ブランド品・商品券を使ったクレジットカード現金化はお得か?問題点についても解説

ブランド品・商品券を使ったクレジットカード現金化はお得か?問題点についても解説 現金化の方法

「今すぐ現金が必要だけど、キャッシングや現金化業者を利用するのは不安……」

そんなお悩みをお持ちの方に、ブランド品や商品券を使ったクレジットカード現金化の方法をご紹介します。

クレジットカード現金化は、手持ちのクレジットカードのショッピング枠で商品を購入、すぐに商品を売って現金に変える方法です。

銀行や消費者金融のキャッシングと異なり、カード現金化は審査が不要で、数分~数時間でまとまった現金を手にすることができます。

ブランド品や商品券はある程度の買取需要があり、換金率も比較的高めなことからクレジットカード現金化の対象として人気があります。

ブランド品を使ったクレジットカード現金化

ブランド品を使ったクレジットカード現金化の手順や、現金化向きのブランドをご紹介します。

ブランド品を現金化する手順

商品券を使ってクレジットカードのショッピング枠を現金化するまでの手順は次のとおりです。

  1. ブランド品をクレジットカードで購入する
  2. 購入したブランド品を買取業者に売る(ネットの場合は商品を発送する)
  3. 買取代金を手にする

購入するブランド品は換金率がポイントです。

ブランド品は新品を購入しても、売却するときには中古品(新古品)になってしまうため、価格が下がることは避けられません。

商品のジャンルにもよりますが、換金率の相場はおよそ50~90%です。

高く買い取ってもらえる可能性のあるブランド

人気のブランド品や現在のトレンドに詳しい人であれば、どんなブランド品を購入すれば良いかおわかりかと思いますが、知識の薄い方はどんな商品を購入すれば高い換金率で売れるかわからず、悩みどころとなるのではないでしょうか。

初めての方でも失敗しにくいのが高級腕時計です。常に一定の人気がある腕時計ブランドは

  • ロレックス
  • オメガ
  • フランクミュラー

などがありますが、カード現金化におすすめの商品はロレックスの腕時計です。どのモデルでも換金率が安定しているため、初めてカード現金化を行う人でも大きく損をすることはないでしょう。

売却先はスピードを重視するなら質屋や買取専門業者ですが、意外な高値で売れる可能性のあるのがオークションサイトやフリマサイトです。運良く限定品や品薄の商品を入手できれば、換金率が100%を超える可能性もあります。

商品券を使ったクレジットカード現金化の方法

商品券を使ったクレジットカード現金化の手順や、現金化向きのブランドをご紹介します。

商品券を現金化する手順

商品券を使ってクレジットカードのショッピング枠を現金化するまでの手順は次のとおりです。

  1. 商品券をクレジットカードで購入する
  2. 購入した商品券を金券ショップに売る(ネットの場合は商品券を発送する)
  3. 買取代金を手にする

商品券は金銭と同等に扱われるものなので、換金率が非常に高いというメリットがあります。金券ショップにもよりますが、郵送買取の場合で93~97%が相場です。

ただし、高い換金率で買い取ってもらうためには状態の良い美品である必要があります。商品券はオークションサイトの「ヤフオク」に出品することもできます(メルカリは出品不可)が、金券ショップのほうが換金率が高めで安定しているのでおすすめです。

クレジットカードで購入できる商品券

商品券は発行元のカード会社のサイトで購入できます。

しかし、クレジットカード支払いで購入できる商品券は限られています。クレジットカードで購入できる商品券は次のとおりです。

  • VISAギフトカード
  • JCBギフトカード
  • JCBプレモカード
  • ニコスギフトカード
  • UCギフトカード
  • DCギフトカード
  • アメリカンエクスプレスギフトカード
  • ダイナーズギフトカード

さらに、VISAギフトカードであればVISAカードのみ使用可というように、支払いできるクレジットカードが指定されています。

商品券をサイトで購入後は、現物が郵送されるまで1~2週間ほどかかります。

ブランド品・商品券を使ったクレジットカード現金化の問題点

ブランド品や商品券を使ったクレジットカード現金化は自分でもできる手軽な方法ですが、次に挙げるような問題点もあります。

現金化まで時間と手間がかかる

ブランド品・商品券を使ったクレジットカード現金化の最大の問題点が、現金化まで時間と手間がかかることです。

ブランド品の場合は購入する商品の選定、高く買い取ってもらえる売却先の選定、商品の発送(持ち込み)などの手間と時間がかかります。

また商品券の場合は購入した商品券の受け取り、高く買い取ってもらえる売却先の選定、商品券の郵送などの手間と時間がかかります。

これがクレジットカード現金化の専門業者であれば、即日~3日以内に現金を手にすることができます。

「今すぐ現金が必要!」という方には、ブランド品や商品券を使ったクレジットカード現金化はおすすめできません。

ブランド品は換金率が低い

ブランド品の換金率は非常に低いため、カード現金化に使うのはおすすめできません。

たとえば、高級腕時計ブランド「オメガ」のシーマスター・アクアテラという腕時計は、時計専門店での新品価格が23万9,000円、大手ブランド品買取業者の買取価格が16万円(2019年10月時点)で、換金率は67%です。

例はあくまでも参考に過ぎませんが、80%を下回る換金率でのカード現金化は確実にをしています。

買取業者の換金率が低ければ、オークションサイトやフリマアプリに出品するという方法もあります。

この場合は買い手側の需要とマッチすれば換金率が高くなる可能性もありますが、必ず落札されるわけでもありません。売れ残ってしまえば叩き売りのような価格で出品するしかない場合もあります。

したがって、オークションサイトやフリマアプリで高く売るには、購入する商品の選定の時点で高い目利き力が求められます。

優良な現金化業者を利用すれば、利用金額20万円以上で換金率85~90%で現金化できます。

ブランド品の偽物に注意

ブランド品は正規店でなくてもインターネットの通販サイトで購入できますが、偽物には十分に注意する必要があります。

デパートや百貨店にある正規店の実店舗と違い、通販サイトでは実際に手に取って品定めができません。

確実に本物のブランド品を購入するなら、時間がかかっても正規店に足を運びましょう。

カード利用停止のリスク

ほとんどのカード会社は、現金化目的のカード利用を会員規約で禁止しています。

ブランド品や商品券は現金化目的の購入が非常に疑われやすく、以下のケースではカード会社に現金化目を疑われる可能性が非常に高いので注意が必要です。

  • 新規発行したばかりのカードで高額商品を購入する
  • キャッシング枠いっぱいに使っているカードで現金化を行う

カード利用停止になれば、ショッピング枠とキャッシング枠を含めてそれまで利用額を一括請求されるほか、強制解約させられたり、新たにカードを発行しづらくなったりします。

ただし、ただちにカード利用停止や強制解約になるわけではありません。

カード会社に現金化目的のカード利用が疑われると、一時的にカード利用停止になります。この時点では一時的な措置に過ぎないので、続くカード会社からの問い合わせの電話に対し、毅然とした態度で「現金化目的のカード利用ではない」と主張できれば、一時利用停止を解除することができます。

まとめ

ブランド品・商品券を使ったクレジットカード現金化の方法についてお伝えしました。

ここまで見てきたように、ブランド品も商品券も現金化までの時間がかかるため、すぐにお金が必要な方にはおすすめできません。

即日でカード現金化を行いたい場合は、クレジットカード現金化業者を利用するか、Amazonギフト券を購入して自分で現金化する方法がおすすめです。

ブランド品や商品券は、現金が必要な期限まで時間に余裕があるときに検討しましょう。