クレジットカード現金化のデメリットと対策|優良業者を選んでリスクを最小限に抑えるには

クレジットカード現金化のデメリットと対策 現金化の仕組み

クレジットカード現金化にはデメリット、リスクがあります。

わかりやすいところでは、換金手数料がかかること、カード利用停止になる可能性があるということなどが挙げられます。

しかし、何らかの事情があってクレジットカード現金化で現金を調達せざるを得ないという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、クレジットカード現金化を利用するにあたって理解しておくべきデメリット、リスクを最小限に抑えるための対策および優良業者の選び方を解説します。

クレジットカード現金化のデメリットと対策

クレジットカード現金化を利用する前に知っておきたいデメリットと、その対策についてご紹介します。

利用停止(一括請求)

クレジットカード会社はショッピング枠の現金化を規約で禁止しています。

ショッピング枠の現金化がカード会社に知られると契約違反と見なされ、有無を言わさずカードの利用停止、および利用分の一括請求となることも十分に考えられます。

カード会社は利用者がクレジットカードで何を購入したかを把握しています。以下のケースでは、カード会社からクレジットカード利用について問い合わせの電話がかかってくる可能性が高くなります。

  • 換金率の高い商品を購入している
  • 金券を頻繁に購入している

カード会社が利用者に問い合わせの電話もせずに、突然クレジットカードを利用停止にすることはありません。つまり、対応次第ではクレジットカード現金化を知られることなく、以後もクレジットカードが通常どおり利用できるということです。

カード会社からの問い合わせにオロオロとした受け答えをしていると、クレジットカードの不正利用を疑われる可能性が高くなります。カード会社から連絡があっても、正当なカード利用であったと主張することが大切です。クレジットカード現金化を利用する際は、現金化業者にカード会社から問い合わせがあった場合の対策を聞いておきましょう。

自己破産できない

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して、条件付きですべての借金を帳消しにしてもらう手続きのことです。

債務を返済できるだけの資産がなく、収入も十分でない「支払い不能」の状態である場合に、自己破産は認められます。

しかし、借金の原因がギャンブルや浪費である場合など「免責不許可事由」がある場合は、自己破産が認められないことがあります。

クレジットカード現金化はこの「免責不許可事由」に該当するため、「返せなくなったら自己破産すれば良い」という考えは通用しません。

クレジットカード現金化の利用によって支払不能の状態になっても、自己破産で借金を免じてもらうことはできません。現金化で返済できない額の借金を抱えないように注意することが大切です。ただし、自己破産で借金の全額免除はできなくても、「個人再生」「任意整理」「特定調停」といった方法で借金を減額できる可能性はあります。

換金手数料と分割手数料の二重払い

クレジットカード現金化の利用分を返済する場合、翌月の一括払いか分割・リボ払いかを選択できますが、後者を選択すると現金化の際に支払った換金手数料と併せて、月々の分割手数料がかかります。

たとえば、100万円のショッピング枠を換金率75%で現金化した場合、利用者が調達できる現金は75万円です。これを換金手数料で考えると、25%の手数料分が差し引かれていることになります。

一方、クレジットカード会社には「カード利用者が100万円分の買い物をした」という情報が入っているため、利用者には翌月に100万円の返済義務が発生します。

利用者がこの100万円を分割払いで返済することを選択した場合、現金化でかかった換金手数料の25%に加え、月々の分割手数料(利息)の二重払いとなってしまうのです。

カード現金化を利用するなら、なるべく一括返済にすることをおすすめします。もちろん、利用するからには無理のない返済計画を立てましょう。「返済のためにまたカード現金化を利用する」というように無計画な利用を続ければ、気づかぬうちに多重債務となってしまいます。

詐欺被害

カード現金化を利用した際に、詐欺被害に遭ったというケースも少なくありません。

最近ではAmazonギフト券の現金化業者に関連した、以下のような詐欺被害のケースが発生しています。

聞いていた振込額とは異なる金額が振り込まれる

「高換金率98%」をうたう業者に現金化を依頼したところ、50万円を換金して口座に振り込まれた金額は30万円だったというようなケースです。

実はホームページや利用規約に「換金率はあくまでも最大値」「実際の換金率はホームページの記載とは異なる場合がある」などと、注意書きをしてあることがよくあります。

高換金率をうたう業者は多いですが、実際に98%を超えるような高換金率で現金化できたというケースはほとんどありません。

業者を選ぶ際は、公式サイトや口コミサイトの情報だけを鵜呑みにせず、広く情報収集をして、利用規約や注意書きの中身を吟味することが大切です。

現金が振り込まれない

業者が指定したAmazonギフト券を購入、コードを送信したらそのまま音信不通になったというケースも報告されています。

この場合も高換金率や手軽さだけで業者を選ぶのではなく、実際の利用者の口コミや体験談を参考にして優良業者を見極めることが大切です。

実際に詐欺被害に遭った場合は犯罪の被害者となったわけですので、警察や弁護士に相談して法的措置をとるようにしましょう。

カード不正利用

現金化に利用したクレジットカードが不正利用されるという被害も報告されていますす。

この手口では、現金化取引自体は相場通りの換金率で振込も滞りなく実施されるため、利用者は安全に取引が行われたように思ってしまいます。

しかし、後日クレジットカード会社から送られてきた利用明細書に全く身に覚えがない利用履歴があることから、不正利用が発覚するというケースが多いようです。

言うまでもなく、カード現金化の際に提供したカード情報が不正に利用されたことが原因です。

すべての現金化業者は契約の際に本人確認として、身分証明書の提示など個人情報の提供を求めてきます。本人確認で個人情報を求めることに何ら悪質なことはなく、優良業者でも行っています。

問題は「契約に必要な情報」と騙って、本来は提示する必要のないカード情報を求めてくるケースです。

現金化を急ぐあまりカード情報を業者に渡してしまうと、どのような不正利用の被害に遭うかわかりません。

 

不正利用の被害を未然に防ぐためには、基本的にカード情報の提供に応じないことが必要です。優良業者が電話ごしにカード番号やカード名義、有効期限、セキュリティーコードを聞いてきたり、カードを撮影した画像を送るように指示したりすることはありません。本人確認を目的とした個人情報以外にカード情報の提供を求めてくる業者とは取引しないようにしましょう。

手数料が高い

ホームページなどで98%以上の高換金率をうたう現金化業者は多いですが、実際にそのような高換金率で現金化できるとは限りません。

現金化業者のホームページに記載されている換金率の表には、

換金率表の割合は最大値となっております

と記載されています。

この場合の換金率はあくまでも「最大値」で、記載どおりの換金率(換金手数料)で現金化できるわけではありません。

クレジットカードの現金化を業者に依頼する場合、換金率とは別に換金する額面に対して1%~20%の事務手数料がかかります。

たとえば50万円を95%の換金率で現金化する場合、さらに事務手数料が10%かかると、最終的に振り込まれる金額は以下のとおりです。

50万円 × 0.95 ー (50万円 × 0.1)

= 45万円 ー 5万円

= 40万円

換金手数料や事務手数料は現金化する金額が少ないほど高くなります。

さらに、換金業者が設定している換金率や手数料には、法律等で定められた制限がありません。

相場よりもかなり高い換金率で利用者を勧誘しながら、実際は40%を超えるような手数料を取る悪質な業者も報告されています。

クレジットカード現金化を利用する前に、事前に見積もりを取るなどして、実際に調達できる金額を確認しておきましょう。業者によっては手数料の減額に交渉に応じてくれるところもあるようです。

家族に利用したことがバレる

現金化業者の仕組みによっては、利用者が現金化の際に購入した商品を指定の住所に送るところもあるようです。

したがって、自宅等に送られてきた商品からクレジットカード現金化を利用したことが家族に知られるリスクがあります。

最近では自宅に商品を送らず、Amazonギフト券のようにデータで購入させるケースや、店舗受け取りにするケースも増えています。

商品の発送とは別に、カードの利用明細が家族に見られたことで発覚するリスクもあります。

家族にクレジットカード現金化を知られたくない場合は、事前に現金化業者に相談することも一つの手です。第三者がクレジットカード現金化を利用したことがわからないように、対応策を提案してもらえることもあります。

安心して利用できる業者を選ぶ方法

ここまで解説してきたように、クレジットカード現金化にはデメリットもあります。リスクを最小限に抑え、安心してクレジットカード現金化を利用できる優良業者を選ぶ方法をご紹介します。

換金手数料や振込金額を正直に教えてくれるか

現金化を利用する前に換金率の事実を正直に伝え、実際の振込金額を教えてくれる業者こそ、クリーンな取引をしてくれる優良業者と言えるでしょう。

前述の通り、現金化業者がホームページ等に記載している「換金率98%」で現金化を利用できることはあり得ません。

現金化業者は利用者のクレジットカードのオーソリ(信用承認)を通すため、決済代行業者と契約するか、自ら決済代行業を営む必要があります。

クレジットカードには通常2%~7%程度の決済手数料がかかるため、ホームページ上で記載されている「98%」での現金化は、業者にとって赤字確実です。

つまり、決済手数料分をカバーする名目の事務手数料がかかるため、換金率98%以上での現金化は事実上存在しません。

現金化を利用する前には必ず、実際にかかる手数料や最終的な振込金額について問い合わせるようにしましょう。

利用者の状況の理解と配慮

クレジットカード現金化の利用者は少なからず、「銀行から融資を断られた」「どうしても24時間以内に現金が必要」などの事情があってクレジットカード現金化を利用しているはずです。

もちろん、現金化業者も利用者の状況や事情を理解しています。

利用者に寄り添った配慮をしてくれるか、あるいは弱みに付け込んで利用者に不利な取引を行うかで、優良業者か悪質業者かが分かれます。

クレジットカード現金化を利用する場合は、利用者の債務の状況に配慮し、返済についての相談に乗ってくれるような業者を選びましょう。

カード会社への対応方法を教えてもらえる

クレジットカード現金化を利用したら、カード会社からの問い合わせの電話に落ち着いて対応できるように準備をしておく必要があります。

「カードの利用停止トラブルゼロ」をうたう現金化業者もありますが、実際にトラブル回避のためにどのような提案をしているかが重要です。

実績が豊富な優良業者はカードの利用停止を心配する利用者の心理を理解しているため、あらかじめカード会社への対応方法を教えてくれるでしょう。

2回目の利用で換金率の優遇

現金化業者の中には、リピーターになることで2回目以降の換金率を優遇してくれるところもあります。

優遇措置のある現金化業者は、「返済について具体的な提案をしてくれる」「換金率や事務手数料の仕組みを教えてくれる」など、利用者に寄り添ったサービスを提供していることが特徴です。

優遇措置も「換金率1%アップ」ではなく、2~3%以上優遇してくれるような業者を選ぶと良いでしょう。

優良業者を選ぶことでリスクを最小限に

クレジットカード現金化を利用することで生じるデメリットやリスク、安心して利用できる業者選びについて解説しました。

クレジットカード協会がカード現金化を禁止していることからもわかるように、クレジットカード現金化を利用することにリスクが全く無いということはあり得ません。

クレジットカード現金化を利用する際は、デメリットやリスクが生じることを理解した上で、いかにしてリスクを最小限に抑えるかが重要です。

実績が豊富で口コミ評判も良い優良業者を選べば、利用者がクレジットカード現金化を利用せざるを得ない事情に配慮し、なるべくリスクを抑えた利用方法を提案してくれるでしょう。