現金化の口コミで業者の評判や換金率、利用者リアルな声が分かる

現金化の口コミ高評価ランキング

和光クレジット
和光クレジット

クレジットカード5ブランドすべてのカードで現金化サービスが受けられる業者です。創業13年の実績と24時間現金化を利用できます。商品が自宅に届かない新型のサービスを提供しており、また現金化利用のアフターフォローもしっかりしているので安心です。

エキスパート
エキスパート

エキスパートはクレジットカードの現金化に特化した専門業者です。
2017年度の個人契約者数は6,200件を超えており、蓄積したノウハウによりお客様に寄り添った丁寧な対応が口コミで好評を得ています。
最高換金率も98.9%と業界トップクラス。現金化可能な額も即日1,000万円までと大口取引にも対応してくれます。
最大の特長は、顧問弁護士の監修のもと安全性に細心の注意を払って運営されていることです。

シークレット
シークレット

シークレットのクレジットカード現金化サービスでは法律の専門家による安全保証が行われています。
シークレットの創業年数は10年以上で、利用者が100%安全な現金化を提供している業者です。
独自システムによりカード会社からペナルティを受けないよう安全な与信取引を行っています。

なごみギフト
なごみギフト

なごみギフトは創業10周年を迎える老舗の現金化業者です。
「安心安全なショッピング枠現金化」をコンセプトにする同社では、常に質の高いサービスを提供し続ける事を企業理念として掲げた結果、多くのユーザーから信頼を勝ち取る事に成功しています。
「女性」や「高齢者」といった方の利用者が多く、消費者金融や銀行からの審査が通りづらい方の生活基盤を支えるセーフティネットの役割も果たしています。

新生堂
新生堂

新生堂は他社換金率1%保証を売りにしている現金化業者です。他社が85%なら必ず86%以上で現金化をしてくれる優良店です。
もし時間があれば複数の業者から換金率の見積もりを取ってその一番高い業者の換金率で申込をすることが最もお得な現金化する方法です。
レディースプランという女性専用3%高いプランも設けていますので、女性がお得に利用できるというのはそれだけで魅力的です。

自分でクレジットカード現金化を行う方法|取引の流れと注意点

クレジットカード現金化は業者を利用せず、自分で行う方法もあります。

一部の現金化業者が採用している「商品買取方式」の仕組みと同じで、クレジットカードで換金率の高い商品を購入し、中古買取ショップ等に売って現金化する方法です。

業者に依頼する場合と比べて手間と時間はかかりますが、想定以上に換金手数料がかかったり、カードを不正利用されたりといったリスクもないため、安全性は高くなります。

自分でカード現金化をする流れ

現金化業者を利用せずに自分でクレジットカード現金化を行う流れは、次の通りです。

  1. 換金率の高い商品をクレジットカードで購入する
  2. 商品を買取業者に売却して現金を手にする

カード現金化のプロセス自体は単純ですが、「換金率の高さを重視したい」「とにかくスピード重視」などの条件によって、どの商品を購入するか、どの買取業者に売却するかが変わってきます。

各プロセスのポイントを見ていきましょう。

換金率の高い商品とは?

換金率が比較的高く、買い取りに対応している業者が多い商品とは具体的にどのようなものでしょうか?

クレジットカード現金化を目的として購入されることの多い商品は以下のようなものがあります。

  • 新幹線の回数券
  • デジタルギフトカード
  • ゲーム機・ゲームソフト
  • ブランド品

これらは換金率が高く、買い取りに対応している中古買取業者やリサイクル業者も多いため、自分でクレジットカード現金化を行う際におすすめです。

各商品の特徴についてご紹介します。

新幹線の回数券

新幹線の回数券は自分でカード現金化を行う場合の定番で、換金率を重視する方におすすめの商品です。

需要の高い「東京~新大阪」や「東京~名古屋」など東京発の回数券であれば、換金率が90%を超えることも少なくありません。

また、「JRみどりの窓口」に行けばいつでも・誰でもすぐに購入できる手軽さもポイントです。

チケット1枚で売却するよりも、6枚綴りの回数券を表紙付きのまま売却したほうが、より高い換金率で現金化することができます。

デジタルギフトカード

ここで言うギフト券とは、百貨店やクレジットカード会社が発行している商品券ではなく、「Amazonギフト券」や「App Store & iTunesギフトカード」など、1,000円~3万円ほどで購入できるデジタルギフトカードのことです。

百貨店やクレジットカード会社が発行する商品券は現金購入のみに対応している場合が多いため、カード現金化を目的とした購入には向いていません。

一方のギフトコードを登録するタイプのデジタルギフトカードは、各社のオンラインストアでクレジットカード決済ができます。

デジタルギフトカード購入後は、デジタルギフトカード専門の買取業者のWEBサイトでギフトコードを入力して買取申し込みをすれば、即時買い取りが実行されて現金が振り込まれます。

この方法なら購入から売却までスマホやパソコンで完結するため、数時間で現金を手にすることができます。

ゲーム機・ゲームソフト

「PlayStation 4」「Nintendo Switch」など、最新のゲーム機やゲームソフトも換金率の高い商品として知られています。

いわゆる「転売」で稼ぐ人も多いジャンルの商品で、詳しい人が扱うと購入時よりも高い金額で売れる場合もあるようです。

需要の高いゲーム機であれば、換金率が90%以上を超えることも珍しくありません。新色や新バージョンの発売のタイミングがカード現金化の狙い目となるでしょう。

ただし、一部のリサイクルショップや中古ゲーム買取業者は新品の買取をお断りしているところもあるため注意が必要です。

またゲーム機やゲームソフトは日を追うごとに買取価格が下がっていくため、購入後は早めに売却するようにしましょう。

ブランド品

ブランド品もデパートや直営店など購入できる場所が多く、また買取業者も多いため、カード現金化に向いている商品と言えます。

流行り廃りがあるため、一定の人気があるブランドの商品を選びましょう。

バッグであればLouis Vuitton、時計であればRolexなどが不動の人気ブランドとして挙げられます。

100万円を超えるブランドの商品も数多くあるので、高額の現金化をするときに最適です。

購入した商品を売却する方法

クレジットカードで購入した商品を売却することで現金を調達できるわけですが、選ぶ売却先によって換金率が変わります。

より高く売るには、あるいはより早く現金を調達するには、どこで売却すると良いのでしょうか?「換金率」と「スピード」に注目して売却先を選んでみましょう。

買取専門店に売却する

先に紹介した4種類のカード現金化に向いている商品は、それぞれ以下のような買取専門店があります。

新幹線の回数券 金券ショップ(アクセスチケット、大黒屋など)
ギフトカード ギフトカード専門買取サイト(買取ボブ、バイカなど)
ゲーム機・ゲームソフト ゲーム・おもちゃ買取専門店(ゲオ、駿河屋など)
ブランド品 ブランド品買取専門店(ブランディア、ブランドオフなど)

ゲーム機・ゲームソフトやブランド品の買取専門店では、プロの査定士が鑑定するため高額な買取額が提示される可能性が高くなります。

買取専門店の中には宅配サービスを提供しているところもありますが、商品の郵送の時間がかかるため、スピード重視の現金化には向いていません。

また、前述のとおりデジタルギフトカードは買取専門サイトにギフトコードを入力して買取申し込みをすれば、即時の現金振込が可能です。

ただしギフトカード専門買取サイトの中には、換金手数料以外に不明瞭な手数料を請求する、現金の振込自体を行わないといった悪質な業者もあるようですので、十分に注意しましょう。

オークションサイトやフリマアプリで売却する

オークションサイトやフリマアプリで商品を売却することもできます。

商品を売りたい金額で売ることができるため、場合によっては購入時の金額よりも高く売れる可能性もあります。

しかし、オークションサイトやフリマアプリは売上までに時間がかかるだけでなく、売上が確定したとしても、システム上の都合で売上金が振り込まれるまでに時間がかかってしまいます。

タイミングによっては売上金の振込に1週間以上かかる場合があるため、スピード重視の現金化にこの方法は向いていません。

自分でカード現金化の注意点

自分でカード現金化を行うメリットは、現金化業者を通さないため安全性が高いということですが、一方で以下に挙げるようなデメリットもあります。

メリットとデメリットの両方をしっかりと吟味して、どの方法で現金化を行うか検討しましょう。

カード利用停止になるリスクがある

カード現金化はクレジットカード会社が禁止している行為です。

現金化業者に依頼する場合も、自分で行う場合も、現金化がカード会社に知られると利用停止になる可能性があります。

利用者の購入履歴はカード会社が都度チェックしているため、換金性の高い商品を何度も購入する行為はカードの不正利用が疑われます。

ただし、カード会社が利用者に確認もせず、突然クレジットカードを利用停止にすることはありません。カード会社は不正利用があったのではないかと判断した場合、利用者が購入した商品の詳細や使用目的について電話で問い合わせを行います。

つまり、問い合わせの対応次第ではカード現金化を知られることなく、以後もカードが通常どおり利用できるということです。

カード会社から連絡があった場合は、正当なカード利用であったと毅然とした態度で対応するようにしましょう。

現金化業者の換金率よりも低くなる可能性がある

自分でカード現金化を行う場合は現金化業者を介さないため、高い換金率に期待する人も多いでしょう。

実際に10万円以下のショッピング枠を現金化する場合、現金化業者を通すと換金率は70%~80%、自分で行うと85%~90%がおおよその相場です。

しかし、商品や売却先によっては買取価格の変動が激しく、需要がなくなると50%以下の換金率になることも少なくありません。

カード現金化を自分で行う場合は安定した需要のある商品を選び、買取価格が高いうちに売却するようにしましょう。

商品によっては時間と手間がかかる

換金性の高い商品を購入し、高い換金率で売却するには、「商品を購入する店舗を選別する」「商品を売却する店舗を選別する」というプロセスが必要になります。

ほとんどのプロセスがインターネット上で完結する現金化業者と違い、自分で店舗に足を運ぶ手間と時間がかかってしまうため、一刻も早い現金化を望む人にとってはデメリットとなるでしょう。

多額の取引は不利

ショッピング枠の残高に余裕があれば、少額から高額まで現金化することができます。

ただし、前述のとおり換金性の高い商品を多く購入すると、カード会社から不審な取引を疑われ、カード利用停止のリスクが高まります。

その点では、実績が豊富な優良カード現金化業者のほうがリスク対策をしっかりと取っているため、多額の現金化を行うのに有利と言えます。

安全第一なら自分でカード現金化がおすすめ

カード現金化を自分で行う方法や商品・売却先選びのポイントを解説しました。

悪質な現金化業者との取引を回避できるというメリットがあるところから、安全第一を最優先とするなら自分でカード現金化がおすすめです。

ただし、カード現金化を自分で行うか、業者を通すかにかかわらず、カード利用停止のリスクはゼロではないということに注意しなければなりません。

カード利用停止のリスクを最小限に抑えるなら、クレジットカードトラブルへの安全対策が十分に取られている優良な現金化業者を選ぶという方法もあります。

カード現金化を行う場合は「カード利用停止のリスクを避ける」という大前提で、自分で行うか・業者を通すか、自身の利用目的に合った方法を選びましょう。

教えて!現金化の知恵袋

デビットカードの現金化はできる?クレジットカード現金化との違い・おすすめできない理由を解説
家族カードでも現金化はできる?|メリット・注意点やおすすめの優良店を解説
法人カードの現金化とは?|節税メリット・注意点やおすすめの優良業者を解説
2020年最新|クレジットカード現金化優良店20選+Amazonギフト券買取店5選
後払いで現金化!即日現金を手に入れる方法と安全に取引できる優良業者7選
本当に貸してくれる?個人間融資に潜むリスクとより安全にお金を借りる方法
クレジットカード現金化業者の「大手」10社を厳選!安全にお金を作るための業者選びのコツ
クレジットカード現金化の優良比較サイトまとめ|活用方法・参考にするポイントを解説
即日で現金が作れる・借りれるスマホアプリ7選!お金がないときに安心・簡単手続きでOK
デビットカードとは?クレジットカードとの違いや賢い使い分け方法を解説