バンドルカードを現金化するには?換金率85%を超える方法や注意点を解説

だれでも気軽に使えて、クレジットカードのようにお買い物ができる「バンドルカード」。

バンドルカードはクレジットカードが発行できない人や、キャッシュレス決済をしたい人に注目のカードです。

さらに、「クレジットカードは使えないが、すぐに現金が必要」という人にとっては、バンドルカード現金化が役に立つでしょう。

今回はバンドルカードの基礎知識、バンドルカード現金化の方法について解説します。

バンドルカードとは

バンドルカード(VANDLE CARD)とは、審査不要でだれでも気軽に発行ができるチャージ型プリペイド(前払い)カードです。

あらかじめチャージしておけば、VISA加盟店で現金やクレジットカードの代わりに決済することができます。

バンドルカードには、実店舗でも使えるカードタイプの「リアルカード」、スマホにダウンロードして使用するアプリの「バーチャルカード」の2種類があります。

バンドルカードの作り方については公式サイトをご参考になさってください。

バンドルカードにチャージする方法

バンドルカードはコンビニ、ビットコイン、ATM、ネット銀行などさまざまなチャージ方法がある中で、手元に現金がなくてもチャージできる方法が2つあります。

「ポチッとチャージ」でチャージ

バンドルカードアプリの「ポチっとチャージ」という機能を使えば、一回あたり3,000〜50,000円の上限金額まで即チャージできます。

ポチっとチャージの利用金額は、翌月末に一括で支払う後払いです。

最大で50,000円までしかチャージできませんが、審査不要で翌月にまとめて後払いができるので、手元に現金がなくても購入機会を逃すことがありません。

ドコモケータイ払いでチャージ

docomoの携帯電話やスマホを契約している方に限り、「ドコモ払い」でバンドルカードにチャージすることができます。

「ドコモ払い」とは、ドコモが設定した利用限度額の枠内でショッピングができ、購入代金は携帯電話の利用料金とまとめて支払う決済代行サービス(キャリア決済)のことです。

利用限度額は契約者の信用情報や利用料金の支払状況、契約期間などで算出され、最大で100,000円までとなっています。

>>「キャリア決済」について詳しく見る

バンドルカードへのチャージ方法は、アプリのチャージタブから「ドコモ払い」を選択して、任意のチャージ金額を入力するだけです。

バンドルカードを現金化する方法

バンドルカードは、あらかじめチャージしたバンドルカードでAmazonギフト券を購入、ギフト券買取サイトに売却して現金化できます。

Amazonギフト券をAmazon公式サイトで購入|STEP1

Amazon公式サイトにアクセス、Amazonギフト券の「Eメールタイプ」を選択します。

購入手続きでバンドルカードの表面・裏面に記載されているカード情報を、Amazonマイページの「お支払い方法の変更」の「クレジットカード」の欄に入力します。

購入が完了したら、すぐにAmazonからのメールでギフト券コードが送られてきます。

Amazonギフト券をギフト券買取サイトに売却|STEP2

次に、ギフト券買取サイトにアクセスして買取申込をします。

>>「換金率の高いAmazonギフト券の買取業者」について詳しく見る

ギフト券買取サイトの申し込みフォームに必要事項を入力、買取業者からの折返しメールで本人確認と口座登録ができたら、ギフト券番号を入力フォームに入力して買い取りとなります。

買取業者の方で買取作業が終了次第、指定の口座に買取代金が振り込まれます。買取から振込までの時間は業者によって異なりますが、おおよそ5~90分程度です。

Amazonギフト券は他のギフト券と比べて換金率が高く、その相場は85%前後です。

バンドルカード現金化の注意点

バンドルカードを現金化する場合は、以下に挙げる注意点をよく確認してから行うようにしましょう。

換金目的でのカード利用は規約違反

バンドルカードの利用規約第21条(必要措置)には、以下のような記載があります。

当社は以下の各号に揚げる事由に利用者が該当したと判断した場合、利用者に対して事前の通知もしくは催告なしに、本サービス及び本カードの利用資格を喪失する措置(以下「利用資格停止及び取消し」といいます。)、および本人確認等を含む必要措置をとることができるものとします。

(中略)

本サービスの利用状況に照らし、換金目的、マネーローンダリング目的での利用等、利用者として不適当であると判断した場合

参考:バンドルカード利用規約

換金目的でのバンドルカードの利用が発覚すれば、規約違反として資格停止となる可能性があります。

たとえば、これまで数百円のショッピングにしか使っていなかったのに、「ポチッとチャージ」で利用限度額いっぱいまでチャージして高額の商品を購入すると、換金目的の利用が疑われやすくなります。

バンドルカードが資格停止となっても個人信用情報には登録されませんが、現金化の際には充分に注意しましょう。

チャージに手数料がかかる

ポチッとチャージ、ドコモ払いチャージのいずれもチャージ手数料がかかります。

ポチッとチャージの手数料

3,000〜10,000円510円
11,000〜20,000円815円
21,000〜30,000円1,170円
31,000〜40,000円1,525円
41,000〜50,000円1,830円

ドコモ払いチャージの手数料

チャージ金額が4,000円以下1回につき300円
チャージ金額が5,000円以上1回につきチャージ金額の6.15%

バンドルカードでショッピングをした翌月末には、ショッピング代金+手数料を支払うことになります。

さらに、Amazonギフト券を買取サイトに売却する際は、85%前後の換金率買取手数料15%前後)となるため、バンドルカード現金化は決してお得な金策ではないことを理解しておきましょう。

高額の現金化には向かない

バンドルカードにチャージできる残高は「ポチッとチャージ」で50,000円、ドコモ払いで100,000円までです。

今すぐ数十万円の現金が必要といったケースでは、バンドルカード現金化はあまり適した方法と言えません。

バンドルカードの現金化に関するQ&A

バンドルカードの現金化に関する質問をQ&A形式でお答えします。

Q.クレジットカードでバンドルカードにチャージできますか?

A.できません。

Q.クレジットカードで「ポチッとチャージ」の利用料金の後払いはできますか?

A.できません。後払いはネットバンク、コンビニ払い、ATMからのみです。
Q.信用ブラックでもバンドルカードは作れますか?
A.バンドルカードはクレジットカードとは異なるため、信用ブラックでも審査不要で作成可能です。ただし、「ポチッとチャージ」の利用限度額が低く設定される可能性があります。

バンドルカードより簡単でスピーディーに現金を調達する方法

 

バンドルカードの現金化は最大で100,000円までしか利用できず、チャージに手数料がかかるため、決してお得な金策ではありません。

キャッシングやカードローンが利用できなくても、ショッピング枠の残高があるクレジットカードさえあれば、「クレジットカード現金化」がおすすめです。

当日中に現金が必要な場合でも、インターネットのカード現金化サイトに申し込めば、来店不要・審査不要の最短30分で現金が振り込まれます。融資・借入とは異なる方法ですので、信用ブラックの方でも利用できます。

クレジットカード現金化は「サイトの安全性」と「換金率(還元率)」が重要です。

利用者の感想や口コミ評判を参考に、安全で高換金率のカード現金化サイトを選びましょう。

>>「優良なカード現金化サイトの選び方」について詳しく見る