クレジットカード現金化は危険?利用者が被る取り返しのつかないリスクとは

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の残高があるクレジットカードさえ用意できれば、最短即日でお金が作れる便利な方法です。

「給料日前で生活費が苦しい」「明日までに支払いが必要」といった緊急時には、消費者金融等でお金を借りるよりも早く、低コストでお金を手に入れられます。

ただし、便利なクレジットカード現金化も、実際にはさまざまな危険性が潜んでいます。

今回は、クレジットカード現金化に潜む危険性とその対処法を解説します。

カード利用停止となるリスク|現金化の危険性①

クレジットカード現金化の危険性の最たるものが、カード利用停止となるリスクです。

カード会社は会員規約で「換金目的のカード利用」を禁止しており、万が一、カード現金化がカード会社にバレると、カード利用停止処分となる可能性がきわめて高くなります。

カード利用停止になることで、以下のようなデメリットが発生します。

強制解約によるリスク

カード会社の利用規約に違反すれば、強制解約となる可能性がきわめて高いです。

強制解約となれば、信用情報機関のJICCに事故情報として記録され、いわゆる「信用にキズがつく」状態となります。

事故情報は最長5年以上記録が残るため、その間は新しいカードが作れなくなったり、ローンの審査で不利になったりと個人のマネープランに悪影響を及ぼします。

利用金額の一括請求

強制解約となれば、これまでのクレジットカードの利用金額を一括で請求される可能性が高くなります。

分割払いやリボ払いで月々の返済負担を減らしていた人からすると、一括請求は大きな負担となるでしょう。

さらに、一括請求ができないといって無視し続けると、財産や銀行口座を差し押さえられてしまう可能性もあります。

強制解約となってしまったら、速やかにカード会社に連絡し、返済について相談しましょう。自分の経済状況などをしっかりと説明すれば、分割返済などに応じてもらえるかもしれません。

【対処法】「カード事故0件」の優良業者を利用する

以下に挙げる条件は、「換金目的のカード利用」がカード会社に疑われやすくなります。

  • 新幹線の回数券など換金性の高い商品を購入する
  • 新規発行したカードでショッピング枠いっぱいに利用する
  • キャッシング枠を使い切ったカードでショッピング枠いっぱいに利用する

とくに自分で現金化する商品を選び、転売によって現金化する場合は注意が必要です。

クレジットカード現金化が原因でカード利用停止にならないためには、「カード事故0件」の優良業者を利用しましょう。

カード事故0件の取引実績があるカード現金化業者であれば、カード会社に換金目的の利用がバレないようにしっかりと対策を講じているので、安心してカード現金化ができます。

万が一、カード会社に換金目的の利用を疑われたとしても、正しく対処すればカード利用を再開できるでしょう。

悪質な業者の存在|現金化の危険性②

現在、「クレジットカード現金化サービス」を取り扱う業者は非常に多く、そのなかには悪質な業者、闇金業者も存在しています。

消費者センターなどでは、クレジットカード現金化業者に騙されたという相談件数が急増しており、金融庁なども警鐘を鳴らしています。

悪質な業者との取引には、以下のような危険性があります。

実際の換金率が予定よりも低い

「こちらが指定する商品なら、95%以上の換金率で現金化ができる」と高換金率をうたいながら、実際に取引をすると「商品にキズがついている」「事務手数料がかかる」といった理由をつけて、実際の換金率が60%にも満たないというケースがあるようです。

商品を購入したのに現金が振り込まれない

ネット型の現金化業者を利用する場合、業者が指定するECサイトなどで利用金額に応じた商品を購入するプロセスが発生します。

しかし、商品を購入したあとに業者のサイトがなくなっていた、連絡が取れなくなっていたという事案があるようです。

インターネットでの商品購入は基本的にキャンセルができず、換金目的のカード利用であるがゆえに、クレジット会社に相談することもできません。

個人情報やカード情報の悪用

クレジットカード現金化では、以下の個人情報が必要となります。

  • 氏名・・・身分証との照合用
  • 電話番号・・・連絡用
  • メールアドレス・・・連絡用

本人確認の手続きは基本的に身分証明書のコピーや画像を送信すればOKですが、なかには不正使用を目的として個人情報やカード情報を請求する現金化業者もあるようです。

また、ネット型の業者で現金化をする場合、商品の購入は業者が指定するECサイトなどでクレジットカードを使ってショッピングをすれば済みます。

しかし、必要な情報と称してクレジットカードの裏表のコピー、セキュリティー番号などを聞いてくる業者は、カード情報を悪用する可能性が非常に高いと考えられます。

個人情報やカード情報など、現金化に不要なはずの情報を求められたら、業者による情報の悪用を疑いましょう。

【対処法】口コミ評判等で優良業者を選ぶ

悪質な業者との取引を避けるには、自分で転売を利用してカード現金化をするか、安心して利用できる優良業者を選ぶことが重要です。

後者の優良業者選びは、前述の対処法と同じようにホームページの作り込みや取引実績、第三者による口コミ評判を参考にすると良いでしょう。

カード破産のリスク|現金化の危険性③

自分で転売を利用して、あるいは優良業者に依頼して、現金化に成功したとしても、クレジットカードを利用したら必ず期日までに返済しなければなりません。

カード現金化でショッピング枠をお金に変えられても、肝心の返済が滞ると、以下のような取り返しのつかないリスクを負うことになります。

信用ブラックになるリスク

カードの利用金額を滞納してしまうと、信用情報にキズがつきます。

信用情報機関では、3ヶ月以上(61日以上)の長期滞納は重大な金融事故情報として、CICおよびJICCの異動情報欄に掲載されます。

長期滞納は完済してからも、最長5年間は記録が残り続けるため、その間は新たにカードを作ることができない、ローンを組めないなどのデメリットが生じます。

自己破産できないリスク

自己破産とは、財産や収入の不足により、借金の返済がままならない債務者が、支払不能の状態であることを裁判所に認めてもらい、法律上、借金の支払い義務が免責してもらう手続のことです。

いわゆる「カード破産」によって返済がままならない場合、自己破産によって借金をゼロにしようと考える人が少なくありません。

しかし、クレジットカード現金化で背負った借金は、裁判所に自己破産を認めてもらうために必要な「免責許可の決定」を得ることが難しくなる「免責不許可事由」に該当します。

免責不許可事由があったとしても、裁判所に自己破産を認めてもらうことは不可能ではありませんが、弁護士に依頼したり、面倒な手続きが必要だったりと、手間やコストがかかります。

クレジットカード現金化でお金を作る際は、このように自己破産のハードルが高くなるということも理解しておきましょう。

【対処法】返済の見込みを立ててカード現金化を利用する

カード現金化は手持ちのお金がないときに、ショッピング枠をお金に変える便利な方法ですが、お金を手に入れた後には必ず、利用金額の返済が待っています。

個人の生活費や事業の運転資金など、目の前のお金が必要な状況をクリアすることだけでなく、クレジットカード現金化で利用した分の返済までを視野に入れて、カード現金化を検討しましょう。

返済できる見込みがない借金を背負うことは、借金地獄に陥ったり、信用にキズがついたりなどの大きなリスクとなります。

「今すぐお金が必要だが、お金を借りても返すあてがない」という場合は、たとえば自宅にある不用品を売る、給料前払いを利用するなど、より負担の少ない方法を考えることも重要です。

クレジットカード現金化の危険性に関するQ&A

クレジットカード現金化に潜む危険性について、よくある質問にQ&A形式でお答えします。

Q.クレジットカード現金化の実際の換金率はどれくらいが相場ですか?
A.70~80%が換金率の相場です。多くの現金化業者は「最大98%の換金率」を謳い文句にしていますが、実際は消費税や手数料などが差し引かれます。現金化業者を利用する場合は、事前に電話やメールなどで見積りを依頼しましょう。
Q.怪しい業者をホームページで見抜くことはできますか?
A.ホームページが即興的で雑な作りである、連絡先が携帯電話の番号であるなどが挙げられますが、もっとも効率的な方法は、信頼できる口コミサイトで情報収集をすることです。口コミサイトで詐欺などの情報がある、情報が一切ないといったケースは、悪質な業者である可能性が高くなります。
Q.自分の信用情報を調べることはできますか?
A.「情報開示」を請求することで確認できます。情報開示は、本人が個人信用情報機関に申込みをすることにより、CICやJICCに加盟しているクレジット会社等の会員会社との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。
Q.万が一、悪質な業者にお金を騙し取られたら、どこに相談すれば良いですか?
A.まずは消費生活センターに相談しましょう。消費生活センターは、商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問い合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付け、公正な立場で処理にあたっています。また、クレジットカードトラブルに強い弁護士に相談すれば、業者に騙し取られたお金を取り返せる可能性もあります。
Q.自分でクレジットカード現金化をする場合に、カード会社にバレないようにはする方法は?
A.ショッピング枠いっぱいまで利用しないこと、新幹線の回数券や金券など換金性の高い商品を購入しないことが重要です。また、カード会社に不正使用を疑われた場合、すぐにカード利用して石になるわけではなく、セキュリティーロックにより一時的にカードが使えなくなります。その後、カード会社から確認の電話がかかってくるので、換金目的のカード利用でないことを説明して納得してもらえると、カード利用が再開される可能性があります。

危険性を十分に理解したうえでカード現金化を利用する

カード現金化は緊急時に簡単な手続きでお金を作れる便利な方法ですが、カード利用停止や悪質業者の存在など、多くの危険性をはらんでいます。

カード現金化でお金を作る場合は、それら危険性を十分に理解し、しっかりと対策を講じた上で実施しましょう。

利用停止や悪質業者のリスクを抑えるのであれば、実績が豊富で口コミ評判も高い優良業者に依頼するのがベストです。