携帯決済を現金化するには?換金率の違う3つの方法を解説

現金やクレジットカードの持ち合わせがないときの決済方法として、携帯決済(キャリア決済)を利用している方も多いのではないでしょうか?

docomo, au, Softbankの3大キャリアが提供する携帯決済は、利用限度額の範囲内でショッピングができ、翌月以降の携帯電話料金とまとめて支払いができる便利な決済代行サービスです。

今すぐ現金が必要なのに、銀行や消費者金融ではお金を借りられない、クレジットカードも使えない状態でも、携帯決済の残高の範囲内であれば、現金を作ることが可能です。

今回は、携帯決済の3つの現金化の方法や注意点について解説しいます。

携帯決済とは

携帯決済とは、携帯電話・スマホ所有者が携帯電話会社(docomo, au, Softbank)が設定した利用限度額の枠内でショッピングができる決済代行サービスのことです。

ショッピングの代金は翌月以降の携帯電話の利用料金とまとめて支払いができるため、いざというときの決済手段として人気があります。

携帯決済は、docomo, au, Softbankのスマホや携帯電話を所持していて、なおかつ毎月の携帯電話代を支払っていれば誰でも利用できます。

携帯決済の利用限度額

携帯決済はクレジットカードと同様に利用限度額が設定されています。

各社の携帯決済の利用限度額は次のとおりです。※契約者が20歳以上の場合

キャリア携帯決済利用限度額(上限)
ドコモケータイ払いサービス100,000円
auかんたん決済100,000円
ソフトバンクまとめて支払い100,000円

利用限度額は本人の信用情報や利用料金の支払状況、契約期間などで決められています。各社最大でも10万円ですので、携帯決済の現金化は少額利用が基本となります。

携帯決済の利用限度額を増やすには

携帯決済は、契約者本人の信用情報や携帯電話利用料金の支払状況、契約期間等で総合的に判断されます。

利用限度額の判断はキャリア側のシステムで行っているため、使いすぎを防止するために上限以下に設定することはできても、自分で好きなように上限を増やすことはできません。

携帯決済は料金を毎月遅れずに支払う、滞納しないといった優良なユーザーにのみ提供されているサービスですので、コツコツと信用を高めていくことが利用限度額の増額につながります。

携帯決済を現金化する方法

携帯決済は、以下の3つの方法で現金化することができます。

  1. 携帯決済の現金化サイトを利用する
  2. オンラインショップで購入したギフトコードを転売する
  3. プリペイドにチャージして商品購入→転売する

3つのうち、1は業者任せ、2と3については自分で商品選び、商品の売却先選びをする必要があります。

それぞれの方法について詳しく解説します。

1.携帯決済の現金化サイトを利用する方法

換金率:65~80%
スピード:即日

携帯決済を現金化する方法の1つめは、専門の買取サイトを利用する方法です。

買取サイトでは、業者が指定する商品を携帯決済で購入後、業者に商品を買い取ってもらって即日現金化します。

買取金額は5,000円から、買取率は買取額や相場の状況次第によって65~80%で変動します。

たとえば、携帯決済の残高のうち10,000円を買取率70%現金化する場合、受け取れる現金は7,000円(手数料3,000円)です。

業者の指示に従えばいいので、現金受取までのスピードは即日で手間もかかりません。

ただし、換金率(買取率)が低いため、利用するかどうかよく検討するようにしましょう。

>>「携帯決済の現金化を専門業者に依頼する」について詳しく見る

2.オンラインショップで購入したギフトコードを転売する方法

換金率:80%前後
スピード:即日

docomoのドコモオンラインショップ、auのauオンラインショップ、Softbankのソフトバンクオンラインショップでは、iTunesカードやGoogle Playカードなどのギフトコードを携帯決済で購入することができます。

購入したコードは即座にメールで送られてくるので、ギフト券買取サイトにて買取申し込み、コードを入力すれば60分ほどで買取代金が振り込まれます。

ギフト券買取サイトのiTunesコード、Google Playコードの買取相場は80%前後です。

携帯決済の現金化サイトを利用するよりやや手間がかかりますが、80%以上の換金率で即日現金が受け取れます。

>>「換金率の高いギフト券買取サイト」について詳しく見る

3.プリペイドにチャージして商品購入→転売する方法

換金率:商品・買取業者による
スピード:10日前後(初回)

docomoの「dカードプリペイド」、auの「auWALLETプリペイドカード」、Softbankの「ソフトバンクカード」は、各携帯決済でチャージすることができます。

プリペイドカードは全国の百貨店やコンビニ、ネットショップ、ECサイトで利用できますので、現金化したい分の金額をチャージしたら、任意で換金性の高い商品を購入します。

換金性の高い商品には、ブランドのバッグや腕時計、ゲームソフト、ゲーム機、家電製品などがあります。

商品を購入したら実店舗の買取業者やリサイクルショップ、あるいはヤフオクやメルカリなどに売って現金を受け取ります。

現金化する商品を自分で選ぶ必要があるため、商品選びに失敗すると購入した金額の半分以下でしか売れなかったり、まったく買い手がつかなかったりするため注意が必要です。

また、携帯電話キャリア各社のプリペイドカードは初回申し込みから10日前後で自宅に郵送されてくるため、ショッピングに利用できるようになるまで時間もかかります。

>>「携帯決済を自分で現金化する方法」について詳しく見る

携帯決済現金化の注意点

携帯決済を現金化するにあたり、気をつけておきたい注意点について解説します。

携帯電話会社の利用規約に違反する可能性がある

各携帯電話会社は、利用規約で携帯決済の「現金等を得る目的での使用」を禁止しています。

たとえば、これまで利用履歴がないのにとつぜん利用限度額いっぱいまでショッピングに使えば、携帯電話会社に現金化目的が疑われる可能性が高くなります。

携帯決済の現金化が携帯電話会社に発覚すると、利用規約違反として、携帯電話やスマホが強制解約されてしまう可能性もあります。

強制解約を回避するためには、現金化目的の利用を携帯電話会社に疑われないように注意することです。

やむを得ず現金が必要な場合にのみ、少額利用に留めておくのが安全な利用方法です。

高額の現金化はできない

携帯決済の現金化は、キャッシングやクレジットカード現金化もできない人が、最終手段として利用することの多い金策です。

最大でも1社あたり100,000円が利用限度額ですので、それ以上の現金を手にすることはできません。

たとえば、docomo, au, Softbankのスマホを各1台ずつ、計3台所持していて、それぞれ携帯決済の利用限度額が最大なら300,000円まで現金化ができますが、そこまで信用のある人は携帯決済現金化に頼るほど金策には困っていないでしょう。

どうしても100,000円を超える高額な現金が必要な場合は、別の金策を考える必要があります。

携帯決済の買取専門サイトは換金率が低い

携帯決済の現金化で紹介した1の携帯決済の買取専門サイトは、現金化まで時間はかからないものの、換金率の低さがデメリットです。

利用額100,000円で最大80%、50,000円なら75%前後と自分で携帯決済を現金化よりも10%ほど換金率が低くなってしまいます。

しかも悪質な業者に騙される可能性も0ではないため、安全性も重視した業者選びが必要です。

自分で携帯決済の現金化は手間と時間がかかる

携帯決済の現金化で紹介した2と3の方法は、換金率が最大90%で専門の買取サイトに依頼するよりもお得ですが、手間と時間がかかります。

時間的に余裕のある場合でないと利用しづらい方法ですので、スピードを重視する場合は、換金率が高くても専門の買取サイトを利用したほうが良いでしょう。

携帯決済の現金化に関するQ&A

携帯決済の現金化に関する質問にQ&A形式でお答えします。

Q.携帯決済の利用限度額はどうやって調べられますか?
A.各携帯電話会社の会員サイトにログイン、キャリア決済メニューで確認できます。「ドコモケータイ払いサービス 確認」などでキーワード検索してみましょう。
Q.携帯決済の現金化は違法ではないのですか?
A.携帯決済の現金化の仕組みは商品の転売を応用した方法ですので、転売そのものを取り締まる法律はありません。ただし、携帯電話会社の利用規約では違反行為となっているため、携帯電話会社にバレると規約違反のペナルティーを受ける可能性があります。
Q.信用ブラックでも携帯決済の現金化はできますか?
A.携帯決済の現金化は借入ではないため、信用ブラックの方、専業主婦や無職の方でも利用できます。

当日中に現金が必要なときの資金調達方法

携帯決済は、月々の携帯電話料金を遅れずに支払っている人が利用できる決済代行サービスです。携帯電話が止まっている、利用限度額いっぱいまで使っているという人は利用できません。

さらに、携帯決済の現金化は、手間がかかる上に換金率も高くないというデメリットがあります。

当日中に現金が必要な状況で、本人名義のクレジットカードをお持ちの方であれば、「クレジットカード現金化サイトの利用」がおすすめです。

クレジットカード現金化は、ショッピング枠の残高があれば、80~90%の換金率(還元率)、最短即日で現金を受け取ることができます。

利用者の感想や口コミ評判を参考に、安全性が高く、なおかつ高換金率のカード現金化サイトを選びましょう。

>>「ネット型の現金化業者の選び方」を詳しく見る