クレジットカード現金化の2chの口コミの真偽は?嘘の口コミに騙されない方法

クレジットカード現金化というお金を作る方法や、現金化業者の優良店について調べるときに、「2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)」の口コミが参考にされる場合もあります。

実際に2chを見てみると、「クレジットカード現金化」に関する数多くのスレッドが立っており、真偽が不確かな口コミが散見されます。

2chに書き込まれているクレジットカード現金化に関する口コミは、果たして信用できるのでしょうか?

今回はクレジットカード現金化の情報収集に2chを利用する場合の注意点や、口コミ等で必ず話題になる「換金率」についてお伝えします。

2chの「優良店」は自作自演の場合もある

2chのクレジットカード現金化関連スレッドでは、「○○(現金化業者名)はおすすめ!」といった書き込み、口コミを見かけることがあります。

あんしんクレジットの情報はガチ

それ以外はクズ

消費者金融で借りられない⇒クレジットカカードのショッピング枠を現金化 21

サポートギフトが良かったです

クレジットカード現金化 【即日振込】 21

俺的には新生堂をお奨めする

【即日振り込み可能な現金化業者】3

2chには、1~2行で簡単に現金化業者を評価していても、具体的に換金率や入金までのスピード、スタッフの対応などについての言及が全くない書き込みが無数に見つかります。

ピックアップしたような書き込みが、実際に現金化業者を利用した人で、本心から「良かった」「おすすめする」なのか、信憑性は低いと言わざるを得ません。

現金化業者が都合の悪い事実を隠すために、スタッフや外注のライターに自社の評判を書かせた可能性もあるからです。

そもそも、2chは「匿名掲示板」と言われるように、本人確認や利用料などは一切必要なく、よほど悪質な内容でもない限り誰でも書き込みができ、履歴として残ってしまいます。

クレジットカード現金化のように、お金が必要な人が情報収集で使うスレッドでは、悪質な業者による書き込みや、まったく関係のない人によるデマ、騙そうとする悪意の書き込みなどが頻繁に見られるため、情報を鵜呑みにするのは危険です。

2chの「換金率」が高すぎると要注意

クレジットカード現金化を利用する際に、業者選びと併せて気になるのが「換金率」です。

だれもが換金率の高い現金化業者を利用して、なるべくコストを抑えて現金を手にしたいと思っていることでしょう。

しかし、2chの書き込みに見られる換金率には要注意です。

実際のカード現金化で採用されている換金率とは、大きく乖離している可能性があります。

実際の換金率相場は75~85%

2chのクレジットカード現金化関連のスレッドで、以下のような書き込みが見られました。

ネオギフトは優良業者です。
免許証のコピーもカードの裏表コピーも要求されません。
勤務先も年収も訊かれません。
Fカップの美女オペレーターが親切に対応してくれます。
しかも、買取方式で安全な現金化が出来ます。
手数料も無く、換金率は98%以上で業界最高水準 。
申し込みから3分以内に振り込みされますよ。

ネオギフトなら絶対間違いありません。
是非利用するべきです。

【即日振り込み可能な現金化業者】3

安心くんの換金率88%は本物だったよ
昨日、実際に使ったのだから間違いないよ

クレジットカード現金化 【即日振込】 21

あんしんクレジットからの振込みが確認できました。
15万円を現金化して135,000が振込みになりました。

消費者金融で借りられない⇒クレジットカカードのショッピング枠を現金化 21

ピックアップした2chの口コミでは、88~98%の換金率で現金化できたとの情報が書き込まれています。

実際のクレジットカード現金化の換金率は、利用金額にもよりますが75~85%がだいたいの相場です。

10万円未満の利用額では、よほどのリピーターでもない限り、換金率が90%を超えることはありません。

現金化業者がホームページ等で掲載している換金率は、2chの口コミにあるように95%を超えるような高換金率ですが、あくまでもそれらは「最大換金率」とされています。

実際の取引で95%を超える高換金率が歳用されることはまれで、「手数料」や「消費税」という名目でお金が差し引かれ、最終的な換金率は75~85%に収まるのが一般的なカード現金化なのです。

「最大換金率」が採用されない理由

換金率以外にも、以下のような要因で利用者が最終的に手にする現金が差し引かれる場合があります。

  • 手数料(事務手数料、決済手数料等)
  • 消費税(10%)
  • 振込手数料
  • 送料

現金化業者のホームページ等で提示されている換金率には、以上のような手数料、消費税が含まれていないことがほとんどです。

たとえば「決済手数料」ですが、現金化業者が指定する商品をクレジットカード決済するためには、クレジットカード会社と直接契約するか、決済代行会社を経由するかしなければなりません。

クレジットカード現金化はカード会社が利用規約で禁止している行為であり、現金化業者がカード会社と直接契約することはないため、多くの現金化業者は決済代行会社と契約しています。

この決済代行会社のシステムを利用する際にかかるのが決済手数料で、カード現金化の利用者の負担となる場合がほとんどです。

利用金額かに換金率をかけ、さらに消費税や手数料が差し引かれると、最終的に利用金額の75~85%が手元に残る現金ということになります。

現金化業者がホームページ等で記載している高換金率は、あくまでも「最大で換金率が98%を超える可能性がある」ということに過ぎません。

2chの書き込みにあった90%を超える換金率は、これら諸手数料を加味しておらず、現金化業者がホームページでうたっている手数料をそのまま書き込んでいる可能性があります。

実際にどれくらいの換金率になるか、最終的に振り込まれる現金はいくらになるかを知るには、事前に業者に問い合わせて見積もりを依頼しましょう。

クレジットカード現金化の2chの口コミに関するQ&A

クレジットカード現金化の2chの口コミに関する疑問点について、Q&A形式でお答えします。

Q.2chの書き込み以外に業者の評価や実際の換金率を調べる方法はありますか?
A.複数のクレジットカード現金化の情報発信サイトを比較することも有効です。すでにいくつかの現金化業者に絞れているなら、電話やメールで問い合わせてみると良いでしょう。
Q.換金率60~70%台で取引をしたという書き込みが「荒らし」とされていましたが?
A.現金化業者が自社の都合の悪い事実を隠すために「荒らし認定」するケースも少なくありません。換金率に加えて取引の内容が具体的に書かれている場合、荒らし認定された書き込みのほうが、信憑性が高いと見て良いでしょう。
Q.2chの口コミを参考にする場合、書き込みのどこに注目すれば良いですか?
A.「換金率(換金率以外の手数料)」「申し込みから振込みまでの取引の流れ」「スタッフの対応」が具体的に書かれていれば、実際に利用した人の書き込みである可能性が高いと言えます。

2chの口コミは鵜呑みにせず参考程度に

クレジットカード現金化に関する2chの口コミには、現金化業者の自作自演や、まったく利用したことのない人のデマなども含まれています。

2chを上手く利用すれば、他では得られない有益な情報を手にできる可能性もあります。

一方で、現在はクレジットカード現金化や現金化業者に関する具体的で信憑性の高い情報を発信しているサイトなどが数多くあるため、2chで時間をかけて情報収集をするメリットはあまり大きくありません。

2chの口コミは参考程度に留めておき、具体的な取引内容や換金率について知りたい場合は、情報発信サイトや口コミサイトで高評価の現金化業者に直接問い合わせることをおすすめします。