後払いで現金化!即日現金を手に入れる方法と安全に取引できる優良業者7選

Q.口座に十分な残高がない!

銀行や消費者金融の融資では間に合わない……

そんな状況下で、今すぐお金を手に入れるには、後払いで現金が手に入る方法が便利です。

後払いで現金化の方法は、「クレジットカードを使う方法」と「クレジットカードを使わない方法」の2つに分けられます。

どちらの方法でも信用情報に一切影響なく、信用状況や他社借入に関する審査もありません。

今回は後払いで現金が手に入る方法や、利用をおすすめする業者について解説します。

クレジットカードを使って即日現金を手に入れる方法

クレジットカードを使った現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

これには「現金化業者」と呼ばれる専門業者を利用する方法と、専門業者を利用せず、自分で現金化する方法の2通りがあります。

いずれの方法も、クレジットカード会社が会員規約で禁止する「換金目的のカード利用」にあたるため、カードの安全対策を十分にして行うことが大切です。

クレジットカード現金化業者に依頼して現金化

クレジットカード現金化の専門業者を利用して、ショッピング枠を現金化する方法です。

現在の主流はインターネットの現金化サイトで、来店不要・審査不要で早ければ10分以内に現金が指定の口座に振り込まれます。

現金化の仕組みには、指定の商品を購入して業者に買い取ってもらう「買取方式」と、キャッシュバック特典付きの商品を購入して、キャッシュバックで現金を受け取る「キャッシュバック方式」があり、現在多くの現金化サイトが後者を採用しています。

公式ページ等では、「最大換金率98.8%以上」といった非常に高い換金率が提示されていますが、手数用や消費税を含むと、実質的な換金率は、70~80%が相場です。

現金化業者を利用したカード現金化は、普通のショッピング利用と同じですので、後から分割払いやリボ払いに変更することもできます。

なお、現金化業者に依頼しても、「換金目的のカード利用」は免れないため、必ず「カード事故0件」の実績を持つ優良業者を選びましょう。

メリットデメリット
  • 申し込みから5~30分で現金が振り込まれる
  • 手続きが簡単
  • 分割払い・リボ払いが選択できる
  • ショッピング枠の残高が必要
  • 悪質業者も存在する

 

 

カードで購入したAmazonギフト券を自分で転売して現金化

専門業者を利用せず、自分で換金する商品を選び、カードで購入後に転売して現金を受け取る方法です。

どの商品をカードで購入するかは自由ですが、なるべく多くの現金を手元に残せるように、換金性の高い商品を選びましょう。

おすすめは、換金性が高く、転売の手続きも簡単な「Amazonギフト券」です。

Amazonギフト券は、コンビニや家電量販店などで売られているカードタイプのものではなく、Amazon公式ページで購入できる「メールタイプ」を選びましょう。

メールタイプであれば、1,000円~500万円までクレジットカードで決済でき、購入後に送られてくる「ギフトコード」を使って、すぐに買取業者に転売できます。

Amazonギフト券を専門に買い取るサイトは数多く存在しており、優良業者であれば90%前後の高い換金率で買い取ってもらえます。

ただし、人気のギフト券買取サイトで申し込みが殺到している場合、現金化までに時間がかかります。

メリットデメリット
  • 換金率が高い
  • 転売の手続きが簡単
  • 高額の現金化も可能
ギフト券買取サイトの状況によっては、現金化まで半日以上時間がかかる

 

 

カードを使わずに後払いで即日現金を手に入れる方法

クレジットカードを使わずに、後払いで即日現金を手に入れる方法は以下のとおりです。

  • ャリア決済を利用する
  • バンドルカードを利用する
  • Paidy後払いを利用する
  • ファクタリングを利用する

それぞれの現金化の方法について、メリット・デメリットを見ていきましょう。

キャリア決済を利用した即日現金化

キャリア決済とは、商品やサービスの代金を、月々の携帯電話料金とまとめて後払いができる決済代行サービスです。

現金がなくてもスマホさえあれば、クレジットカードのような決済手段として使うことができます。

キャリア決済を利用するには、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホや携帯電話を所持していること、毎月の携帯電話代を延滞せずに支払っていることが条件となります。

また、利用限度額は、月々の携帯電話料金の支払状況、契約期間で総合的に判断され、各社最大10万円までです。

キャリア決済の現金化は、自分でデジタルギフト券等をキャリア決済で購入・転売する方法か、キャリア決済現金化の専門業者に依頼する方法の2種類があります。

メリットデメリット
携帯電話を所持していればほとんどの人が利用できる
  • キャリア決済の利用限度額が低い(最大10万円)
  • 自分で現金化は手間と時間がかかる
  • 専門業者の換金率がやや低い(60~80%)

 

 

バンドルカードを利用した即日現金化

バンドルカード(VANDLE CARD)とは、審査不要でだれでも気軽に発行ができるVISAのチャージ型プリペイド(前払い)カードです。

スマホのバンドルカードアプリをインストール、あらかじめチャージしておけば、VISA加盟店でのショッピングの決済に利用でき、代金は翌月にまとめて後払いとなります。

チャージ方法は「ポチっとチャージ」と「ドコモ払いチャージ」の2種類があります。

「ポチッとチャージ」であれば、審査不要、クレジットカード登録不要で、1回あたり3,000〜50,000円の上限金額まで即チャージできます。

ポチッとチャージしたバンドルカードを使って、Amazonギフト券を購入、ギフト券買取業者に売却することで、即日の現金化が可能です。

なお、ポチッとチャージ、ドコモ払いチャージのどちらの方法でも、所定の手数料がかかります。

メリットデメリット
審査不要でバンドルカードを発行できる
  • チャージの上限金が低い(最大5万円)
  • チャージするごとに手数料がかかる

 

 

Paidy(ペイディー)後払いを利用する

Paidy(ペイディー)は、株式会社Paidyが提供する翌月払い決済サービスのことです。

電話番号とメールアドレスさえあれば、クレジットカードの登録や事前のチャージが必要なく、オンラインショップ等でクレジットカードの代わりとして利用できます。

1回の決済上限金額は公開されておらず、個人の利用状況により動的に変動します。

一般的には、おおよそ3万~20万円が限度額の範囲内のようです。

Paidyの利用金額は翌月10日までの後払い方式で、コンビニ払い(手数料350円)か銀行振込、あるいは口座振替から選択できます。

利用金額が1万5,000円以上であれば、支払い方法を一括払いから3~36回の分割払いに変更可能です。

ただし、分割払いの利用は、申請時に行われる与信審査を通過する必要があります。

また、Paidyは信用情報機関に加盟しているため、万が一、支払いを滞納するようなことがあれば、信用状況が悪化(ブラックリスト入り)します。

Paidyの現金化はバンドルカードと同様、Amazonギフト券の転売が、換金率も安定していておすすめです。

メリットデメリット
  • 電話番号とメールアドレスがあれば、審査不要で決済できる
  • 高額の現金化にも利用できる
利用限度額を確認する方法がない

 

 

2社間ファクタリングを利用した即日現金化(事業者向け)

ファクタリングとは、事業者が保有する売掛債権(請求書)をファクタリング会社が買い取り、早期に現金化するサービスです。

審査では利用者の信用状況や経営状況よりも、売掛先の信用力が重視されるため、赤字経営や債務超過、税金滞納などがあっても、支払期日前の売掛債権があれば、基本的に資金調達ができます。

売掛債権を最短即日で現金化するには、売掛先の同意が不要な2社間ファクタリングを利用しましょう。

面談によって契約を結ぶ一般的なファクタリング会社であれば、債権額面の10~20%の手数料がかかりますが、資金繰り改善をサポートする財務コンサルティングなどの付帯サービスが受けられます。

一方、面談不要のオンライン完結型ファクタリングであれば、財務コンサルなどの付帯サービスはないものの、手数料を5~10%に抑えることができます。

ファクタリング利用後、売掛先から支払期日通りに入金された売掛金は、利用者が責任を持ってファクタリング会社に支払います。

メリットデメリット
  • 信用力の高い売掛債権があれば利用できる
  • ファクタリング会社によっては、手続きがオンラインで完結する
  • ファクタリング会社によっては、財務コンサルなどの付帯サービスが受けられる
  • ファクタリング手数料(5~20%)がかかる
  • 売掛債権を通常どおり回収、ファクタリング会社に支払う必要がある

なお、最近では個人向けの「給料ファクタリング」というサービスも登場していますが、こちらは貸金業登録をしていない違法業者が多く、金融庁も「本来受け取る賃金よりも少ない金額しか受け取れなくなるため、経済的生活がかえって悪化し、生活が破綻するおそれがある」として注意を呼びかけています。

 

後払いの即日現金化に利用できるおすすめ専門業者

 

「後払いで即日現金化」は、自分自身で行うこともできますが、換金率が安定していて、手続きも簡単な優良専門業者の利用がおすすめです。

ここでは、当サイトがおすすめするクレジットカード現金化業者、ギフト券買取業者、ファクタリング業者をご紹介します。

おすすめのクレジットカード現金化業者

当サイトでは、優良クレジットカード現金化業者の条件として、換金率が手数料や消費税などで差し引かれず、公式ページで明確にされていることを挙げています。

「カード事故0件」の安心の実績があることを大前提として、換金率が明確かつ相場よりも高めに設定されている優良業者をご紹介します。

Answer(アンサー)

換金率80~92%
入金スピード最短5分
利用限度額5,000円~
キャンペーン他社から乗り換えで換金率アップ
電話受付時間24時間・年中無休

Answerは創業14年、月間利用者3,000人以上、リピート率93.4%の実績を持つ老舗の現金化サイトです。

一般的なクレジットカード現金化は、「最大換金率98.8%」といった魅力的な換金率をうたっておきながら、実際の取引では手数料や消費税の名目で利用金額から差し引かれ、最終的には70~80%に落ち着くのが、半ば現金化の”常識”となっています。

しかし、Answerは「業界唯一絶対に下がらない換金率」「手数料完全0円」を掲げ、5,000円以上の小口利用であっても、80%という高い換金率を保証しています。

14年の運営実績でカード事故0件という安心感も相まって、初めてカード現金化を依頼する方にもおすすめです。

ゼロスタイル

換金率88~99.2%
入金スピード最短5分
利用限度額10,000円~
キャンペーン特になし
電話受付時間9:00~20:00

ゼロスタイルは創業から16年、「各種手数料ゼロ円」「クレームゼロ件」「診断・見積もりゼロ円」の「オールゼロ運営」を掲げ、独自の現金化サービスを提供しています。

換金率以外に各種手数料がゼロ円であるにも関わらず、業界最高水準の88~99.2%という換金率を実現しています。

クレームゼロ件で取引の安全性も担保されており、診断や見積もりも無料で可能なところから、常に顧客第一の営業スタイルを貫いていることが伺えます。

同社の公式ページでは、ユーザーの口コミ評判がリアルタイムで更新されているため、ファクタリング会社選びの参考にされることをおすすめします。

どんなときも。クレジット

換金率91~98%
入金スピード最短5分
利用限度額10,000円~
キャンペーンすべての申込者に1万円キャッシュバック(20万円以上で2万円)
電話受付時間9:00~18:00

どんなときも。クレジットは、利用手数料0円を掲げ、公式ページに掲載の換金率を基準にした現金化を提供しています。

5万円以上の利用で業界最高水準の換金率90%台が適用され、利用手数料・振込手数料もかかりません。

さらに、すべての申込者が対象のキャンペーンを利用すれば、キャッシュバックとして1万円が上乗せされます。

カード現金化の安全面では、法務部門(弁護士)との協議調整により、同社と利用者の双方が違法性のない現金化の取引ができるように注意を払っています。

無駄な手数料がかからず、安全性も高いカード現金化は、同社を選べば間違いないと言っても過言ではありません。

おすすめのギフト券買取業者

当サイトが考える優良ギフト券買取業者は、Amazonギフト券の買取率(換金率)が90%前後であること、即日入金で振込手数料が無料であることを条件としています。

買取ボブ

換金率(Amazonギフト券)初回90.0%(2回め以降87.0%)
入金スピード最短10分
その他取り扱いiTunes, GooglePlay,nanacoなど

買取ボブは、Amazonギフト券の買い取りに関して、業界トップクラスの換金率を誇るサイトです。

有名店だけあって買取実績が豊富で、取引のスピードやスタッフの丁寧な対応が多くのユーザーから高く支持されています。

早ければ最短10分で現金化が可能ですが、混み合っている時は振込まで半日以上かかるため、スピード重視の場合は別の業者を利用したほうが良い場合もあります。

買取デラックス

換金率(Amazonギフト券)初回90.0%(2回め以降87.0%)
入金スピード約60分
URLiTunes, GooglePlay,nanacoなど

買取デラックスは、先ほどご紹介した買取ボブと並び、業界最高水準のAmazonギフト券の換金率を提示するサイトです。

3,000円から買取OKで、売却するギフト券の額面が大きいほど、換金率が優遇されます。

また、同サイトは古物商許可を取得しており、安心して取引ができます。

初回は本人確認の手続きが必要となるため、振込までに60分ほどの時間が必要となります。

おすすめのファクタリング業者(事業者向け)

優良ファクタリング業者として、オンライン完結型の2社間ファクタリングを提供しており、なおかつ手数料も10%以下に抑えられる業者をピックアップしました。

OLTA(オルタ)

取扱いサービスクラウドファクタリング
ファクタリング手数料2~9%
入金スピード最短即日
買取限度額無制限
利用条件法人・個人事業主可

OLTA(オルタ)の「クラウドファクタリング」は、業界最低水準の手数料2~9%で、すべての手続きがネットで完結するため、紙の書類提出も面談も不要です。

さらに、同社独自の優遇システムは、サービスを利用し続けることにより、ファクタリングの利用金額や手数料が優遇されます。

クラウドファクタリングを利用するにあたっては、事前にメールアドレスを登録して、アカウントを作成する必要があります。

FREENANCE(フリーナンス)

取扱いサービス即日払い、あんしん補償
ファクタリング手数料3~10%
入金スピード最短即日
買取限度額無制限
利用条件法人・個人事業主可

FREENANCE(フリーナンス)は、フリーランスや個人事業主の事業支援に特化したサービスです。

アカウントを登録するとフリーランス特化型「あんしん補償」が適用され、さらにフリーランス専用の振込口座を開設すると、手数料3~10%の「請求書即日払い」が利用できます。

ファクタリング利用までに、いくつかの手続きが必要となりますが、個人事業を支える手厚い「お金と保険のサービス」が受けられます。

後払いサービスを利用した現金化に関するQ&A

後払いサービスを利用した現金化に関して、よくある質問とその回答をQ&Aにまとめました。

Q.Amazonギフト券とクレジットカード現金化業者は、どちらがお得ですか?
A.やや手間はかかるが、90%前後の高い換金率で現金化するなら「Amazonギフト券」、手間がかからず、最大80%の換金率で安全に現金化するなら「クレジットカード現金化業者」です。換金率で言えばAmazonギフト券がお得ですが、安全性を最優先として、今後も継続して利用する予定がある場合は、クレジットカード現金化業者がおすすめです。
Q.キャリア決済の限度額を増やす方法を教えて下さい。
A.三大キャリアに共通して、携帯電話の利用料金の支払状況、契約期間で総合的に判断されます。利用限度額の設定はすべてキャリア側で行われるため、ユーザー側は使いすぎ防止で上限以下に設定することはできても、好きなように上限を増やすことはできません。
Q.キャリア決済現金化を取り扱っている専門業者はありますか?
A.あります。ただし、キャリア決済現金化の専門業者が設定している換金率は、10万円の利用で最大80%と低めであるため、利用をおすすめできません。また、キャリア決済現金化じたいが比較的新しい金策なので、専門業者も実績がほとんどなく、悪質業者もかなりの数があると考えられます。
Q.給料ファクタリングを利用すると、利用者側も違法になるのですか?
A.利用者の違法性が問われる可能性はありません。金融庁の見解では、給料ファクタリングを取り扱う業者は貸金業登録が必須であり、それ以外は違法の可能性があるとしています。現状では貸金業者で給料ファクタリングを取り扱っている例はなく、仮に給料ファクタリングで一時的に現金を得たとしても、本来受け取る賃金よりも少ない金額しか受け取れなくなるため、結果的に不利益を被ることになります。

 

クレジットカードがなくても「後払い現金化」はできる

もっとも手軽に、なおかつ高額の現金を作るには、クレジットカード現金化が最適です。

しかし、クレジットカードが止められている、ショッピング枠を使い切っているという状況では、クレジットカード現金化が利用できません。

それでも、今すぐお金が必要というケースでは、キャリア決済現金化やペイディー現金化など、クレジットカードがなくても現金化できる後払いサービスはあります。

注意すべきは、後払い現金化は「お金に困っている人が利用する現金化スキーム」であるため、利用者の弱みにつけ込む悪質業者が多数存在していることです。

一時的にまとまった現金を手にすることができても、個人情報を悪用されたり、違法な取り立てをされたりといったトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、取引の安全性には十分に注意を払いましょう。