要です。

家族カードを賢く使えば、本会員のクレヒスが育ち、ポイントもどんどん貯まっていきますので、計画的に、上手に活用していきましょう。