家族カードでも現金化はできる?|メリット・注意点やおすすめの優良店を解説

キャッシングやカードローンが利用できない状況でも、現金を手に入れる方法の一つに、クレジットカード現金化があります。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入、その商品を業者に買い取ってもらうか、キャッシュバック特典を受けるかして、現金を受け取るサービスです。

通常のクレジットカードでのショッピングと変わらないため、キャッシングやカードローンといった融資・借入とは異なり、審査が不要で、信用情報にも影響がありません。

では、クレジットカード現金化は、家族カードでも可能なのでしょうか?

結論から言うと、家族カードでもクレジットカード現金化は可能ですが、本人名義のカードよりも注意すべきポイントが多く、リスクの高いサービスであることを理解しておく必要があります。

今回は家族カードの現金化について、具体的な方法や注意点、家族カードOKな優良現金化業者を解説します。

家族カードとは

家族カードとは、カード会社との契約者である本会員の家族に対し、追加カードとして1人1枚まで発行できるクレジットカードのことです。

新たに家族カードを発行する際、家族本人ではなく本会員の信用情報が照会されるため、無職や無収入の人であっても家族カードを持つことができます。

さらに、家族カードの利用可能枠は本会員カードと共有で、カード利用代金の引き落とし口座も、本会員の口座から一括して引き落とされます。

カード会社によって家族カードの審査基準が異なるため、兄弟姉妹や祖父母、義理の両親に家族カードが発行できない場合もあります。

詳しくは、以下の記事をご参考になさってください。

家族カードで現金化する方法

家族カード現金化は、「自分でカード現金化をする」方法と、「家族カードOKの現金化業者を利用する」方法の2つがあります。

それぞれの方法について、詳しく解説します。

「自分でカード現金化」はAmazonギフト券買取を推奨

自分でカード現金化は、クレジットカードで「換金性の高い商品」を購入、その商品を専門業者に買い取ってもらうことで、現金を受け取ります。

換金性の高い商品には、新幹線の回数券や商品券、高級ブランドの商品などが挙げられますが、おすすめは「Amazonギフト券」です。

Amazonギフト券の換金率は、90%前後と非常に高い水準で安定しています。

ただし、Amazonギフト券は、コンビニや家電量販店などでも売られていますが、これらは現金でなければ購入できません。

クレジットカードで購入できるのは、Amazonの公式サイトで販売されているAmazonギフト券のみです。

Amazonギフト券の「Eメールタイプ」を選べば、現物のギフト券が郵送されるのを待つことなく、メールで送信される「ギフトコード」を使って、すぐに買取業者に買い取ってもらうことができます。

家族カードの現金化に対応している業者はごく少数

カード現金化サービスを専門に取り扱う業者もありますが、家族カードに対応している業者はごく少数です。

その理由は、第三者によるカードの不正使用を防止するためで、家族カードであっても自分名義のカードでない場合は取引を断るという現金化業者は少なくありません。

もちろん、家族カードでも取引OKな現金化業者も、少数ながら存在しています。

カード現金化業者を利用すれば、審査不要・最短即日で現金を受け取ることができます。

家族カードで現金化をするメリット

家族カードで現金化をする場合のメリットは、実際のところほとんどありません。

強いて言うならば、無職・無収入で本人名義のクレジットカードを持てない方でも、家族カードがあれば、カード現金化で現金を手にする機会が増えるということでしょうか。

友人との旅行や冠婚葬祭など、急に現金が必要になるタイミングで、無職や無収入の方は、なかなか現金を手に入れる機会がありません。

そんなときでも、家族カードのショッピング枠の範囲内であれば、審査不要のカード現金化でまとまったお金を手に入れることができます。

家族カードの契約内容によっては、キャッシング枠付きのカードもありますが、「なるべく借金をしたくない」という方は、カード現金化でお金を作ることも、選択肢の一つとなるでしょう。

家族カードで現金化をする場合の注意点

家族カードの現金化はメリットよりもデメリット、注意点のほうが多いです。

どうしても家族カード現金化をしなければならないときは、以下の注意点をよく確認しましょう。

キャッシングよりも手数料負担が大きい

クレジットカード現金化のサイトでは、「最大98.5%」といった高い換金率が提示されていますが、実際の取引では決済手数料や消費税といった名目で手数料が差し引かれるため、90%を超える換金率で現金化はほぼできません。

実質換金率は70~80%がおおよその相場で、これは 「1ヶ月で20~30%の手数料がかかる」と言い換えることができるでしょう。

たとえば、10万円の現金を手に入れるために、換金率80%で現金化する場合、12万5,000円の商品を購入する必要があります。

10万円 ÷ 0.8 = 12万5,000円(手数料として2万5,000円)

一方、10万円を年利18%(利息制限法における上限)でキャッシングして、これを1ヶ月で返済する場合、かかる金利は1,479円です。

 

10万円 × 18% ÷ 365日 × 30日 = 1,479円

カード現金化とキャッシングを比較すれば、どちらの方が手数料負担が大きいサービスかがおわかりいただけるかと思います。

審査が不要、最短即日で現金が手に入れられるなど、カード現金化にはキャッシングにはないメリットもありますが、たとえ換金率が80%であっても、非常に高額な手数料がかかるということは覚えておく必要があります。

家族全員のカードが利用停止になるリスクがある

カード会社は、会員規約で「換金目的のカード利用」を固く禁じています。

万が一、カード会社に「換金目的のカード利用」がバレると、利用停止および強制解約のペナルティーが課されるおそれがあります。

しかも、利用停止や強制解約は、カード現金化を行った家族カードのみならず、本会員以下すべてのカードに適用されます。

家族に内緒でカード現金化を行い、利用停止や強制解約となってしまえば、トラブルに発展することは火を見るより明らかです。

カード現金化の専門業者であれば、カード会社に現金化がバレないように、利用者に購入させる商品を工夫するなど、万全の対策を講じて取引に応じてくれます。

自分で家族カードを現金化する際は、カード会社に「換金目的のカード利用」がバレないよう、購入する商品の種類や金額に細心の注意を払う必要があります。

必ず本会員の了承を得てから現金化する

本会員と家族会員のカード利用代金の引き落とし口座は、カード毎に分けることはできず、本会員の口座から一括して引き落とされます。

また、家族カードの利用履歴は、全て1つの利用明細に集約され、家族のだれもが閲覧できます。

利用明細上ではカード現金化を行ったことが家族に知られることはありませんが、通常の利用よりも高額であった場合は、トラブルを招く原因になります。

たとえば、毎月家族カードで1万円までしか利用していなかった家族会員が、その月だけ家族に内緒で10万円を利用した場合、家族会議に発展することは目に見えていますね。

どうしてもカード現金化を利用しなければならないときは、必ず本会員の了承を得てからにしましょう。

家族カードOKの現金化業者

ここでは、数少ない家族カードOKの現金化業者・現金化サイトをご紹介します。

スタークレジット

換金率91~98%
入金スピード最短5分
利用限度額10,000円~
キャンペーン20万円以上の利用で換金率3%UP確定
電話受付時間9:00~19:00

スタークレジットは、カード事故0件、換金率91~98%という高い水準のサービスを提供する現金化サイトです。

同社の現金化サービスは1万円から利用可能ですが、大口利用のユーザーを優遇する「20万円以上の利用で換金率3%UP確定」といったキャンペーンも実施しています。

また、家族カード現金化の実績が豊富なので、家族にバレずに現金化サービスを利用したい人にも、最適なプランを提案してくれることでしょう。

同社の相談窓口は女性オペーレーターも多数在籍していますので、自分名義のクレジットカードを持っていない専業主婦の方の利用も安心です。

Switch(スイッチ)

換金率89~98%
入金スピード最短3分
利用限度額30,000円~
キャンペーン特になし
電話受付時間9:00~19:00

Switch(スイッチ)は、スピード、換金率、安全性の三拍子揃ってバランスの取れたサービスを提供するカード現金化サイトです。

換金率は3万円からの利用で最大89%~、システム手数料・振込手数料は完全無料としています。

申し込みから入金まで、公式ページにてリアルタイムで時間を提示しており、新規の場合は最短20分、リピートの場合は最短5分で振込を確認できます。

また、数少ない「家族カードOK」の現金化サイトなので、家族に内緒で現金化したい人の相談にも親身になって応えてくれるでしょう。

家族カード現金化に関するQ&A

家族カード現金化に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.家族カードで現金化をする場合、本会員の同意が必要ですか?
A.不要です。家族カード現金化の実績が豊富な現金化業者であれば、家族への通知は一切なく、また現金化利用後に家族にバレないように最適なプランを提案してくれます。
Q.キャッシングやカードローンよりもカード現金化がお得なケースを教えて下さい。
A.キャッシングやカードローンは、無職や無収入の方が審査に通過することが難しく、また金融事故や債務整理で「信用ブラック」となっている人は、申し込みの時点で断れてしまいます。カード現金化は審査が不要で、信用情報に一切影響がありません。借入を断られた人であっても、本人名義のカードか家族カードのショッピング枠の範囲内で現金を手に入れることができます。
Q.信用ブラックや債務整理の人でも、家族カードで現金化はできますか?
A.できます。クレジットカード現金化は、カードローンやキャッシングといった借入とは異なるサービスですので、信用ブラックや債務整理をしている人も、自身の家族が作成した家族カードであれば、カード現金化が可能です。

家族カードで現金化はやむを得ない場合のみ有効

家族カードしか持っていないが、どうしても現金が必要になったとき、カード現金化であれば、家族カードであっても審査不要・最短即日で現金を手に入れることができます。

ただし、家族カード現金化は「手数料負担が大きい」ということに加え、「家族にバレるとトラブルに発展する可能性がある」ため、本人名義のカードよりもリスクが高めです。

繰り返し利用することで、カード現金化に依存せざるを得ず、最悪の場合は「カード破産」となるリスクもあります。

したがって、家族カード現金化は「どうしても今すぐ現金が必要で、他に現金を手に入れる方法がない」という緊急時に、限定的に利用することをおすすめします。