Amazonギフト券でクレジットカード現金化を行う方法と優良買取業者の選び方を解説

Amazonギフト券でクレジットカード現金化を行う方法と優良買取業者の選び方を解説 現金化の方法

Amazonギフト券は、大手ECサイトのAmazonで商品やサービスを購入する時に使用できるギフト券のことです。

Amazonギフト券には、ギフト券番号と呼ばれる番号が記載されており、Amazonの自分のアカウントに登録することで、ギフト券の額面分のAmazonポイントが充当される仕組みとなっています。

商品やサービスを購入する時に、支払い方法としてギフト券で登録したAmazonポイントをお金の代わりとして支払いに充てられます。

そのAmazonギフト券をクレジットカードで購入、売却することでクレジットカードのショッピング枠を現金化することができます。

数あるクレジットカード現金化の方法の中でも、Amazonギフト券を使った現金化は換金率の高さが注目を集めています。

「今すぐ現金がほしい!」「換金率の低い現金化業者は利用したくない」という方に、Amazonギフト券を使ったクレジットカード現金化の方法や優良業者の選び方について解説していきます。

Amazonギフト券の購入は「Amazon公式サイト」で

ショッピング枠を現金化をするにあたっては、まずAmazonギフト券をクレジットカードで購入しなければ始まりません。

Amazonギフト券はAmazon公式サイトのほか、家電量販店やコンビニでも販売されています。その中で、クレジットカードで購入できるのはAmazon公式サイトのみで、それ以外の購入先では原則現金以外での購入ができません。

Amazonギフト券を現金化に使用する場合はクレジットカードで決済をする必要があるため、購入先は必然的にAmazon公式サイトを選ぶことになります。

Amazon公式サイトなら、1デザインあたり最大で50万円、15デザインまでの計750万円のギフト券が購入できます。

Amazonギフト券の買取は専門業者で

Amazonギフト券を使ってカード現金化をする際は、買取専門業者を経由するのが一般的です。

金券の買取といえば、「大黒屋」や「チケットアクセス」といった大手金券ショップがありますが、それらは原則としてAmazonギフト券を買い取っていません。

なぜなら、Amazonギフト券には有効期限があり、金券ショップは買い取ったAmazonギフト券が売れ残るリスクを避けたいからです。

他にも、Amazonギフト券が未使用か使用済みかを判断しづらいことや、Amazonの公式サイトにてギフト番号を登録するまでは真偽が判断できないことが挙げられます。

買取専門業者を利用すれば、申し込みからギフト番号の登録、入金手続までの全てをインターネット上で完結できます。

Amazonギフト券買取~入金までの流れ

それでは、実際にAmazonギフト券を使ってクレジットカード現金化をする方法をご紹介します。業者によって細かい手順は異なりますが、おおよそ次のとおりです。

クレジットカードでAmazonギフト券を購入する|手順1

まずはAmazon公式サイトにて、Amazonギフト券をクレジットカード決済で購入します。

購入する券種はデジタルタイプのうち「Eメールタイプ」です。

Eメールタイプは1デザインあたり最大50万円まで購入でき、なおかつ購入後はEメールでギフト番号が送られてくるため、すぐに買取業者に買い取ってもらうことができます。

クレジットカードで購入する際は、事前にショッピング枠の残高を確認しておきましょう。当然ながら、ショッピング枠の残高以上の現金をカード現金化で手に入れることはできません。カード1枚で必要な現金分に足りない場合は、別のカードの残高も利用する必要があります。

買取専門業者のサイトにアクセスして買取の申し込みをする|手順2

インターネットで買取専門業者のサイトにアクセスして、「申し込みフォーム」に必要事項を入力して送信します。申し込みが完了すると、買取業者から自動返信メールで「本日の買取金額」の通知が届きます。

すぐに買取とならず、いったん買取金額が提示されるのは、Amazonギフト券の買取率(換金率)が在庫状況や買取相場により変動するためです。

買取金額に同意できれば本登録へと進みます。「数%でも高く買い取ってほしい」という場合は、別の業者の買取査定サービスなどを活用して納得できる買取率を提示する業者を選びましょう。

身分証登録・口座登録|手順3

初回利用の場合は、本人確認として身分証の登録が必要となります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳
  • パスポート
  • マイナンバーカード

のうちいずれか1点をスマホのカメラ機能などで撮影、買取業者から送られてきたメールに画像を添付して送付します。

同じメールにて口座登録も行います。口座はAmazonギフト券の買取代金の振込を希望する金融機関を登録します。通帳やキャッシュカードなどで申込人本人名義の金融機関の口座を確認、登録しましょう。

ギフト券情報送付|手順4

本人確認と口座登録ができたら、次にギフト券情報を入力します。

買取業者によって方法は異なりますが、買い取ってもらうAmazonギフト券のギフト券番号を入力フォームに入力(コピー&ペースト)します。

ギフト券がカードタイプや印刷タイプの場合は、ギフト券番号がわかる画像の添付が求められる場合もあります。

現金の振込|手順5

業者の方で買取作業が終了次第、指定の口座に買取代金が振り込みされます。買取から振込までの時間は業者によって異なりますが、おおよそ5~90分程度です。

基本的に振込手数料は買取業者が負担するため無料です。ただし、指定した金融機関によっては55~157円の振り込み手数料がかかる場合があります。

振り込まれた金額が買取業者から提示された金額と一致するか、必ず確認するようにしましょう。

カード現金化にAmazonギフト券を使うメリット

Amazonギフト券を使ってのカード現金化には、どのようなメリットがあるでしょうか?

換金率が高く安定している

Amazonギフト券で現金化する際の重要なポイントのひとつが「換金率(買取率)」です。

Amazonギフト券の換金率相場は85~88%で比較的安定しており、業者によって大きく変動することがほぼありません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化には、現金化業者を用いる方法が一般的ですが、現金化業者を用いた場合と比較しても換金率に10%程度の差が出るため、より高い換金率で現金化ができる方法として注目が集まっています。

即日現金化が可能

買取業者は買取申し込みに24時間365日対応しており、申し込みから現金の振込まで平均5~90分で完了するため、Amazonギフト券の現金化は「今すぐ現金がほしい!」というニーズを満たします。

手続き自体も非常に簡素化されているため、初めての方でも安心して利用できるでしょう。

カード現金化にAmazonギフト券を使うデメリット

Amazonギフト券のカード現金化には、次のようなデメリットもあります。

カード利用停止になる可能性がある

大半のカード会社は、現金化目的のカード利用を会員規約で禁止しています。

新幹線の回数券やブランド品を換金するタイプのクレジットカード現金化に比べ、Amazonギフト券の購入はカード会社に現金化目的を疑われにくいですが、それでも以下のようなケースではカード利用停止になる可能性があるので注意しましょう。

  • 新規発行したばかりのカードで高額のAmazonギフト券を購入する
  • 高額のAmazonギフト券を連続で購入する
  • キャッシング枠いっぱいに使っているカードで現金化を行う

カード利用停止になればそれまで月々返済していた利用額を一括請求されるほか、強制解約させられたり、新たにカードを発行しづらくなったりなどさまざまなリスクが発生します。

カード会社に現金化目的のカード利用が疑われると、一時的にカード利用停止になることがあります。この時点では一時的な措置に過ぎないので、続くカード会社からの問い合わせの電話に対し、毅然とした態度で「現金化目的のカード利用ではない」と主張できれば、一時利用停止を解除することができます。

Amazonアカウントが閉鎖される可能性がある

Amazon公式サイトの「Amazonギフト券細則」では、Amazonギフト券の利用について次のように記載しています。

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、ギフト券を未承認の商用目的(例えば、再販売または在庫調達)で使用すること、換金することまたは他のアカウントで使用すること、その他 Amazonギフト券に関する制限および禁止行為 において禁止されている方法により使用することはできません。

引用:Amazonギフト券細則

細則ではAmazonギフト券を「換金すること」を禁止しているため、もしカード現金化にAmazonギフト券を利用したことがAmazonにバレると、アカウントが閉鎖される可能性があります。

少額利用は換金率が非常に低い場合がある

買取業者の中には、Amazonギフト券の額面によって換金率を変えているところがあります。

たとえば、Amazonギフト券1,000円×10枚の買取と1万円×1枚の買取では、申込金額の合計は同じでも、前者の換金率が低くなってしまいます。

ある買取業者は2,001~5,000円までの換金率を85%、2,000円以下の換金率を60%としており、額面によっては一般的なカード現金化よりも低い換金率が適用される場合があるので注意が必要です。

優良Amazonギフト券買取業者の選び方

Amazonギフト券を使ったカード現金化で損をしないためにも、信頼できる買取業者を選びぶことが大切です。

買取業者によっては、同じギフト券の額面でも換金率が2~3%変わったり、現金化までの待ち時間が短くなったりします。

利用前に各社のホームページをチェックして、自分が希望する条件に合った業者を見極めましょう。

古物商資格の有無

Amazonギフト券の売買は、利用者が購入したAmazonギフト券を買取業者が中古品として買い取る「中古品売買」です。したがって、買取業者を営業するためには「古商取引許可」を受けなければなりません。

古物取引許可を持たない業者は無許可業者にあたるため、悪質な営業を行っている可能性があります。

さらに、古物営業法では窃盗などの犯罪を防止する目的で本人確認が義務づけられているため、買取の際に本人確認を行わない業者には注意が必要です。

会社情報の透明性

買取業者のサイトでは、運営会社の「会社概要」もチェックしましょう。

オンラインで完結するAmazonギフト券買取も、営業している業者はしっかりとした運営会社があり、代表者がいます。

多くの買取業者は会社概要に会社情報を記載し、クリーンな運営を行っていることを対外的にもアピールしていますが、中にはデタラメな住所や運営者の氏名、営業許可番号を記載している場合があります。

たとえば、運営会社の住所の番地以降が記載されていなかったり、連絡先が携帯電話の番号だったりする場合は要注意です。

口コミの評価

Amazonギフト券の買取業者は最長でも創業10年未満で、インターネット上にも詳しい情報や評判が多くありません。

そこでチェックしておきたいのが口コミサイトの客観的な評価です。

実際に利用した人の体験談や実質換金率、入金までの時間は買取業者のサイト上で詳しく確認し得ないため、口コミは業者選びの貴重な検討材料となります。

スタッフの対応

初めて利用する買取業者が優良かどうか、もっとも確実性の高い方法が電話をしてみることです。

ほとんどの買取業者は買取前の問い合わせの電話を受け付けているので、実際の換金率や入金額、買取についての不明な点などをうかがいましょう。

対応するオペレーターの態度が丁寧で、説明がわかりやすければ、買取実績の豊富な業者と判断できます。

キャンペーンの有無

Amazonギフト券の買取は換金率やスピード、信頼性が重要ですが、よりお得に利用するならキャンペーンの内容も見逃せません。

買取業者各社は、初回利用や2回目以降の利用に対して換金率アップのキャンペーンを実施しています。

通常のAmazonギフト券の実質換金率は最大でも91~92%ですが、キャンペーンを利用すれば最大94%までのアップも可能な場合があります。

おすすめのAmazonギフト券買取業者10選

換金率、信頼性の高いAmazonギフト券買取のおすすめ優良業者をご紹介します。

※換金率は2019年11月時点

買取ボブ

買取ボブは実質換金率88~90%で、業界でも珍しい実店舗での買取を行っている堅実な業者です。

「老舗」を名乗っているだけあって実績も豊富で、取引の迅速さやスタッフの対応からも他の追従を許さない高い信頼性がうかがえます。

初回利用は換金率が2%上乗せされるので、初めての方でもお得に、安心して取引することができるでしょう。

>>「買取ボブ」公式サイトはこちら

アマプライム

アマプライムは1万円以上のAmazonギフト券の換金率が最大93%で、10万円以上の換金で最低90%(初回のみ)を保証しています。

最速5分のスピード入金を強みとしており、サイトの信頼性も申し分ありません。

ただし、1万円未満の少額利用は換金率が60~85%とかなり低めに設定されているため、利用する場合は1万円以上のAmazonギフト券で申し込みましょう。

>>「アマプライム」公式サイトはこちら

ベストレート

ベストレートは1万円以上のAmazonギフト券の換金率が平均88%最大で91%(初回)を掲げる買取業者です。

最速15分振込、1,000円以上の買取から対応しています。

ただし、2回め以降の利用は換金率が10万円以上で平均85%前後、1万円以下は80%を下回ることがあるので、利用前に「本日の換金率」をチェックしてから申し込むようにしましょう。

>>「ベストレート」公式サイトはこちら

Amazonギフト買取KING

Amazonギフト買取KINGはEメールタイプ、印刷タイプ、カードタイプでそれぞれ換金率が異なり、最も換金率が高いのはEメールタイプです。

平均換金率は85%前後と他社と比べてやや低めですが、初回であれば90%で買い取ってもらえることもあります。

入金までのスピードは申し込みから約20~30分後です。

>>「Amazonギフト買取KING」公式サイトはこちら

買取本舗

買取本舗は、初回のAmazonギフト券の買取が88%、2回め以降は1万円以上で85%以上の換金率を掲げています。

申し込み金額が1万円未満の場合は初回を含めて買取率は80%となるため、できるだけ1万円以上のギフト券で申し込みすることをおすすめします。

>>「買取本舗」公式サイトはこちら

ギフトグレース

ギフトグレースは入金スピードによって3種類のプランを用意しており、最短4時間の「特急プラン」、最短5時間の「通常プラン」、翌日24時までの「翌日プラン」から選択できます。

換金率は初回がいずれも88%、2回め以降は84~86.5%が平均換金率です。特急プランと翌日プランでは換金率が1%前後違うため、申し込み金額が高額でよほど急ぎでない場合は翌日プランをおすすめします。

さらに、すでに登録してしまったAmazonポイントやギフト券をギフトグレースが指定する商品を購入することで換金するサービスもあり、換金率は85%前後です。

>>「ギフトグレース」公式サイトはこちら

ソクフリ

ソクフリは初回のAmazonギフト券の買取が換金率88%で、2回め以降は申し込み金額によって81~86%で変動します。振込までのスピードは90〜200h最短5分以内、通常10分以内、混み合っている時でも60分以内の入金を可能としています。

ただし、初回の換金率適用の場合、申し込み金額は10万円まで、ゆうちょ銀行やみずほ銀行など一部の金融機関は振込手数料がかかるため注意が必要です。

>>「ソクフリ」公式サイトはこちら

安心ギフト

安心ギフトは初回・2回め以降ともにAmazonギフト券の買取が換金率85%です。

同社はしっかりとした法人経営でスタッフの対応も良く、信頼性に関しては高い評価を得ていますが、申し込み金額が5万円以下の場合は手数料として一律500円かかってしまいます。

換金率が平均よりも下回りますが、信頼性の高さを重視したい方にはおすすめの買取業者です。

>>「安心ギフト」公式サイトはこちら

Buyca(バイカ)

Buycaは先ほど紹介した「買取本舗」の姉妹店で、初回のAmazonギフト券の買取が88%、2回め以降は1万円以上85%以上の換金率を掲げています。

Amazonギフト券の場合は、申し込み金額が1万円未満の場合、初回を含めて買取率が80%となるため、Buycaを利用する場合は1万円以上のAmazonギフト券で申し込みましょう。

>>「Buyca」公式サイトはこちら

ギフトチェンジ

ギフトチェンジは初回のAmazonギフト券の買取が換金率87%で、2回め以降は申し込み金額に応じて85~87%です。

「他店より1円でも高く!」を掲げているため、交渉次第ではより高く買い取ってもらえる可能性もあります。

>>「ギフトチェンジ」公式サイトはこちら