ショッピング枠現金化は危険なの?違法性やリスクについて解説

「ショッピング枠の現金化」あるいは、「クレジットカード現金化」という言葉を聞いたことはありますか?

いずれも、クレジットカードのショッピング枠をお金に変える方法です。

本人名義のクレジットカードを所持している人であれば、ステータスや返済能力、信用情報などに関わりなく、だれでも簡単にショッピング枠の現金化でお金を手に入れることができます。

しかし、買い物の決済に使うショッピング枠を現金化する行為は、グレーな現金調達方法と言われます。其れはなぜでしょうか。

今回はショッピング枠の現金化について、違法性やリスク、安全に現金化する際に注意すべきことを解説します。

ショッピング枠の現金化とは

ショッピング枠の現金化は「クレジットカード現金化」とも呼ばれ、文字どおり、クレジットカードのショッピング枠をお金に変える方法のことです。

クレジットカードには、買い物の決済に利用できる「ショッピング枠」と、お金を借りられる「キャッシング枠」という2つの枠が設定されています。

通常、2つの枠は用途に応じて使い分けられますが、ショッピング枠を利用して現金を入手する(お金を作る)ことが、「ショッピング枠の現金化」や「クレジットカード現金化」と呼ばれるものです。

ショッピング枠を現金化する仕組み

「ショッピング枠を現金化する」と聞いても、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれません。

ショッピング枠を現金化する仕組みには、「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類があります。

買取方式

買取方式は、クレジットカードでブランドのバッグや金券といった換金性の高い商品を購入、買取業者や現金化業者に転売して現金を得る仕組みです。

転売を利用した単純な仕組みなので、現金化業者を介さずに自分ひとりでも現金を得ることができます。

だれにでも簡単に実践できる現金調達方法として、まとめサイトなどでも紹介されています。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、カード現金化を取り扱っている専門業者から、キャッシュバック特典付きの商品をクレジットカードで購入、その特典として現金をキャッシュバックしてもらう仕組みです。

主にインターネット上で営業している「カード現金化サイト」が取り扱っています。

キャッシュバック特典付きの商品そのものには、金額相当の価値がありません。

利用者は後日、カードで購入した商品を郵送かメール添付にて、必ず受け取る必要があります。

ショッピング枠の現金化は違法?

ショッピング枠の現金化は、買取方式であれ、キャッシュバック方式であれ、行為じたいはクレジットカードで買い物をして、その商品を売っただけ、キャッシュバック特典を受けただけに過ぎません。

したがって、ショッピング枠の現金化は明確な違法行為とは言えず、取り締まる法律もない「グレーゾーン行為」であるのが現状です。

過去の報道では、クレジットカード現金化を取り扱っている業者が摘発された事例もありますが、違法性を問われたのは、現金化の際の手数料が出資法や利息制限法で定める上限金利を上回っていたことであり、ショッピング枠の現金化の行為そのものではありません。

ただし、カード会社は会員規約で換金目的のカード利用を禁止しており、万が一、カード現金化の行為が発覚すれば、利用停止や強制解約といったペナルティーを受ける可能性があります。

ショッピング枠の現金化によるリスク

ショッピング枠の現金化の行為じたいが違法でないことは、すでに解説したとおりです。

しかし、違法でないからといって、むやみにショッピング枠を現金化することは、以下に挙げるリスクが生じるため推奨されません。

カード会社の会員規約に違反する

カード会社各社は、規約で「換金目的のカード利用」を禁止しており、ショッピング枠の現金化がカード会社にバレると、以下のペナルティーが課される可能性がきわめて高くなります。

  • カード利用停止
  • 強制解約
  • 利用金額の全額一括返済

さらに、強制解約となれば、信用情報機関に事故情報として記録され、いわゆる「信用にキズがつく」状態となります。

事故情報は最長5年以上記録が残るため、その間は新しいクレジットカードを契約できない、ローンが組めなくないなど、将来のマネープランに悪影響を及ぼします。

借入の利息より高い手数料がかかる

カード現金化の専門業者に依頼する場合も、自分ひとりで転売を利用して行う場合も、ショッピング枠の現金化には手数料が付きものです。

一般的に、カード現金化業者を利用した場合の買取率(キャッシュバック率)は、商品の購入代金に対して70~80%とされています。

たとえば、ショッピング枠の現金化で5万円を手に入れたいと考えたとき、買取率75%の専門業者に依頼したとすると、約6万7,000円の商品をカードで購入、約1万7,000円が買取手数料の名目で差し引かれます。

これは、カードローンやキャッシングなどの借入の利息よりも高いコストです。

ショッピング枠の現金化で簡単にお金が手に入るとはいえ、決して少額とは言えないコストがかかることは注意しておく必要があります。

違法業者に騙される可能性がある

過去にクレジットカード現金化を取り扱っている業者が摘発された事例があるように、現在でも違法な現金化業者は跡を絶ちません。

ショッピング枠の現金化に使ったクレジットカード情報や個人情報が悪用されたり、現金が振り込まれなかったりという被害も出ています。

自己破産できない可能性がある

いわゆる「カード破産」によって返済ができなくなった場合、自己破産で借金をチャラにしようと考える人が少なくありません。

自己破産とは、債務者が財産や収入が不足して借金の返済がままならならず、支払不能の状態であることを裁判所に認めてもらい、借金の支払い義務を免責してもらう法的手続のことです。

しかし、クレジットカード現金化が原因で作ってしまった借金は、裁判所から免責を得ることが難しくなる「免責不許可事由」に該当します。

免責不許可事由があったとしても、裁判所に自己破産を認めてもらうことは不可能ではありません。

その場合は、弁護士に依頼したり、面倒な手続きが必要だったりといった手間やコストがかかります。

クレジットカード現金化でお金を作る際は、このように自己破産のハードルが高くなるということも理解しておきましょう。

ショッピング枠の現金化に関するQ&A

ショッピング枠の現金化に際して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.ショッピング枠の現金化を利用すると、信用情報に記録されますか?
A.クレジットカード現金化は、あくまでカードで決済をしたショッピングであり、借入とは異なるため、現金化サイトを利用しても、自分ひとりで行っても、信用情報に記録されることはありません。ただし、3回以上あるいは返済まで2ヶ月を超える1回払いは、キャッシングのように金利に応じた利息が発生するため、事実上の借金として扱われ、その残債額(割賦残債)は、信用情報機関のCICに契約期間中および契約終了後5年以内記録されます。
Q.現金化サイトの「換金率最大98.8%以上」でショッピング枠の現金化はできますか?
A.原則できません。現金化サイトでは換金率(還元率)以外にも、決済手数料や消費税の名目で利用金額から差し引かれ、最終的な実質換金率は70~80%に留まることがほとんどです。同じ現金化サイトで継続して良好な取引履歴があり、なおかつ1回の利用金額が数百万円を超え、キャンペーンもフル活用すれば、換金率が90%を超える場合もありますが、少なくとも初回の利用で最大換金率が採用されることはありません。
Q.優良業者と違法業者はどのようにして見分ければ良いですか?
A.比較サイトや口コミ評判で情報収集をした上で、現金化サイトの相談窓口に直接電話で問い合わせることです。スタッフの対応が丁寧で、なおかつ換金率の根拠や取引内容について誠実に答えてくれるようであれば、優良業者と判断して良いでしょう。
Q.どうしてカード会社に「換金目的のカード利用」がバレてしまうのですか?
A.カード会社の自動検知システムにより、クレジットカードの利用状況は常にチェックされています。たとえば、契約したばかりのカードで、突然高額の利用をした場合や、現金化の疑いのあるショッピングサイトや換金性のある商品の購入を購入した場合に、自動検知システムが不正使用を検知して、一時的にカード利用を停止することがあります。この時点ではまだ「換金目的のカード利用」が断定されたわけではありませんが、続いてカード会社のカスタマーセンターから確認の電話があり、契約者の対応如何によって不正使用が発覚する可能性があるのです。

どうしてもショッピング枠の現金化でお金を作りたいなら

ここまで解説してきたように、ショッピング枠の現金化は違法ではないものの、グレーゾーンで正規の現金調達方法とは言えず、取り返しのつかないリスクもあります。

しかし、「売却してお金に変えられる不用品がない」「信用ブラックで借入ができない」といった理由で、ショッピング枠の現金化に頼らざるを得ない人もいるでしょう。

どうしてもショッピング枠の現金化でお金を作るのであれば、「カード事故0件」の実績を持つインターネットの優良現金化サイトを利用しましょう。

ショッピング枠の現金化でもっとも注意すべき「カード会社にバレて利用停止のペナルティーを受ける」というリスクを避けるためには、カード会社に換金目的の利用がばれないように、しっかりと対策を講じている現金化サイトの利用が必須です。

さらに、取引実績が豊富で評価の高いクチコミが多い現金化サイトであれば、換金率(還元率)で優遇されやすく、悪質な業者である可能性も極めて低いと考えられます。

急いでお金が必要な状況であっても、換金率やスピードだけにとらわれず、安全・安心して取引ができる現金化サイトを選びましょう。